ウオノラゴン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ウオノラゴン 節を編集

No.882 タイプ:みず/ドラゴン
通常特性:ちょすい(みずタイプの技を受けた時、その技を無効化し、HPを最大値の1/4回復する)
     がんじょうあご(キバを使った技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:すなかき(天気が「すなあらし」の時、素早さが2倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
体重:215.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
エラがみHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウオノラゴン9090100708075505ちょすい/がんじょうあご/すなかき
ウオチルドン9090100809055505ちょすい/アイスボディ/ゆきかき
水/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウオノラゴン9090100708075505ちょすい/がんじょうあご/すなかき
キングドラ759595959585540すいすい/スナイパー/しめりけ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)はがね
いまひとつ(1/4)ほのお/みず
こうかなし---

特性「ちょすい」の場合、みず無効
フリーズドライで4倍ダメージ


第八世代の化石ポケモンにして、優秀なみず×ドラゴン複合。
同複合は禁止級を除くとキングドラのみで、特性や習得技から互いに差別化は意識せずとも自然と為される。

種族値は低くない数値を平坦に分配された結果、火力・耐久・速さどれも平均から中の上程度というパッとしない能力。
だが最大の特徴であり代名詞、準専用技のエラがみが強烈な性能を誇る。
威力85、命中100の安定したみず技で、先手で撃つと威力が上昇するのだが、
その際の倍率が2倍がんじょうあごが乗る、相手の交代際も先制扱いと仕様が非常に恵まれている。

威力増加適用時はタイプ一致補正&特性補正込みで382というとんでもない威力を叩き出す。
なお、倍率の増加条件は実際には「まだ行動していない相手」が対象であり、
とんぼがえり・ボルトチェンジ等で交代から出てきた相手に対しても威力が2倍になる。
仕様上半減ですら受けることが困難なため受け出しが難しく、また相性による無効の無いみず技というのも強烈。
その性能は現環境におけるちょすいよびみずかんそうはだの採用理由になる程。

難点は75族という微妙な素早さ。素早さを上昇させる技を習得できず、トリックルームで使うには速すぎる数値である。
こだわりスカーフを持たせる、おいかぜでサポートする、サイクル戦構築に組み込む等、運用に工夫がいる。
トップメタのドラパルトは最速スカーフでも抜けず、所持率の高いいのちのたま+ドラゴンアローでHP振りでも確1。

また攻撃種族値は並程度であり、その火力はあくまでがんじょうあごとエラがみの性能ありき。
そのためそれらが全て消えてしまうダイマックスとは非常に相性が悪い。
が、半減だろうがエラがみが最大威力になる対面が多い都合上、サブウェポンを撃ち分ける必要が薄く、
その為こだわりハチマキ、スカーフを持たせるのがメインであり、みず無効特性を後出しされると退くかダイマックスするしかなくなる。

冠の雪原においてレイドバトルで野生の個体が登場。隠れ特性のすなかきが解禁、モンスターボール以外で使用可能に。
ただしレイドバトルの個体は隠れ特性確定であり、モンスターボール以外だと隠れ特性なのがバレてしまう。
ウオノラゴンの突破力はがんじょうあごに依存するところも大きく、隠れ特性なのがバレると対処手段も多くなる。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ちょすい
特性としては優秀だが、元々みず技が1/4のウオノラゴンにとっては恩恵が小さい。
ねっとうによるやけども防げるが、がんじょうあごの火力補強を放棄しては本末転倒。
更にトレースされるとエラがみが通らなくなってしまうこともあり基本的に候補外。
がんじょうあご
キバを使う技の威力を1.5倍に。エラがみの威力を高め、それ以外の適用技も多数習得。
ウオノラゴンの突破力を支える重要な特性であり、基本的にはこれ。
すなかき
隠れ特性。天候が砂嵐だと素早さが2倍。発動すると無補正でもテッカニンを抜ける。
エラがみとの相性は良いが、がんじょうあごを本来のウオノラゴンの火力とするならば67%程度まで威力が低下する計算となる。
素早さの上昇率はスカーフを上回るので明確な仮想敵を設定した上でなら採用圏内か。
なおタイプ上は砂嵐耐性は無いが、特性の効果で砂嵐のダメージを受けなくなるメリットもあるにはある。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力がんじょうあご命中効果解説
エラがみ通常:85(127)
先制:170(255)
通常:191
先制:382
100先制で
威力2倍
一致技。先制で威力2倍。がんじょうあご対象技。
先制時は半減でも威力95以下の抜群技を上回る火力。
げきりん120(180)-100行動固定一致技。行動固定が痛いがミラーでは有効。
ドラゴンダイブ100(150)-75怯み20%一致技。命中不安。ドラゴンクローは覚えない。
サイコファング85127100壁破壊がんじょうあご対象技。火力ではなく壁破壊目的での採用になる。
かみくだく80120100防御↓20%がんじょうあご対象技。
ちょすいブルンゲル辺りにしか基本的に撃たない。
こおりのキバ659795凍り10%
怯み10%
がんじょうあご対象技。二倍弱点でも先制エラがみとほぼ同威力。
水が通らない氷4倍ピンポイント。
じしん100-100-ジュラルドンなど。
じだんだ75/150-100-同上。ダブル用。
ちょすい持ちのランターンなどに。
じならし60-100素早↓100%素早さ逆転を狙う。
後攻エラがみ二回<後攻じならし+先攻エラがみ一回。
ストーンエッジ100-80急所ランク+1ラプラスなど。
がんせきふうじ60-95素早↓100%素早さ逆転を狙う。じならしと比べ無効タイプが無い点で優秀。
きゅうけつ80-100-数少ない回復手段。
けたぐり20~120-100-ラプラスナットレイには半減エラがみと大差ない。
いかりのまえば--90-一致技が通らない相手への対抗策。
変化技タイプ命中解説
みがわり-交代読みや状態異常対策。
ねごと-催眠対策。サブウェポンの枠を減らしてエラがみを狙いやすくする構成もあり得る。

ダイマックス技考察 節を編集

後攻が確定している場合やこだわり解除の際には役立つが、上述の通り、基本は特性とエラがみありき。
なるべくこのポケモンでダイマックスを切ってしまわないように立ち回りたい。

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイストリームエラがみ130(195)天候:雨一致技。威力は本来のエラがみの半分程度。
終了時までどうにか生存させることができれば雨エラがみでごり押せる。すなかきと相性が最悪。
ダイドラグーンげきりん140(210)相手の攻撃↓一致技。竜技の使いづらさを消したい場合に使用する。
ドラゴンダイブ130(195)
ダイアイスこおりのキバ120天候:霰対草飛。
ダイナックルけたぐり100味方の攻撃↑対無氷鋼悪。攻撃上昇。
ダイアースじしん
じだんだ
130味方の特防↑対電毒鋼。特防上昇。
じならし110
ダイサイコサイコファング130サイコフィールド対毒闘。先制技封じは自身にとって重要。
相手の先制技を封じて先制エラがみの成功率を上げる。
ダイワームきゅうけつ130相手の特攻↓対草超悪。
ダイロックストーンエッジ
いわなだれ
ロックブラスト
130天候:砂嵐対氷虫飛。
すなかき発動が狙える。どうしても自分で砂を撒く必要がある場合に。
がんせきふうじ110
ダイアークかみくだく130相手の特防↓対霊超。追加効果は後続のサポート程度。
ダイスチルアイアンヘッド130味方の防御↑対氷妖。防御上昇。
ダイアタックいかりのまえば100相手の素早さ↓ダイマックス終了後の先手狙いで。
ダイウォール変化技-まもる状態雨や砂を撒いてからエラがみに繋ぎたい場合に。

型考察 節を編集

スカーフ型 節を編集

特性:がんじょうあご
性格:ようきorいじっぱり
努力値:A252 S252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:エラがみ
攻撃技:げきりんorドラゴンダイブ/じしん/がんせきふうじorじならし/けたぐり/サイコファング/かみくだく
補助技:ねごと

こだわりスカーフで抜ける範囲を増やし、上からエラがみで落とすシンプルで使いやすい型。
発売から2020年12月現在に至るまで最も多い型である。

水耐性を持つポケモンを強く呼び寄せるが、生半可な耐久では受け出しを許さない。
例としてH252ウォッシュロトムや無振りギャラドス(いかく無し)程度では確2なので交代受けが成立しない。
エラがみの依存度が高いことから「ねごと」も選択肢に入る。

ハチマキ型 節を編集

特性:がんじょうあご
性格:いじっぱり
努力値:A252 H252
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:エラがみ
攻撃技:ドラゴンダイブorげきりん/サイコファング/こおりのキバ/かみくだく/じしん/けたぐり/がんせきふうじorじならし
補助技:ねごと

相手が交代した場合でもエラがみの威力が上昇する点に着目し、有利対面になるように繰り出して後続に圧をかけながらサイクルを回す型。
そもそも「頑丈顎の適用される威力85をタイプ一致で撃てる」時点で無理に先手にこだわる必要もないという考えに基づいている。
統計によるとスカーフ型の次に多い。

威力2倍のエラがみでB特化ドヒドイデを高乱2、耐久無振りドラパルトを確1、H252のダイマックスバンギラスを確1ととてつもない火力を誇る。
素早さより受け出し回数を重視するため、素早さは捨ててHに厚く振り性格もいじっぱりを選択する。

相手パーティに合わせてスイッチになるもののトリックルーム展開後のエースとしても。

身代わり導入型 節を編集

特性:がんじょうあご
性格:いじっぱり
努力値:A252 HS調整
持ち物:水強化1.2倍アイテム/いのちのたま/ラムのみ
確定技:エラがみ/みがわり
優先技:がんせきふうじorじならし
攻撃技:ドラゴンダイブorげきりん/サイコファング/こおりのキバ/かみくだく/じしん/けたぐり

やることがバレバレなウオノラゴンに対し、カウンターやふいうちで対応しようとする相手を切り返す型。
ドヒドイデなど補助技や定数ダメージ頼みの物理受けにも有利になる(ただしドヒドイデを狩るには珠サイコファングが必要)。

こだわり型と違い技の撃ち分けが可能なため、じならしorがんせきふうじでS逆転→先制エラがみなどある程度小回りも効く。

※一時期はみがわりの採用率が10%ほどあったのだが、環境の変化に伴い2020年12月現在は4%未満となっている。

すなかきアタッカー型 節を編集

特性:すなかき
性格:いじっぱりorようきorむじゃき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/じゃくてんほけん/こだわりハチマキ/とつげきチョッキ
確定技:エラがみ
優先技:がんせきふうじorロックブラスト
攻撃技:ドラゴンダイブorげきりん/サイコファング/こおりのキバ/かみくだく/じしん/けたぐり

ダウンロードコンテンツ:冠の雪原にて解禁されたすなかきを活用する型。
味方の天候サポートを受けて特性を発動させ全抜きを狙う。緊急時には自分でダイロックを撃って発動することも視野に入れる。

タイプで有利な為、相手の砂パに対しても強そうだが、メジャーアタッカーであるドリュウズに比べて素早さで劣るのが難点。
耐久もそれなりにあるのでこちらが一撃死する場面は少ないが、注意しておきたい。

がんじょうあご型と比べてエラがみの火力が下がっているので、単純なごり押しは難しい。そのためこちらの型で狙う相手は今まで先手がとれなかった高速紙耐久アタッカー達となる。
種族値自体も攻撃面は平均レベルなので、火力補正アイテムがないとエラがみ以外では少々突破力に欠けることは留意。
砂パとしては貴重な水&龍の高速アタッカーという側面を重視して動きたい。

結局エラがみがなくては火力不足に陥るため、砂嵐の有無にかかわらずウオノラゴンにダイマックスを切るべきかはしっかり考慮すること。


対ウオノラゴン 節を編集

注意すべき点
専用技の「エラがみ」が超火力。先制を許せばまず受けられない。
半減でも並のポケモンは後出しできず、A特化鉢巻だと先制エラがみで防御特化ドヒドイデですら47.7~56.6%ダメージで高乱2(87.1%)。
H90-B100-D80と耐久も並以上にはあり、弱点も2つのみのため弱点を突いて一撃突破するのもやや難しい。
火力を落とす代わりにすなかきで先手を取ろうとしてくる場合もあり、高速紙耐久アタッカーで早々に沈めようとすると痛い目をみることも。
対策方法
良くも悪くも先制「エラがみ」ありきである為、ちょすいよびみずなどの無効化する手段があれば対処は楽。
大体がスカーフ持ちである為、素早さ75族以上のスカーフ持ちやそれを上回る最速ドラパルトだと対処しやすい。
麻痺や火傷などの状態異常も有効。
対面に持ち込まれた場合は先制技を使えば威力半減で受けることができるが、それでも威力85のタイプ一致&特性補助付きが飛んでくるため、ハチマキ型だと後攻なのにそのままごり押される危険がある。
とにかく構築や選出、立ち回りを工夫し、安易にエラがみを撃たせないようにすること。
すなかき型の場合は晴れにしてしまえば強みを全て失うが、ダイバーンは1/4にされるため注意。ただこちらはがんじょうあご型ほど火力がないため、無理に晴れさせずとも特性が判明した後なら水技に耐性がある物理受けで十分対処できる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1たいあたり40100ノーマル物理35
1みずでっぽう40100みず特殊25
7まもる--ノーマル変化10
14ぶんまわす60100あく物理20
21げんしのちから60100いわ特殊5
28かみつく60100あく物理25
35りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
42ふみつけ65100ノーマル物理20
49いかりのまえば-90ノーマル物理10
56かみくだく80100あく物理15
63エラがみ85100みず物理10
70りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
77ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01メガトンキック12075ノーマル物理5
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技33あまごい--みず変化5
技36うずしお3585みず特殊15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技45ダイビング80100みず物理10
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技54ロックブラスト2590いわ物理10
技55しおみず65100みず特殊10
技67こおりのキバ6595こおり物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技98じだんだ75100じめん物理10

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
メテオビーム12090いわ特殊10

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技03ハイドロポンプ11080みず特殊5
技04なみのり90100みず特殊15
技07けたぐり-100かくとう物理20
技10じしん100100じめん物理10
技16たきのぼり80100みず物理15
技18きゅうけつ80100むし物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技32かみくだく80100あく物理15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技69しねんのずつき8090エスパー物理15
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技84ねっとう80100みず特殊15
技97サイコファング85100エスパー物理10
技98アクアブレイク85100みず物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別ふめい