バイバニラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

バイバニラ 節を編集

No.584 タイプ:こおり
通常特性:アイスボディ(天気が「あられ」の時、毎ターン終了時にHPを最大値の1/16ずつ回復する・あられのダメージを受けない)
     ゆきふらし(天気を5ターンの間、「つめたいいわ」を持たせた場合は8ターンの間「あられ」状態にする) ※バニプッチ、バニリッチのとき「ゆきがくれ」
隠れ特性:くだけるよろい(物理攻撃を受けると防御が1段階下がり、素早さが2段階上がる)
体重  :57.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
特殊単氷HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
バイバニラ7195851109579535アイスボディ/ゆきふらし/くだけるよろい
グレイシア65601101309565525ゆきがくれ/アイスボディ
ゆきふらしHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
バイバニラ7195851109579535アイスボディ/ゆきふらし/くだけるよろい
ユキノオー909275928560494ゆきふらし/ぼうおん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/かくとう/いわ/はがね
いまひとつ(1/2)こおり
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第五世代出身の単こおりタイプで、特性「ゆきふらし」が特徴。
合計種族値は高いが配分に無駄が多く、それぞれの数値が中途半端になってしまっている。
火力こそそれなりではあるが耐久面は低いHPのせいで過信できないため場持ちは悪い方と言って良い。
しかしながら、特性と技による個性で強さを引き出せているポケモン。

あられで必中になるふぶきの火力は、こおりタイプ最高の特攻を持つグレイシアのれいとうビームを上回る。
また、フリーズドライを習得できるためゆきふらしによる天候変化と合わせて雨パに対して強気に出られる。
霰パーティの始動要員として見ても、だいばくはつによって後続へ速やかに手番を譲ることができる点は魅力と言える。
他ゆきふらし持ちのように4倍弱点が無いので、出落ちしにくいのも長所。
素早さ2段階UPに強化された「くだけるよろい」を利用しての高速アタッカー運用も可能。

第八世代ではついに念願のオーロラベールを習得し、オーロラベール→だいばくはつの即退場による場づくりが可能になった。
ライバルであるアローラキュウコンの不在、同じくオーロラベールを習得したユキノオーと違い自主退場が可能と唯一無二の個性を手に入れた。
ちょうはつや絶対零度など場をかき乱す技も相変わらず習得が可能なので、サポート性能はさらに磨きがかかったと言える。

一方で同タイプのグレイシアがフリーズドライを習得し、最大威力の同技の使い手としての個性は譲ることになった。
また、めざめるパワー消滅どころかみずのはどうまで過去作限定になってしまい、攻撃範囲は大きく狭まってしまった。
幸いガラル地方ではメタグロスを始めとしたはがねタイプが多く姿を消しており、相対的に氷技の一貫性は高まっている。

むしろ個性であるゆきふらしが、ダイマックス技で頻繁に天候を変えられるようになった関係で、恩恵が不安定になったのが痛い。
役割破壊のダイバーンなどを使われると、必中ふぶきもオーロラベールも機能しないため、炎・水・岩技を持つ相手との対面では注意が必要。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

アイスボディ
貧弱な耐性ゆえそもそも居座る事が難しく、耐久型の運用は不向き。
天候変化、耐久低下の両方を嫌う場合には消去法でこれになるが、
そのようなパーティで採用する意義はほとんどないので、基本的には選択されない。
ゆきふらし
きあいのタスキ潰し&ふぶきが必中になる強力な特性。
だいばくはつにより即退場できるのが他のゆきふらし持ちにない利点となる。
ゆきふらし+フリーズドライで雨パにも強いが、対雨パのこおりタイプとしてはラプラスユキノオーもいる。
くだけるよろい
隠れ特性。連続技に弱くなるが、中途半端な素早さを補うことができる。
特定の相手を狩る能力に優れるが、特殊アタッカーなどに対しては無特性とほぼ同じ。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ふぶき110(165)70凍り10%霰下で必中だが天候変化に注意。
フリーズドライ70(105)100凍り10%威力は低いが水タイプにも抜群。
ペリッパールンパッパガマゲロゲ等の雨パ勢に。
こごえるかぜ55(82)95素早さ↓100%ダブルでは全体攻撃技。追加効果が優秀。後続サポートに。
ウェザーボール50/100100-天候に応じてタイプ・威力が変化。相性補完に。
霰下では氷タイプになり、ダブルバトルではれいとうビーム以上の単体氷技としても使える。
れいとうビーム90(135)100凍り10%基本はゆきふらし+ふぶきで良いが、天候変化時想定や単体攻撃を目的として。
こおりのいぶき60(90)90急所100%確定急所により実質威力135。
命中不安だがひかりのかべや積み技に強い。過去作限定。
ラスターカノン80100特防↓10%対氷・岩。フェアリーにも抜群。炎・鋼には氷ともども半減。
みずのはどう60100混乱20%対炎。威力は控えめ。
フリーズドライと合わせて全タイプに等倍以上が取れるが習得は過去作限定
ミラーコート-100優先度-5特殊技を倍返し。タスキやチョッキ、ちょうはつとあわせて。
ぜったいれいど-30一撃必殺有効打の無い相手に。氷タイプやがんじょうには無効。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
こおりのつぶて40(60)100優先度+1最後っ屁に。タスキ潰しにはゆきふらしである程度代用できる。
だいばくはつ250100自分瀕死ゆきふらし後の退場に。タマゴ技
つららばり25(37)*2~5100-ほぼ氷4倍のみがわりピンポ。
変化技タイプ命中備考
オーロラベール-味方の耐久強化に。ひかりのねんどと合わせて。タマゴ技
ちょうはつ100補助技対策。ミラーコートと相性が良い。
ボディパージ-素早さ強化。準速でもスカーフガブリアス抜き。
くさむすび・けたぐりのダメージを減らせるが、ヘビーボンバーのダメージが増える。
どくどく90耐久型対策。呼ぶ鋼には無効。過去作限定。
あまごい-偽装雨パ始動要員として。
本人もフリーズドライ+ウェザーボールで広範囲に攻撃できる。
みがわり-変化技・ダイマックス技対策。霰ダメージ稼ぎにも。
サイドチェンジ-ダブルバトル用。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアイスふぶき140(210)天候:霰メインウェポン。霰の貼り直しにも。
アイスボディ型なら特性の発動に必要な技。
フリーズドライやこごえるかぜの追加効果が失われる点に注意。
れいとうビーム
ウェザーボール
130(195)
フリーズドライ120(180)
こごえるかぜ110(165)
ダイスチルラスターカノン130味方の防御↑対氷。追加効果が優秀。
ダイサイコミラーコート100サイコフィールド対闘。威力は低い。先制技無効化。
ダイアタックだいばくはつ150相手の素早さ↓威力&等倍範囲が優秀。抜ける相手も多め。
ダイウォール変化技-まもる状態フェイントで解除されないが、ダメージは受ける
相手のダイマックスターン枯らしに。

ウェザーボールと採用率の低い技

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイバーンウェザーボール130天候:晴れ晴れ限定。
ダイストリームウェザーボール130天候:雨対炎岩。みずのはどうは過去作限定技。
みずのはどう110
ダイロックウェザーボール130天候:砂嵐砂嵐限定。
ダイアークふくろだたき100相手の特防↓物理技のみ。特殊耐久崩し。

型考察 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

特性:ゆきふらし
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:C252 HorS252
持ち物:つららのプレート/こだわりメガネ/こだわりスカーフ/きあいのタスキ/とつげきチョッキ/回復実/半減実/つめたいいわ
確定技:ふぶき/フリーズドライ
攻撃技:ラスターカノン/ぜったいれいど/ミラーコート/こおりのつぶて/だいばくはつ
補助技:ちょうはつ/みがわり/ボディパージ

特性ゆきふらしによる必中ふぶき+霰ダメージの総合火力はかなりのもの。
こおりタイプでは、バリコオルと並んで特攻第三位。
ふぶき一本でも十分強力で、耐性を持たない相手に与える圧力は大きい。

【サブウェポンについて】

フリーズドライ
水に抜群がとれる一致技。
持たせる事で受けられる相手を大きく制限でき、ふぶきの相性補完として多くの役割を持つのでほぼ必須と言える。
ペリッパー…無補正・無振りでもほぼ確1
H振りギャラドス…無補正C振りで確1
ブルンゲル・D特化ウォッシュロトム…C特化で確2
ラスターカノン
抜群でも等倍ふぶきに威力が劣り、ふぶきを半減で受ける岩やフェアリータイプは水複合なのでフリーズドライが通る。
実質、氷タイプくらいしか撃つ相手がいない。
しかし、ゆきふらし持ちのライバル逹には滅法強くなるので、撃ち合いを制したいなら採用も有り。
だいばくはつ
主に自主退場として後続を無償降臨させる。
素のAが高いので下降補正無振りでもそこそこの火力がある。

オーロラベール型 節を編集

特性:ゆきふらし
性格:おだやか/おくびょう
努力値:HD252/HS252
持ち物:つめたいいわ/ひかりのねんど/メンタルハーブ/きあいのタスキ
確定技:オーロラベール/だいばくはつ
選択技:ふぶきorフリーズドライ/こごえるかぜ/ぜったいれいど/ミラーコート/ちょうはつ

特性で霰を降らせ、オーロラベールを貼りだいばくはつで退場し、後続のサポートをする。
オーロラベールを使えるユキノオーと違い、自ら退場できる。
オーロラベール貼り以外に、こごえるかぜによるS操作、特殊アタッカーに対しミラーコートで返り討ちにすることもできる。
後続はつるぎのまいを覚え、ゆきかきで素早さを上げるツンベアー、はらだいこでを覚え、アイスフェイスを毎ターン貼りなおせるコオリッポがおすすめ。
壁を貼り終わり、退場するターンにゴーストタイプに交代されて壁ターンを稼がれないよう注意する必要がある。

とつげきチョッキ型 節を編集

特性:ゆきふらし
性格:おだやか
努力値:HD252ベースで調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:ミラーコート/ふぶき
選択技:フリーズドライ/ラスターカノン/ぜったいれいど/こおりのつぶて

とつげきチョッキを用いる型。ミラーコートとの相性がよい。
さらにHDに振ることで一致弱点技も耐えて倍返しできる。

耐久調整
H100振り(実数値159-126)…C特化ヒードランのだいもんじ1耐え。
H132振り(実数値163-126)…C特化ヒートロトムのオーバーヒート1耐え。
H252D116振り(実数値178-143)…C特化シャンデラのオーバーヒート1耐え。
H252D252振り(実数値178-161)…C特化メガリザードンYの晴れかえんほうしゃ低乱1(6.3%)。

くだけるよろい型 節を編集

特性:くだけるよろい
性格:ひかえめ
努力値:C252 HorB252ベースでS調整
持ち物:つめたいこおり/たつじんのおび/いのちのたま/こだわりメガネ
確定技:れいとうビームorふぶき/フリーズドライ
選択技:ラスターカノン/ミラーコート/ぜったいれいど/こおりのつぶて/だいばくはつ/ちょうはつ

第七世代での仕様変更によりくだけるよろいはS2段階上昇に。S無補正でも12振るだけで上昇後に最速130族を抜ける。
H振りではA無補正メガボーマンダのすてみタックルがギリギリ乱1(6.3%)になってしまうため、役割重視ならB振り推奨。

物理ドラゴン相手に繰り出して特性発動。返しの氷技で仕留めるという流れ。
ドラゴン以外にも確定技が抜群で通る地面・飛行・水タイプ等への役割が期待できる。
4倍弱点なら大抵一撃で倒す事ができ、2倍でもつららのプレートを持たせる事で確1圏内にできる相手が多い。
退かれた場合の後続への圧力を考えるとこだわりメガネも候補。

ヌメルゴンは硬い上に型が読みにくく、素のSも負けているのでかなり分が悪い。

特殊アタッカーは役割対象ではないが、ミラーコートがあるので返り討ちにできる事も。

【こおりのつぶてについて】
素早さを逆転して一撃で仕留めるのが前提の型だが、やはり先制技はあると便利。
攻撃下降補正でも4倍相手だと半分程度は削れるので、既に消耗している相手を無傷で倒せる可能性はある。
他のサブ技が微妙なこともあり採用候補になる。


対バイバニラ 節を編集

注意すべき点
ゆきふらしによる天候始動と高い特攻から放たれる必中ふぶき。
先制技や一撃必殺、水にも抜群のフリーズドライなど受け出しが効かない場合もある。
くだけるよろいでS逆転、とつげきチョッキ+ミラーコート、だいばくはつから後続無償降臨。
対策方法
とにかく技範囲が狭く、ほのおはがねにはまるで有効打を持たない。
ミラーコートの存在を考えると物理技が無難。
先制技があればくだけるよろいの素早さ上昇も気にならず、バレットパンチを持つハッサムなどは特に有効。
バンギラスメガリザードンYコータス等なら天候を変えられる上にタイプでも有利。
ただし、ぜったいれいどの存在は留意しておくこと。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th~SM威力命中タイプ分類PP備考
バニプッチバニリッチバイラニラ
--1*フリーズドライ70100こおり特殊20*XY以降
--1*ぜったいれいど-30こおり特殊5*XY以降
--1ウェザーボール50100ノーマル特殊10
111つららばり25100こおり物理30
-11かたくなる--ノーマル変化30
-11おどろかす30100ゴースト物理15
-11さわぐ90100ノーマル特殊10
444かたくなる--ノーマル変化30
777おどろかす30100ゴースト物理15
101010さわぐ90100ノーマル特殊10
131313こごえるかぜ5595こおり特殊15
161616しろいきり--こおり変化30
191919ゆきなだれ60100こおり物理10
222222ちょうはつ-100あく変化20
262626ミラーショット6585はがね特殊10
313131とける--どく変化20
353636れいとうビーム90100こおり特殊10
404242あられ--こおり変化10
444750ミラーコート-100エスパー特殊20
495359ふぶき11070こおり特殊5
535867ぜったいれいど-30こおり特殊5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技12ちょうはつ-100あく変化20
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技79こおりのいぶき6090こおり特殊10
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20

タマゴ技 節を編集

5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
こおりのつぶて40100こおり物理30
でんじふゆう--でんき変化155th~7th教え
ボディパージ--はがね変化15
だいばくはつ250100ノーマル物理55th~7th技64
つららおとし8590こおり物理10Lv
オーロラベール--こおり変化20
 こなゆき40100こおり特殊25
 しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
 てっぺき--はがね変化15教え
 ふういん--エスパー変化10
 みずのはどう60100みず特殊20教え

教え技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
こごえるかぜ5595こおり特殊15Lv
さわぐ90100ノーマル特殊10Lv
シグナルビーム75100むし特殊15
てっぺき--はがね変化15タマゴ
でんじふゆう--でんき変化10タマゴ
マジックコート--エスパー変化15
みずのはどう60100みず特殊20タマゴ
サイドチェンジ--エスパー変化15
ねごと--ノーマル変化10

遺伝 節を編集

タマゴグループ鉱物
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件バニプッチ(Lv.35)→バニリッチ(Lv.47)→バイバニラ
経験値Lv.50: 156,250
Lv.100: 1,250,000

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
オーロラベールリレーユキノオー(怪獣)→カチコール(怪獣/鉱物)
こおりのつぶてレベルオニゴーリ系統
だいばくはつレベルギガイアス系統/ダストダス系統/ナットレイ系統
旧自力5th~7th:技64
つららおとし自力バイバニラLv1
でんじふゆうレベルハガネール
旧自力5th~7th:教え技
ボディパージレベルハガネール/ギルガルド系統