ポリゴン2 - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ポリゴン2 節を編集

No.233 タイプ:ノーマル
通常特性:トレース(相手と同じ特性になる)
     ダウンロード(相手の防御が高ければ特攻が、特防が高ければ攻撃が1段階上がる。同じなら特攻が上がる)
隠れ特性:アナライズ(後攻で繰り出す技の威力が1.3倍になる。相手の交代時にも適用される)
体重  :32.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ポリゴン28580901059560515トレース/ダウンロード/アナライズ
145142153しんかのきせき・アナライズ換算
ポリゴンZ8580701357590535てきおうりょく/ダウンロード/アナライズ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

第2世代出身の単ノーマルポケモンにして、ポリゴンZの進化前。
ゆえに「しんかのきせき」を適用でき、数値受けポケモンの代名詞たる圧倒的な耐久を得る。
耐性は皆無だが弱点もかくとうのみで、並の等倍火力で突破するのは困難を極め、ポリゴン2自身の攻撃性能もあって起点化されにくく非常に堅牢。
しんかのきせき登場以降、絶えず環境の一角に位置し続けるトップメタであり、高い詰ませ性能から対策は必須と言える。
単に堅いだけではなく、豊富な攻撃技/変化技、「トレース」による特定のポケモンへのメタ性能、「ダウンロード」/「アナライズ」による撃ち合い性能と優秀な要素が揃っており、しんかのきせきありきの他の進化前ポケモンと比べて単体スペックが頭ひとつ抜けている。

第7世代においては、フィールド特性やZワザによる瞬間火力のインフレにより数値受け全体が逆風に晒されることとなった。
しかし、クレセリアスイクンの凋落にも関わらずポリゴン2は10位前後の高い採用率をキープしており、その絶えぬ需要が伺える。
弱点の少なさから役割破壊されにくく、その堅牢さから対面構築のアタッカーまで務められるなど、その汎用性の高さが他の数値受けポケモンと一線を画している。
また、唯一の弱点であるかくとうタイプがフェアリーの蔓延により一部を除き押さえつけられていることもあり、その詰ませ性能はむしろ高まったとも言える。
環境におけるバシャーモルカリオの需要を支える遠因とすら考えられる。

〈具体的な指数〉
HB特化+きせきでようきこだわりハチマキガブリアスのげきりん(指数49140)が確3(=後出し可能)。
等倍火力で突破するのは困難を極め、弱点を突いても不一致ならA特化カイリューのばかぢから程度まで確3(A下降考慮せず)。
一致弱点でも、ようきメガルカリオの適応力インファイトを確定耐えする具合。
BDどちらに寄せた場合でもしんかのきせきにより両受けでき、軽いため役割破壊のけたぐりにも動じない。

〈ボールについて〉
イカサマが過去作教え技なので、必要な場合は第6世代で厳選する必要がある。
またボール遺伝の性質上、モンスターボール以外に入ったポリゴン2は7世代で孵化したもので、基本的には教え技がないと見抜かれる。
ただし、ORASのマボロシ島で捕獲した個体であれば市販ボール×教え技との両立が可能であることに注意。図鑑サーチによって隠れ特性も捕獲可能。
ドリームボールの場合はマーク・教え技と両立できないので注意。

HPに244振りすると実数値が16n-1である191になる。
定数ダメージが最も少なくなるため、意識するなら244振りを推奨。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

トレース
スキン系特性、おやこあい、マルチスケイル等の強特性をコピーできる点が強み。
ちくでん・もらいび・ちょすいなどで相手のメイン技を使えなくすることもできる。
先発等ではなく、受け出しが基本のポリゴン2とは相性がよいと言える。
後出し性能を補強できるため、主に受けをメインとする型で採用される。
稀になまけやよわき等のデメリット特性をトレースしてしまうこともあるが、その場合は交代すればよい。
ダウンロード
アタッカーも兼ねるならコレ。物理の多い現環境では特殊火力が上がることが多い。
しかし、ギルガルドを筆頭に特にBD種族値が同じポケモンなどはDを1だけ高くしてダウンロード対策している例が多く、
特性が無駄になることもある。強力であることには違いないが、対策もされやすいため環境を見極める必要がある。
アナライズ
鈍足なポリゴン2とは相性がよいが、ダウンロードの方が火力は上。
同速のギルガルドに対しても、素早さ調整をしているどくまも型の登場もあって後手を取れることも多い。
トレースでデメリット特性をコピーしたくない&環境でダウンロードが無駄になることが多いと感じたならこちらの採用も考えられる。

技候補 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
イカサマ95100-第6世代教え技。相手の攻撃でダメージ計算をする物理技。ギルガルドへの遂行技
おんがえし102(153)100-ウルガモスライコウメタ。要ダウンロード
主に受けループ系構築に採用する際のごまかし手段
からげんき70(105)
→140(210)
100-要ダウンロード。状態異常を撒く特殊受けへの対策
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
トライアタック80(120)100麻痺・凍り・火傷のいずれか20%一致ウェポン
遂行重視のHB振りではあまり採用されず、撃ち合いをするHC振りで採用されることが多い
れいとうビーム90100凍り10%ガブリアスボーマンダを筆頭とする役割対象への遂行技
10まんボルト90100麻痺10%HCベースにおける水への有効打。
ほうでん80100麻痺30%電気弱点への有効打+麻痺でごまかしを狙える技として電磁波と選択で採用
メガギャラドスのみがわりを許さず、ゴツゴツメットファイアローに麻痺込みで分のいい勝負を仕掛ける
サイコキネシス90100特防↓10%メガフシギバナメガゲンガーへの有効打が構築全体で必要な場合に採用
他には格闘への有効打
シャドーボール80100特防↓20%追加効果が優秀で通りもよい。テクスチャーと合わせればゴーストタイプになれる
めざめるパワー炎60100-メガハッサムナットレイの処理に
めざめるパワー地60100-ヒードランピンポイント。ポリ2クチート構築で採用
変化技タイプ命中備考
じこさいせい--耐久型なら必須
どくどく90高い耐久力を活かせるメインウェポン候補。毒と鋼に無効
でんじは90構築全体で麻痺が有効に作用する場合に採用
トリックルーム--ポリ2クチート構築を筆頭に後続の鈍足アタッカーをサポート。退場技はない
テクスチャー--変化後のタイプとしてはシャドーボールでゴーストが第一候補。抜群だった格闘が無効になり、弱点は高威力技が少なくマイナーなゴーストと悪だけになる
交代すれば元のタイプに戻れる
ポリゴン2を見せると格闘タイプを温存されるので、終盤で使えれば意表を突ける

型考察 節を編集

物理受け型 節を編集

特性:トレース(推奨)orアナライズorダウンロード
性格:ずぶとい/のんき
努力値:H244 B252をベースに特攻と素早さを調整
持ち物:しんかのきせき
確定技:じこさいせい
優先技:れいとうビーム
選択技:イカサマ/トライアタック/シャドーボール/ほうでん/めざめるパワー(炎)/どくどく/でんじは/トリックルーム

しんかのきせきによる高い防御を活かした数値物理受け。
広範囲に加え、役割対象かつトップメタであるガブリアスメガボーマンダに刺さるれいとうビーム、
高速回復技のじこさいせいの2種はほぼ確定で入ると思っていい。

防御特化なら
ギルガルド(れいせいHC252振り)のA4振りせいなるつるぎが確定4発、
攻撃特化ファイアローのハチマキブレイブバードが確定3発、
ガブリアス(ようきAS252振り)のげきりんが乱数3発(0.02%)など驚異の耐久性能を誇る。

一方でシャドーボールがないと毒まもギルガルドに返り討ちにされる。これらは環境にそこそこいるので要注意。
またメガガルーラのおやこあいを是非トレースしたい所であるが、未だ採用率の高いグロウパンチには要注意。

技考察
・イカサマ
積み技に強く物理受けとの相性もよい。

・トライアタック
一致技で一貫性が高いが、物理受けの場合他の技でも事足りる事が多い。
マンムーを早めに処理したい場面で有効。

・シャドーボール
毒まもギルガルドに有効。

・ほうでん
ダメージ+麻痺でごまかしを狙える技。れいとうビームと範囲相性がよい。
マリルリの処理速度を早めたり、メガギャラドスにみがわりを許さなかったりするところが利点。
10まんボルトはゴツメファイアローに対し麻痺なしでは処理できず、
他へも確定数がほうでんと変わらないので採用価値が見いだされない。

・めざめるパワー(炎)
はがねタイプに有効。特にナットレイハッサム

・どくどく
はがねどくタイプ以外に大きく負担をかけることができる一貫性のよい技。
ねむるのない耐久型に大きな役割を持てるようになる。

・でんじは
抜きエースストッパーとなり、なおかつ強力な後続サポートにもなる。
第7世代から麻痺での素早さが1/2になり、麻痺させても相手のほうが素早さが高いことも多くなった。

アナライズについて

アナライズイカサマを使用してみたが、アナライズの1.3倍の倍率はメジャーポケモン確1には微妙に足りない。
攻撃2段階積メガガルーラに後攻アナライズイカサマで体力ゲージ赤ライン=確2。
攻撃2段階積メガハッサムにメガガルーラと同様。
マルチスケイルカイリューにC無振り後攻アナライズれいとうビーム半分ほど(急所でも耐える)=確2
相手の努力値にもよるが大体この結果、確2というのはトレースとあまり変わらない結果。
また上2体はいのちのたまなどを持てば落とせるようになるが、きせき耐久力を持てなくなる。

アタッカー型 節を編集

特性:ダウンロード/アナライズ/トレース
性格:ひかえめ
努力値:H244 C252をベースにS調整
持ち物:しんかのきせき
確定技:トライアタック
選択攻撃技:10まんボルト/れいとうビーム/シャドーボール/サイコキネシス/めざめるパワー(地/炎)
選択補助技:トリックルーム/でんじは/どくどく/じこさいせい

撃ち合いに特化しガブリアスゲンガーギャラドスゲッコウガミミッキュなどとのタイマンを制する。
補完として採用するケースかトリル要員として採用するケースが主。特性ダウンロードは物理に偏っている現環境で活きる。
ただし強力ゆえに特防>防御になるよう調整されることも多いため、ダウンロード対策が蔓延っていると感じたらアナライズも一考。
トリックルーム採用の場合はメガクチートと組まれることが多い。いわゆる「ポリクチ」の並び。

アナライズ採用時の性格について

↑アナライズなら、性格れいせい最遅にするのは微妙?ダウンロードでもトリル始動員なら最遅のような気がするし。
なぜ控えめなのか、S調整は具体的にどのあたりが妥当かも書いてくれると参考になる。
↑アナライズでも控えめにした上で余りをSに振るべきです。
めざ地S(個体値31の場合)ならトリル搭載といえどもミラー意識でSに振ることで有利になるはず。無補正無振りギルガルドを抜いてしまうが、そもそもギルガルドは最遅、4振りバンギラス抜き、ニンフィア抜き、Sに大量に振ったどくまもギルガルドがほとんどを占めるので問題外。
最遅にすることでマリルリクチートといった無振り50族に抜かれるリスクもあります。基本的に上を取って2回攻撃>アナライズ1回攻撃なので、アナライズは抜かれた時や交代時の保険と考えてひかえめを採用した方が安定だと思われます。

アナライズのためにれいせい最遅にするのは間違い、基本は先手を取って2回攻撃する方がいい
最遅にするなら対最遅ギルガルドやトリル要員として用いる場合など
またこちらが相手の素早さを抜くことで有利になるポケモンもいるため仮想敵をしっかりと見定めて調整すること

特殊受け型 節を編集

特性:ダウンロードorトレース
性格:おだやかorなまいき
努力値:H244 D252をベースに調整
持ち物:しんかのきせき
確定技:じこさいせい
選択攻撃技:トライアタックorおんがえしorからげんき/ほうでん/れいとうビーム
      めざめるパワー(炎/地面)/シャドーボール/イカサマ
選択補助技:どくどく/でんじは

耐性はゴーストしかないものの、きせきによる超耐久で数値受けが可能。パーティの補完として採用される。
攻撃技の選択によって見れる対象が大幅に変わるため、パーティに合わせて決める。

トライアタック:基本的な一致技。耐久との殴り合いになれば追加効果も期待できる。
物理ノーマル :DLによりAが上昇する相手に刺さりやすい。主にウルガモスサーナイトニンフィアライコウ
        チョッキアタッカーなど。
ほうでん   :ゲンガーリザYスイクンへの有効打のほか、HDファイアローメガギャラドスのごまかしにも使える。
れいとうビーム:広範囲技。メジャー対象はボルトロスガブリアスボーマンダの起点回避として。
めざパ地面炎 :こだわりヒードランピンポイント気味。毒守には負けかねないので危険。炎はナットレイハッサムに隙を見せない技だが、
        特殊受けの役割対象としては微妙。
シャドーボール:ゲンガーや特殊ギルガルドクレセリアなどに。
イカサマ   :物理アタッカーの起点化防止、毒守でないギルガルドへ。


対ポリゴン2 節を編集

  • 注意すべき点
    「しんかのきせき」を持たせることにより圧倒的な耐久力を誇る。
    イカサマにより積み技を以って対策することが困難であり、対策を怠れば高い数値の前に為す術がない。
    特性ダウンロード込みで高い火力を持つポリゴン2もいる。
    メガゲンガーメガクチートなどのセットで採用されるポケモンを同時に対策する必要がある。
  • 対策方法
    ■どくどく
    ポリゴン2を誘うアタッカーに仕込むだけで簡単に機能停止可能。
    相手がポリゴン2に交代してくる際に放つ。

■はたきおとす
しんかのきせきを無効化して耐久力を削ぐ。
セットで採用されやすいメガゲンガーにも一貫する対策。
ただしマリルリなどの悪受けは確実に相手の構築に入っている。

ギルガルド (シャドーボール/どくどく/みがわり/キングシールド@たべのこし)
HBベースのポリゴン2に限ればこのギルガルドで完封可能。
ギルガルドがC振りであればメガゲンガーメガクチートなどとセットで対策可能。

■一撃必殺技
攻撃試行回数は稼げるので有効。

■拘りトリック
ポリゴン2を呼ぶポケモンの中で拘りトリックができるポケモンが少ない。
こだわりメガネだと特殊技の、こだわりハチマキだとイカサマの火力強化になる点にも注意。

■格闘ポケモン
ポリゴン2に限れば突破できるが、サイクルを回されジリ貧ならば意味が無い。
チャーレムはどうだろうか。
メガシンカ後ならばこちら無補正でもヨガパワー込とびひざげりで防御特化もきせき込確定1発。
ただ読まれやすいのが難点だが。
格闘タイプではないがメガガルーラのグロウパンチ連打なら容易に突破でき次の相手にAのランクアップが残せる。
↑、↑↑格闘タイプで対策するなら、後ろに控えてる可能性の高いゲンガーをどうするかが課題になりそうだな。

■ちょうはつ
どの型でも高確率で補助技が入っているため有効。
ただしアナライズ・ダウンロードで数値以上に火力が出るため、読み違いには注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th/5th6th/SM威力命中タイプ分類PP備考
ポリゴンポリゴン2ポリゴンポリゴン2ポリゴンポリゴン2
-----1でんじほう12050でんき特殊5
-----1マジックコート--エスパー変化15
111111テクスチャー2--ノーマル変化30
111111たいあたり40100ノーマル物理35
111111テクスチャー--ノーマル変化30
24-1-1-かくばる--ノーマル変化30
-24-1-1まるくなる--ノーマル変化40
12127777サイケこうせん65100エスパー特殊20
9912121212こうそくいどう--エスパー変化30
202018181818じこさいせい--ノーマル変化10
--23232323でんじふゆう--でんき変化10
--29292929シグナルビーム75100むし特殊15
444434343434リサイクル--ノーマル変化10
--40404040ほうでん80100でんき特殊15
323245454545ロックオン--ノーマル変化5
363651515050トライアタック80100ノーマル特殊10
--56565656マジックコート--エスパー変化15
484862626262でんじほう12050でんき特殊5
---67-67はかいこうせん15090ノーマル特殊5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技03サイコショック80100エスパー特殊10
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技73でんじは-90でんき変化20
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技92トリックルーム--エスパー変化5
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第4世代まで
技23アイアンテール10075はがね物理15教え
技34でんげきは60-でんき特殊20教え
技58こらえる--ノーマル変化10
技67リサイクル--ノーマル変化10Lv/教え
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
Em/XDこごえるかぜ5595こおり特殊15
シグナルビーム75100むし特殊15Lv
しねんのずつき8090エスパー物理15
とっておき140100ノーマル物理5
トリック-100エスパー変化10
HSいたみわけ--ノーマル変化20
HSじゅうりょく--エスパー変化5
HSマジックコート--エスパー変化15Lv
アイアンテール10075はがね物理15
イカサマ95100あく物理15
エレキネット5595でんき特殊15
でんじふゆう--でんき変化10Lv
リサイクル--ノーマル変化10
ワンダールーム--エスパー変化10
でんげきは60-でんき特殊20
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
ゆめくい100100エスパー特殊15技85
でんじは-90でんき変化20技73
みがわり--ノーマル変化10技90
Emじこあんじ--ノーマル変化10技77
Emこらえる--ノーマル変化104th:技58
Em/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emまるくなる--ノーマル変化40Lv
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
XDあくむ-100ゴースト変化15

※「さわぐ」「あくのはどう」はポリゴンZのみ。

遺伝 節を編集

タマゴグループ性別不明(鉱物)
孵化歩数5120歩
性別ふめい
進化後ポリゴンZ