グライオン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

グライオン 節を編集

No.472 タイプ:じめん/ひこう
通常特性:かいりきバサミ(相手に攻撃を下げられない)
     すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:ポイズンヒール(どく・もうどく状態の時、毎ターンHPを最大値の1/8回復) ※グライガーの時「めんえき」
体重  :42.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
地/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
グライオン7595125457595510かいりきバサミ/すながくれ/ポイズンヒール
ランドロス(化身)891259011580101600すなのちから/ちからずく
ランドロス(霊獣)89145901058091いかく

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)みず
いまひとつ(1/2)かくとう/どく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき/じめん

数少ない「じめん×ひこう」複合タイプ。同族はランドロスのみ。
優秀な耐性とそれに噛み合った種族値を持ち、かくとうタイプを始めとし多くの物理アタッカーを受けられる。

隠れ特性「ポイズンヒール」+まもる+みがわりによる無限戦法が最大の武器にして個性で、統計から全グライオンの92%がこの型。
ひとたび起点を作れれば半永久的にターン稼ぎができ、相手に何らかのスリップダメージが入る状況ならば完封できる。
毒状態になる性質上、キノガッサやどくまも戦法使いなどを筆頭に状態異常が主戦術であるポケモン全般に対し非常に強い。
また、無限戦術のイメージから選出誘導力も非常に高く、それを逆手に取ってのステルスロックやこだわりスカーフによる奇襲も可能。
一撃技、どくどく、はたきおとすなど優秀な技も揃っており、多くの相手に対応できる。

無対策の相手に対し脅威となる一方で、連続技・音技など明確な対策手段も存在し、起点が望めないパーティに対しては上からの特殊技でも縛られやすい点に注意。
勝ち筋を生み出すのに長けたポケモンであるだけに、その扱いに際しては慎重を期したい。
また、第六世代以前ではスリップダメージが発生しない状況であってもターン稼ぎからTODを狙う戦法が存在したが、第七世代では持ち時間制の導入により不可能になっている。
無意味な遅延行為であるため、PP切れや天候・フィールド枯らしなどの明確な目的がある場合を除いてそれらの行為は控えること。

7世代では、状態異常無効のミストフィールドを即展開するカプ・レヒレが登場したことにより、
どくどくだまやかえんだまを用いるポケモンは妨害される恐れが増えたが、グライオンはひこうタイプを持つため影響がない。
一方で、うたかたのアリアによりみがわりを貫通しつつ一致で弱点を突いてくるアシレーヌの登場は気がかり。
また、新システムZ技は脅威になりうる。
初手でまもるを押すのが定石だが、貫通して特殊氷Zを使われればまもるの上から大打撃を受ける。


過去世代の考察こちらに、ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

かいりきバサミ
どくどくだまによる耐久をしない場合はこちら。
スカーフとあわせてメガライボルトに奇襲できる。
ポイズンヒール型が大多数であるため、ほとんど警戒されない。
すながくれ
すなあらし下でしか発動しない上に不安定。
他2つが優秀なこともあり、あえてこの特性を採用する意味がない。
ポイズンヒール
概要部の通り、グライオンの強みである。持ち物はどくどくだまが基本。
防御が高いので連続技にはある程度対応できるが、つららばりには滅法弱い。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
じしん100(150)100-タイプ一致技。性能安定も浮いたポケモンで止まる。
じならし60(90)100素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。自身より速い相手も起点化できる。
がんせきふうじに威力・命中で勝るが、飛行・ふゆうに無効。
つばめがえし60(90)必中-タイプ一致技だが居座る型では優先度は低い。4倍ピンポイント。
アクロバット55(82)/
110(165)
100-タイプ一致技。なげつけるや消費アイテムとあわせて。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対虫・飛行。地面技との相性補完に優れる。つばめがえしより高威力。
いわなだれ7590怯み30%ストーンエッジと選択。スカーフなら怯みを狙える。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。じならしに威力・命中で劣るが、無効タイプ無し。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
鋼/飛行やハッサムナットレイに。
こおりのキバ6595凍り10%
怯み10%
ボーマンダガブリアスランドロスに。
はたきおとす65/97100道具排除追加効果が優秀だが、メガストーン・Zクリスタルには無効。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退。スカーフと相性が良い。
なげつける-100道具消費どくどくだまの消費に。アクロバットとあわせて。
すなじごく35(52)85拘束ダメタイプ一致技。どくどくとあわせて。ダメージ源にも。
フェイント30100優先度+2先制技。タスキ潰しに。
ハサミギロチン-30一撃必殺有効打の無い相手に。ゴーストやがんじょうには無効。どうしようもない状況にも勝ち筋を残せる。
変化技タイプ命中備考
まもる-無限型の要。どくどくだまの発動や、どくどく・ポイズンヒールのターン稼ぎに。
みがわり-無限型の要。補助技対策や、まもる・交代読みで。
どくどく90ダメージ源。毒や鋼は呼びにくい。
ちょうはつ100補助技対策。撃たれる前に撃てれば強力。
ステルスロック-サポート用。素早さと読まれにくさを活かして。過去作限定。
つるぎのまい-攻撃を強化。活かせる場面は少ない。バトン可。
ロックカット-素早さ強化。活かせる場面は少ない。バトン可。
バトンタッチ-積み技やみがわりとあわせて。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ倍増。過去作限定。
はねやすめ-回復技。耐性変化に注意。

型考察 節を編集

ポイズンヒール無限型 節を編集

特性:ポイズンヒール
性格:ようき/わんぱく/しんちょう
努力値:H調整 S252or調整 残りBorD
持ち物:どくどくだま
確定技:まもる/みがわり
攻撃技:じしん/ハサミギロチン/がんせきふうじ/ほのおのキバ/はたきおとす/すなじごく/つばめがえし
補助技:どくどく/ちょうはつ/つるぎのまい/はねやすめ

第5世代から続くグライオンの基本型。グライオンといえばほとんどがこの型である。
まもる・みがわりを交互に使うことで、みがわりの使用により減った最大HPの1/4を
ポイズンヒールの1/8の回復量×2により全回復してしまう、通称「無限グライオン」。
何もダメージ源がない状態でまもる・みがわり連打をしていてもただの泥仕合になってしまうが、
あらかじめ相手に状態異常などの定数ダメージ源を仕込んでおけば
相手がちょうはつやすりぬけなどのまもみがループを崩す手段を持っていない限り相手を完封できる。
実質の状態異常耐性により、相手の催眠技等からの展開をカットできる点もポイント。

残りの二つの技枠だが、一撃技であるハサミギロチンの採用優先度は割と高い。
ゴーストタイプとがんじょう以外はどんな相手でも3割の確率で突破できるため、
まもみがループで削りきれない再生技持ちの相手なども突破でき、
かつ攻撃性能に左右されずに使える技なためである。
また、いざという時攻撃もでき、汎用性の高い一致技であるじしんや、
どくどくを搭載する場合、毒の効かない鋼タイプに対し通りのよいほのおのキバも候補として有力。

元は格闘を中心に物理受けとしてBに厚くするのが基本だったが、環境の変化に伴う役割対象の変化から、
現在では電気等への受け出しを安定させるためのしんちょうHD振りが急速に増加している。
受けループのパーツとしてのHB振りに対し、こちらはスタンパの補完目的で投入される。
その場合は役割対象からじしんが確定となり、はねやすめの採用例も見られる。

HP調整・素早さ調整について

HP調整について
HPに252振ると実数値が182(8n+6)となるが、この値だとポイズンヒール2回分の回復量が
1回のみがわりのHP消費量をわずかに下回るため、みがわり・まもるのループをする度に
HPが1ずつ減っていき微々たる物ではあるが若干損をしてしまう。
HP実数値を8n~8n+3の範囲内にすればそれを解消できるが、
8nはみがわりを連続で貼れる回数にて損をしてしまうHPである4nでもあるため、
この型でHP調整を行うならば8n+1~8n+3の範囲内ですることを推奨。
具体的に言えば実数値が177になる212振り辺り。
素早さ調整について
相手より早く行動できればできるほど先制みがわりを決められそのままループに持ち込めるため
最速であることに越したことはないが、特定の仮想敵の素早さを抜くまで素早さ調整をし
余った努力値の分だけ耐久に回すことにより受け出しをより容易にするという選択肢もあり。
ちなみに最速時の素早さ実数値は161だが、実数値147(準速時)以下まで素早さを落とし、
その分防御に努力値を回す場合性格をようきではなくわんぱくにした方がより防御が上がる。
電気などへの受け出しを想定するならしんちょうにしてDに厚く振りたい。

先発ステルスロック型 節を編集

特性:かいりきバサミ
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ステルスロック/ちょうはつ
選択技:じしん/がんせきふうじ/つばめがえし/はたきおとす

ランドロスガブリアスではなくグライオンでステルスロックを撒く大きな長所は、ちょうはつの習得・相手視点で上記の無限型の可能性を与えること。
バンギラスとセットで採用した場合は特に無限グライオンに偽装することによる強力な選出誘導が可能。そのバンギラスもりゅうのまいアタッカーとすることで漏れなくステルスロック・ちょうはつを活かすことができる。

細かいところでは、無補正A振りガブリアスのじしんをいかく込みで確定耐えのメガライボルト(H159B103)を
特性かいりきバサミでいかくを防いで確1(101.8%~120.7%)で落とせる。

スカーフ型 節を編集

特性:かいりきバサミ推奨
性格:いじっぱりorようき
努力値:A252 S252or調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:じしん/とんぼがえり
選択技:ストーンエッジorいわなだれ/はたきおとす/つばめがえし/ほのおのキバ/かみなりのキバ/こおりのキバ/ハサミギロチン

ポイズンヒールによる無限型のイメージを逆手に取ったスカーフアタッカー。
サンダースライボルトなどの電気タイプの速攻アタッカーはまず突っ張ってくるため先制じしんで倒せるようになる。

交代読みとんぼがえりで有利対面を作ったり、はたきおとすで味方のサポートもできたり、
運が絡むもののスカーフギロチンによって最後まで勝ち筋を残したりできる。
こだわり型なので一貫性の高い飛行技を入れたいところだが、無補正A振りではつばめがえしで無振りコジョンドすら低乱1なので注意。

タイプ的にウォッシュロトムランターンとの相性補完に優れ、
この2体と組ませてのとんぼルチェンでサイクルを構築する事も可能。
特にランターンとはそれぞれ物理耐久と特殊耐久もカバーできる他、
自らのタイプによって電気と地面を無効にできるのでランターンの特性をちょすいにしてもよいかもしれない。

無効タイプ2つに加え高い物理耐久を持つため耐久無振りであっても繰り出し性能は低くない。

ようき AS252 じしん、いわなだれ、とんぼがえり、ハサミギロチン
で使ってるがとにかく相手側からしたらグライオンを見たら十中八九無限型だと思い込んでくれるため
そのためスカーフでは無意味な挑発を強く誘うおかげで奇襲が成立しやすく
相手の選出を大きく縛れる点で言えば同族のランドロスとは完全な別物。
場合によっては総合的な能力で言えばこちらの方が上回ってるのではとも感じた。
上記の特性はかいりきばさみを推してるがこの型はポイヒでも全然有り。毒技に対して投げる機会も多いため
ヘドロばくだん等の追加効果の毒がおいしかったりした。というか現環境にいる威嚇持ちは浮いてるものも多いため
かいりきバサミの恩恵は正直感じにくかった。
↑元々この型はメガライボルトメタで作られたようなものだから、かいりきバサミを抜くのはコンセプトから外れてしまう
まあ、ライボは環境から減ってるからまだいいとして、毒技よみで投げて追加効果なりどくどくをもらうなりする機会ってそれこそ少ないと思うよ
浮いてる威嚇持ちが多いとは言え岩雪崩や氷牙のような有効打もある以上、役割が不明確なポイヒにしてしまうのはいかがなものかと


対グライオン 節を編集

  • 注意すべき点
    ポイズンヒール+まもる+みがわりの無限戦術が脅威。どくどく等の定数ダメージと併用されると完封されてしまう。
    毒無効の毒・鋼は一致じしん、耐久型はハサミギロチンで突破される。物理耐久や素早さが高く起点化できる範囲も広い。
    電気・地面無効の耐性も優秀で、無限型の知名度を逆手に取ったアタッカーや、ステロ撒きサポート型も存在する。
  • 対策方法
    パーティ全体での釘付けが有効。とにかく相手に起点を作らせないこと。
    マンムーパルシェンのつららばり、メガガルーラのおやこあい、
    特性すりぬけ、音系の技ならみがわりを貫通しつつダメージを与えられる。
    ちょうはつやアンコールでの補助技封じ、スキルスワップ等での特性変更も効果的だが、
    グライオンもちょうはつを使えるうえ、素早さも高めな点には注意。
    エアームドなら毒+地面+ハサミギロチン無効と圧倒的有利。ちょうはつがあるとなおよい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4thBWBW2
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
グライガーグライガーグライオングライガーグライオングライガーグライオン
------1*ハサミギロチン-30ノーマル物理5*XY以降
11-1-1-どくばり15100どく物理35
--1-1-1かみなりのキバ6595でんき物理15
--1-1-1こおりのキバ6595こおり物理15
--1-1-1ほのおのキバ6595ほのお物理15
--1-1-1どくづき80100どく物理20
--1-1-1すなかけ-100じめん変化15
--1-1-1かたくなる--ノーマル変化30
--1-1-1はたきおとす65100あく物理20
6555544すなかけ-100じめん変化15
13999977かたくなる--ノーマル変化30
-121212121010はたきおとす65100あく物理20
20161616161313でんこうせっか40100ノーマル物理30
-202020201616れんぞくぎり4095むし物理20
28232323231919だましうち60-あく物理20
---27272222アクロバット55100ひこう物理15
3631-34-27-きりさく70100ノーマル物理20
--31-34-27つじぎり70100あく物理15
-383842423030とんぼがえり70100むし物理20
44272731313535いやなおと-85ノーマル変化40
-424245454040シザークロス80100むし物理15
-----4545スカイアッパー8590かくとう物理15
-343438385050つるぎのまい--ノーマル変化20
52454549495555ハサミギロチン-30ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技37すなあらし--いわ変化10
技39がんせきふうじ6095いわ物理10
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技51はがねのつばさ7090はがね物理25
技54みねうち40100ノーマル物理40
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技62アクロバット55100ひこう物理15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技69ロックカット--いわ変化20
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技81シザークロス80100むし物理15
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技28あなをほる80100じめん物理10
技76むしのていこう50100むし特殊20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代まで
技23アイアンテール10075はがね物理15教え
技58こらえる--ノーマル変化10
技76ステルスロック--いわ変化20教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
メタルクロー5095はがね物理35
つばさでうつ60100ひこう物理35
かまいたち80100ノーマル特殊10
カウンター-100かくとう物理20
すなじごく3585じめん物理15
こうそくいどう--エスパー変化30
バトンタッチ--ノーマル変化40
すてみタックル120100ノーマル物理15
フェイント30100ノーマル物理10
つじぎり70100あく物理15Lv
クロスポイズン70100どく物理20
HSパワートリック--エスパー変化10
ロッククライム9085ノーマル物理20
ポイズンテール50100どく物理25

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
FL/Emつるぎのまい--ノーマル変化20Lv./技75
すてみタックル120100ノーマル物理15タマゴ
FL/Emカウンター-100かくとう物理20タマゴ
ものまね-100ノーマル変化10
ゆめくい100100エスパー特殊15技マシンでは覚えられない
FL/Emいわなだれ7590いわ物理10技80
みがわり--ノーマル変化10技90
Emいびき50100ノーマル特殊15
Emこらえる--ノーマル変化10
Em/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
Emれんぞくぎり4095むし物理20Lv
どろかけ20100じめん特殊10
はたきおとす65100あく物理20Lv
アクアテール9090みず物理10
だいちのちから90100じめん特殊10
HSゴッドバード14090ひこう物理5
HSおいかぜ--ひこう変化30
HSずつき70100ノーマル物理15
むしくい60100むし物理20
アイアンテール10075はがね物理15
あくのはどう80100あく特殊15技97
ステルスロック--いわ変化20
はねやすめ--ひこう変化10技19

遺伝 節を編集

タマゴグループ
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
成長タイプ105万タイプ
進化条件グライガーにするどいキバを持たせて夜にレベルアップ→グライオン

遺伝経路 節を編集

メタルクローハッサム(L21)/ツチニン(L38)/アイアント(L21)
つばさでうつストライク(L21)/ヤンヤンマ(L43)
かまいたちストライク(L33)
カウンターヘラクロス(L19)
すなじごくナックラー(L10)
こうそくいどうスピアー(L31)/ストライク(L17)/レディバ(L30)/イトマル(L33)/アメタマ(L31)/
テッカニン(L38)/フシデ(L29)/バチュル(L37)/アギルダー(L32)/アイアント(L16)/クワガノン(L49)
バトンタッチレディバ(L22)/アメタマ(L43)/テッカニン(L45)/ペンドラー(L30)
すてみタックルレディバ(L38)/クヌギダマ(L45)/バルビート(L45)/
フシデ(L43)/カブルモ(L56)/メラルバ(L50)
フェイントストライク(L61)/ヘラクロス(L37)/ナックラー(L1)/メガヤンマ(L38)
つじぎりストライク(L45)/ヘラクロス(L1)/コロトック(L42)/
スコルピ(L38)/メガヤンマ(L1)/グライオン(L27)
クロスポイズンパラセクト(L1)/イトマル(L47)/スコルピ(L49)
パワートリックツボツボ(L31)
ロッククライムフシデ(L40)
ポイズンテールフシデ(L19)