むし - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

むしのみ 節を編集

アギルダー/カイロス

ほのお 節を編集

ウルガモス / マルヤクデ

みず 節を編集

オニシズクモ / グソクムシャ

でんき 節を編集

クワガノン / デンチュラ

こおり 節を編集

モスノウ

かくとう 節を編集

ヘラクロス

どく 節を編集

ペンドラー

ひこう 節を編集

ストライク / テッカニン / バタフリー / ビークイン

エスパー 節を編集

イオルブ

いわ 節を編集

イワパレス / ツボツボ

ゴースト 節を編集

ヌケニン

はがね 節を編集

アイアント / シュバルゴ / ハッサム

フェアリー 節を編集

アブリボン


タイプ特性 節を編集


むしタイプに関係する要素 節を編集

 攻撃面では草タイプと並び、最多となる7タイプに半減されてしまう。技の威力も一部のポケモンしか覚えない「メガホーン」を除けば90止まりである。有効範囲も一貫性で大きく勝るフェアリーと競合する悪、弱点が多く他でカバーしやすい草、環境に少ないエスパーと少々厳しい顔ぶれであり、複合タイプによる相殺を許し易いのも難点。但し技の効果自体は優秀なものが少なくない。
 防御面では一定の採用率がある3タイプに耐性を持つものの飛行と被っているうえ、あちらは地面が無効かつ一応虫にも耐性を持つ。またサブウェポンの岩技で弱点をつかれてしまうことが多いため、単タイプそのものは微妙である。ただし格闘(ヘラクロス等)や鋼(ハッサム等)との複合は岩弱点を克服し、タイプ耐性をあますことなく活かしやすい。ただし草や格闘にも言える事だが、ダイジェットの影響で搭載率が高くなっている飛行技を弱点に持つことが今世代ではかなりのネックであり、虫複合が単タイプよりも厳しい局面に立たされる自体が増大している。
 補助技は「ちょうのまい」「ねばねばネット」「いかりのこな」等、他タイプに出回らないものが揃っており優秀といえる。また特性も「いろめがね」「ふくがん」等、独自のものが多い。それらの補助技や特性が無くても高い攻撃や特攻で活躍するアタッカーのポケモンもそれなりにいるが、前述の相性の問題から虫タイプの技をわざと覚えさせないことも多い。これといったタイプ特性も無いので、虫タイプのアタッカーはタイプとしての特徴をあまり利用しないタイプといえる。

節を編集

特性 節を編集

もちもの 節を編集

  • ムシZ
  • ぎんのこな
  • たまむしプレート
  • バグメモリ
  • タンガのみ
  • フィラのみ

状態 節を編集


タグ: タイプ