フォクスライ/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

フォクスライ/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集


型考察 節を編集

バークアウトのどスプレー型 節を編集

特性:かるわざ
性格:ひかえめ
努力値:C252 HorB252 残りHorBorD
持ち物:のどスプレー
確定技:バークアウト
優先技:サイコキネシス
選択攻撃技:あくのはどう/くさむすび/マッドショット/とんぼがえり
選択補助技:ちょうはつ/わるだくみ/バトンタッチ/すてゼリフ

実用性が検証段階のため仮作成。
バークアウトでのどスプレーを発動させ、火力・耐久・素早さを同時に補強し戦う。
かるわざが発動すれば無補正無振りでも最速148族と同速になるため、性格はひかえめ。
同じことがレパルダスでもできるが、特殊技のレパートリーと素の特殊耐久力でこちらのほうが適性は高い。

最速近くまで振ればかるわざ発動後に準速スカーフドラパルトなども追い抜けるが、耐久無振りではバークアウトを撃つ前にやられかねない。
耐久無振りだと陽気ドラパルトのドラゴンアローで低乱数1(+ふいうちで確定)、臆病眼鏡ドラパルトのりゅうせいぐんで確定1。
H振りならドラゴンアロー+ふいうちまで高い確率で耐え、眼鏡りゅうせいぐんも低乱数1(6.2%)。

サブウエポンは補完に優れたサイコキネシスが優先される。
Cランク+1ではまだ突破力に不安があるため、相手がバークアウトのCダウンを嫌って引く隙を見て追加でわるだくみを積むのも良い。
耐久型に受けられた場合の保険としてちょうはつも有用か。
あく+エスパーは両方あくタイプに受けられるため、バトンタッチを仕込んでおく手も考えられる。

すてゼリフは音技だが、のどスプレーが発動せずに交代するので温存できる。
オーロンゲなど起点化できそうにない相手が出てきた場合に、後続を低負荷で繰り出せる。
ぼうおん・クリアボディ・しろいけむりに能力低下を無効化され、その場合交代できない。
また、まけんき・かちきが2回発動して差し引き3ランク上げてしまう。これらを重く見るならとんぼがえりも選択肢。


タグ: ノート