ギガイアス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ギガイアス 節を編集

No.526 タイプ:いわ
通常特性:がんじょう(一撃必殺技を受けない・HP満タン時に攻撃技でひんしになるダメージを受けても必ずHPが1残る)
     すなおこし(天候が砂嵐になる)※ダンゴロ、ガントルのとき「くだけるよろい」
隠れ特性:すなのちから(天気が「すなあらし」の時、じめん・いわ・はがねタイプの技の威力が1.3倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
体重  :260.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
すなおこし/すなはきHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特徴
ギガイアス85135130608025515がんじょう/すなおこし/すなのちから
カバルドン108112118687247525すなおこし/すなのちから
バンギラス1001341109510061600すなおこし/きんちょうかん
サダイジャ72107125657071510すなはき/だっぴ/すながくれ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/くさ/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/どく/ひこう
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

非常に鈍足な重火力アタッカー。第七世代において特性すなおこしを獲得した。
元々高いこうげきとぼうぎょに加え、すなあらしによりとくぼうも補強される。
すなあらしなら5ターンだけだがD無振りでもD種族値130相当、D特化すれば146相当にもなる。
天候特性持ちの中ではコータスに次いで素早さが低く、天候の奪い合いに強い。
トリックルーム下では圧倒的な素早さを手に入れることもできるため、極端な遅さはメリットでもある。

他のすなあらし始動役とはだいばくはつによる自主退場からドリュウズなどの砂エース無償降臨が可能という部分で差別化できる。
その他、じゅうりょくにより後続の地面技の一貫性向上や重力催眠構築のサポートが可能であり、
特性込みでカバルドンより耐久力が高く、バンギラスと違って4倍弱点がないため、
安定して1回以上の行動機会を確保しやすい点も他の始動役と比べての優位点となる。

一方で他の始動役が覚えるふきとばし・ほえるといった起点回避技を持たない。
差別化・実用面双方でみがわりに強い一致ロックブラストや、自主退場技のだいばくはつの存在が重要である。
また、アタッカーとして見た場合は岩単ゆえの弱点の多さと鈍足による被弾のしやすさが足を引っ張る。
一致岩技・じしん・ばかぢからで等倍範囲はある程度確保できるものの技候補が少なめであり、構成を読まれやすい点もネック。
バンギラス、カバルドンもかなり優秀なポケモンであるため、差別化をしっかりしていかないと見劣りしがち。

第八世代では高耐久多弱点なのでダイマックス+じゃくてんほけんのコンボとも相性がよく、戦術の選択肢が増えたのは朗報といえる。
一方でダイマックス技により頻繁に天候の塗替えが行われる環境であるため、強みの砂嵐状態の維持が難しくなっている。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

すなおこし
ギガイアスの採用理由。他2つよりも個性が強烈なのもあり、基本はこれ。
極端に遅いので天候合戦を制しやすい(これより遅いポケモンは現状ひでりコータスのみ)。
いわタイプなので特防も上がる。特殊相手に安定した役割を持つことができるため、撃ち合い想定の運用においても有効。
砂を撒いた後はだいばくはつで自主退場し、エースを無償降臨させる事が可能。
特性すなおこしと自主退場技を両立できるのは現在ギガイアスのみ。
バンギラスとカバルドンがシリーズ6で使用不能になるので砂パを組む時は自然に使うことにはなる。(一応サダイジャのすなはきでも代用できるがやや手間がかかる。)
がんじょう
ギガイアスにとって受けたくない一撃必殺を無効化できる非常に強力な特性だが、岩タイプには同特性を持つ競合が多くそれらに対する優位点に乏しい。
すなおこしの汎用性が高い事もあるため、そちらを優先したい。
一応、じゅうりょくとがんじょうを両立するのは現環境でギガイアスのみ。
あるいは味方のきあいのタスキを絶対に温存したいなどの消極的な理由での採用となる。
※がんじょう型はノートにあります。
すなのちから
隠れ特性。メインの岩技とサブの地面・鋼技の威力が1.3倍になる。
ダイロックの登場で前世代よりは扱いやすくなったとはいえ、汎用性・差別化の観点でも基本的にすなおこしが優先される。
一応トリパエースであれば、極端な鈍足・一致ダイロックでターンを無駄にせずに展開出来ることから、それなりに適正はある。
しかし基本的には自身がすなおこしで起点を作り、後続の砂かきドリュウズ等にエースを任せたほうが汎用性は高い。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力砂の力命中追加効果備考
ストーンエッジ100(150)19580急所ランク+1タイプ一致技。高威力だが命中不安。空振り保険やじだんだでフォロー可能。
ロックブラスト25(37)*2~548*2~590-タイプ一致技。威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。
5発ならストーンエッジを超えるが期待値は3発。
がんせきふうじ60(90)11795素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。サポート用。
だいばくはつ250-100自分瀕死サポート後の退場に。差別化にも実用面でも有用。
じしん100130100-対鋼。メタグロスギルガルドに。
じだんだ7597100技失敗時2倍ダブル用。岩技外しの後に使えば威力倍で打てる。
隣のドリュウズ等を巻き込まず、ダイソウゲンにも強い。
すなじごく354585バインドすなおこしと合わせて毎ターン3/16ダメージなので相性は良い。
ただし、普通に殴っても火力はそこそこ出るのと、たまに外れるのが玉に瑕。
ばかぢから120-100攻撃・防御↓対鋼。能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。
だっしゅつパックとあわせて後続無償降臨。
ボディプレス80-100-防御依存ダメージ。耐久に努力値を回しつつ火力が出せる。
アイアンヘッド80104100怯み30%すなのちから対象技。怯みは狙いにくい。
ヘビーボンバー40~12052~156100-軽い相手には高威力だが、有効に使うには軽すぎる。
ただしフェアリータイプは軽いポケモンが多いため、最高威力が出ることも多い。
からげんき70/140-100-状態異常で威力倍増。おにび対策になるが、ゴーストには無効。
特殊技タイプ威力砂の力命中追加効果備考
パワージェム80(120)156100弱点保険前提を発動させやすく、しっとのほのおやおにび対策。
メテオビーム120(180)23490パワフルハーブや弱点保険、または身代わり前提。
実質威力は240(砂の力で312)。
だいちのちから90117100特防↓10%弱点保険前提。グラスフィールド対策に。
ソーラービーム120-100-ダイソウゲンだと、地震対策になるが草技が痛い。やはり弱点保険前提。
ウェザーボール50/100
(150)
195100天候準拠晴れでの対草、雨での対地など。やはり弱点保険前提。
変化技タイプ命中備考
ステルスロック-サポート用。味方の火力補強に。砂ダメージと異なり無効タイプ無し。
じゅうりょく-サポート用。味方の命中率補強・地面技の一貫性向上に。
どくどく90ダメージ源。耐久型対策。過去作技マシン。
てっぺき-防御2段階上昇。ボディプレスと好相性だが居座って積める相手は限られる。
のろい-攻撃・防御上昇。デメリットは気にならない。
ねむる-回復技。カゴのみとあわせて。
まもる-ターン稼ぎに。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイロックストーンエッジ
いわなだれ
ロックブラスト
130(195)天候:砂嵐メインウェポン。奪われた天候を取り返せる。
すなのちから型では特性の発動として必須の技。
がんせきふうじ110(165)
ダイアースじしん
じだんだ
130味方全体の特防↑岩技との補完に優れる。砂嵐とあわせればかなりの特殊耐久に。
ダイナックルばかぢから95味方全体の攻撃↑岩技との補完に優れる。負担を与えながら攻撃上昇。
ボディプレス90
ダイスチルアイアンヘッド
ヘビーボンバー
130味方全体の防御↑対妖。物理方面の鉄壁化を狙う。
ダイアタックだいばくはつ150相手全体の素早さ↓高威力&広い等倍範囲。S低下は自身には生きない。
トリックルームと相性が悪い点に要注意。
ダイウォール変化技-まもる状態ダイマックス技を含むすべての技を防ぐ。
連続使用で失敗しやすくなる。

ピンポイント採用の技

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイソウゲンソーラービーム140場:GF対水地面。4倍狙いでトリトドンガマゲロゲに。地震威力半減に注意。
ダイバーンウェザーボール130天候:晴炎天限定。4倍狙いでナットレイシュバルゴに。
ダイストリームウェザーボール130天候:雨雨天限定。4倍狙いでドサイドンセキタンザンに。
ダイアイスウェザーボール130天候:霰霰下限定。4倍狙いでフライゴンアップリューに。
ダイアークじごくづき130相手全体の特防↓対霊超。一致技で十分な場合も多い。

型考察 節を編集

種族値上Hに努力値を振る機会が多くなるが、252振りだとHPが16n(実数値192)となり定数ダメージが最大になるので、基本は244振り推奨。

サポート型 節を編集

特性:すなおこし
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:A252 H244 BorD12
持ち物:さらさらいわ/ノーマルジュエル/オボンのみ/カゴのみ/メンタルハーブ
確定技:だいばくはつ/ステルスロック/ストーンエッジ(推奨)orロックブラストorがんせきふうじ
選択技:じしん/じゅうりょく/からげんき/ボディプレス

カバルドンバンギラスとの明確な差別点であるだいばくはつは確定技。
ジュエル以上の火力補佐があれば無振りガブリアス程度はだいばくはつで確1にできる。
呼ぶゴーストには有効打がないが、環境トップにいるゴーストはミミッキュを除けばギルガルドゲンガーで、これらにじしんを抜群で入れられる点は優秀。岩や鋼を呼びにくいのもポイント。
後続に自信があれば半減無効を承知でだいばくはつを撃ってしまっても構わない。その方がすなあらしのターンを稼げる。

じゅうりょくでのサポート、ステルスロック撒きもできる。
じゅうりょくは後続の地面技の通りがよくなり、だいばくはつからゲンガーを出して重力催眠を展開できる。
ステルスロックはタスキ潰し。控えの全抜きがやりやすくなる。
エースアタッカーは特性すなかきのドリュウズが一般的。

道具は天候補助のさらさらいわ、耐久補助のとつげきチョッキ、火力補助のノーマルジュエルなどが主流。
その他ねむカゴ用にカゴのみや、安全にじゅうりょくやステルスロックを使うためのメンタルハーブなど。

物理アタッカー型 節を編集

特性:すなおこし/すなのちから
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:A252 H244 BorD12
持ち物:ラムのみ/とつげきチョッキ/じゃくてんほけん
確定技:ストーンエッジorロックブラスト
選択技:じしん/からげんき/ボディプレス/ヘビーボンバーorアイアンヘッド/だいばくはつ
補助技:ねむる/ステルスロック

バンギラスをも上回る攻撃と一貫性の高い岩技で攻める。鈍足ゆえ当然ほぼ後攻になるが、すなわちトリックルーム下でエースになれる可能性を持つ。
ライバルとなるバンギラスには器用さでは敵わないが、4倍弱点を持たない為じゃくてんほけんとバンギラス以上に相性が良い。さらにトゲキッス相手も砂を起こせばダイナックルやダイソウゲンすら余裕で耐えて返り討ちに出来る。
トリル発動要員としては同じく鈍足かつ特性が強力なブリムオンや高火力を持つシャンデラ、相性補完が良くいたずらごころを持つエルフーンあたりか。

物理偏重の環境のため、Bに厚く振る調整も一考。
Aに振った余りの256をH84B172と振れば実数値171-172となり物理耐久指数が最大になる。
(H92B164と振って実数値172-171にしたほうが特殊耐久指数が僅かに高いがH=4nになる。オボンを持つなら回復量最大のこちらでもアリ。)

特殊流し型 節を編集

特性:すなおこし
性格:いじっぱり/しんちょう
努力値:H244 AorD252 B12
持ち物:とつげきチョッキ/こだわりハチマキ/じゃくてんほけん/オボンのみ
確定技:ストーンエッジ(推奨)orロックブラストorがんせきふうじ/じしん
選択技:だいばくはつ/アイアンヘッドorヘビーボンバー/ばかぢから/からげんき/ステルスロック

すなおこしによる特防上昇を活かし、主に特殊アタッカーに繰り出してサイクルを回す型。
突撃チョッキ+D特化の場合、C特化群ヨワシのハイドロポンプを6.25%の低乱数2に抑える超耐久となる。

持ち物は受け出し回数を稼げるとつげきチョッキが基本。火力重視ならHA、受けだし回数を稼ぐならHD振り。
A無振りでもそこそこ火力はあるが、火力確保による早期処理で結果的に延命できることも多いため、基本はHA振りのほうが使いやすい。

なお、とつげきチョッキなしのHD振りのみでもサザンドラのあくのはどうが極低乱数4と、並の特殊技は余裕を持って耐える。
再生回復技がなく耐久に特化しても延命には限界があるため、持ち物で火力を補うHD振り+こだわりハチマキという構成もあり。
ハチマキがあれば無補正無振りでもH振りサザンドラがストーンエッジで確定2。

物理耐久は元々高いうえに4倍弱点も無いためバンギラスより役割破壊されづらく、サイコショックもさほど気にならない。
攻撃性能にも優れるため後続に削りを入れることができるほか、撃ち合いのダメージレースでも優位に立ちやすい。
退場技のだいばくはつを持つおかげで、とつげきチョッキを持ちつつ起点回避も可能な点も大きな利点。


対ギガイアス 節を編集

注意すべき点
天候始動やステルスロック・じゅうりょくで場作りしつつ、攻撃種族値135からのだいばくはつで痛手を負わせてくる。
砂嵐込みで耐久はBDともに種族値130相当にもなり、一撃必殺技でもない限り物理はもちろん特殊でも一撃で落とすのは困難(がんじょうだと一撃必殺技も無効)。
いじっぱりドリュウズの一致抜群じしんでさえH振りギガイアスに確定2、返しの特化じしんで無振りドリュウズが確定1にされてしまう。
多くの中耐久ポケモンをだいばくはつで乱数圏内に捉え、そのまま後ろに控える砂嵐エースで全抜きされることもあるので注意が必要。
また、天候始動としてはかなり鈍足なので、天候パーティは天候を奪われて崩壊する可能性もある。
対策方法
後続のエースとのセットの対策が必要。
基本先発のため、物理耐久力が高いポケモンやゴーストタイプを先発に置けばだいばくはつによる被害を抑えられる。
もっとも、その手のポケモンにはだいばくはつを使わずサイクルを回すこともあるのでだいばくはつのタイミングを見極めることが重要。
かなり硬く攻撃も強いので、中途半端な火力では落とせず反撃で痛手を負う。火傷させるのも手。
参考までに、がんじょうあごウオノラゴンの先制エラがみで非ダイマックス個体は確1。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th/6thSM威力命中タイプ分類PP備考
ダンゴロガントル
ギガイアス
ダンゴロガントル
ギガイアス
1111たいあたり40100ノーマル物理35
-111かたくなる--ノーマル変化30
-1-1すなかけ-100じめん変化15
-1-1ずつき70100ノーマル物理15
---1パワージェム80100いわ特殊20
44-4かたくなる--ノーマル変化30
77-7すなかけ-100じめん変化15
10101010ずつき70100ノーマル物理15
14141414ロックブラスト2590いわ物理10
17171717どろかけ20100じめん特殊10
20202020てっぺき--はがね変化15
23232323うちおとす50100いわ物理15
-25--パワージェム80100いわ特殊20
27302730いわなだれ7590いわ物理10
30363036ステルスロック--いわ変化20
33423342すなあらし--いわ変化10
36483648ストーンエッジ10080いわ物理5
40554055だいばくはつ250100ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技37すなあらし--いわ変化10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技69ロックカット--いわ変化20
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
のろい--ゴースト変化10
ボディパージ--はがね変化15
とっしん9085ノーマル物理20
じゅうりょく--エスパー変化5教え
ワイドガード--いわ変化10
マグニチュード-100じめん物理30
がんせきふうじ6095いわ物理15技39
ロックオン--ノーマル変化5
ヘビーボンバー-100はがね物理10

教え技 節を編集

5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
メテオビーム12090いわ特殊10
アイアンヘッド80100はがね物理15ギガイアスのみ
てっぺき--はがね変化15Lv
とおせんぼう--ノーマル変化5
だいちのちから90100じめん特殊10
ばかぢから120100かくとう物理5ギガイアスのみ
じゅうりょく--エスパー変化5タマゴ
いびき50100ノーマル特殊15
ステルスロック--いわ変化20Lv
じごくづき80100あく物理15
じだんだ75100じめん物理10
とぎすます--ノーマル変化30
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝 節を編集

タマゴグループ鉱物
孵化歩数3840歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ダンゴロ(Lv.25)→ガントル(通信交換)→ギガイアス

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
じゅうりょくレベルイシヘンジン
旧自力5th~7th:教え技
とっしんレベルダストダス系統/クレベース系統
旧マシン1st:ハガネール系統(技09)
のろいレベルハガネール系統/デスカーン系統/ナットレイ系統/クレベース系統/デスバーン系統
ボディパージレベルハガネール/ギルガルド系統
ワイドガードレベルクレベース/イシヘンジン