ピジョット - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ピジョット 節を編集

No.018 タイプ:ノーマル/ひこう
通常特性:するどいめ(命中率を下げられない・相手の回避率上昇を無視して攻撃できる)
     ちどりあし(混乱状態の時に回避率が上がる)
隠れ特性:はとむね(相手に防御を下げられない)
体重  :39.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)

メガピジョット
タイプ:ノーマル/ひこう
特性 :ノーガード (お互いの技が必中になる。あなをほる、そらをとぶなどをしている間でも命中する)
体重 :50.5kg (けたぐり・くさむすびの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ピジョット8380757070101479するどいめ/ちどりあし/はとむね
メガピジョット83808013580121579ノーガード
特殊飛行HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
メガピジョット83808013580121579ノーガード
ペリッパー6050100957065440あめふらし/するどいめ/あめうけざら
メガボーマンダ9514513012090120700スカイスキン
ペラップ766545924291411するどいめ/ちどりあし/はとむね
トゲキッス85509512011580545てんのめぐみ/はりきり/きょううん
化身トルネロス791157012580111580いたずらごころ/まけんき
霊獣トルネロス791008011090121580さいせいりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん/ゴースト

元祖ノーマル×ひこう複合タイプ。
種族値・特性・技のあらゆる面において没個性気味であり、採用機会に恵まれなかったが、
第六世代にてメガシンカを獲得し、速攻特殊アタッカーとしての適性を見出だした。
特性ノーガードによりぼうふうを必中で撃つことができ、火力・素早さのみならず安定感も高い。

第七世代では初ターンからS121で動けるようになり、更に強化。
一方であめふらしペリッパーやZクリスタルの登場により、必中ぼうふうの強みは失われつつある。混乱の自傷率低下も逆風。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



形態考察 節を編集

通常ピジョット 節を編集

100族を抜けるSを持つものの、その他は並以下。
物理型ではドードリオムクホーク、特殊型ではオオスバメペラップとの差別化を意識したいが、
特性や技はありふれたもの・実用性に欠けるものばかりで、劣化前提での運用すら難しい。
考察はこちらにあります。

するどいめ
自身の命中不安技を補うことはできず、相手に命中低下技を撃たれることも少ない。
回避技対策としても、より汎用性が高いふきとばしの方が有用。
ちどりあし
発動時の恩恵は大きいが、混乱時はそれ以上に自傷・行動不能のリスクが大きい。
あばれるなどの技は覚えず、混乱技対策としても過信できない。
はとむね
隠れ特性。他2つ同様、発動が受動的かつ限定的。
耐久型向きなので、はねやすめやフェザーダンスとあわせて。

メガピジョット 節を編集

通常時の平坦な種族値から、一転して特殊アタッカー気質へと変化し、特性ノーガードを獲得。
高水準のCSと必中ぼうふうを併せ持ち、特殊ひこう技による攻撃性能は随一。
技外しによる負け筋を排除できることから、抜群の安定感・信頼感を誇る。

ただ、メガシンカとしては飛び抜けて高いステータスとはいえず、エース運用するにはスペック不足である。
攻撃面はサブウェポンや積み技に乏しく、でんきいわタイプや特殊受けで止まりやすい。
防御面はメガシンカしてもさほど上がらず、ノーガードにより相手のストーンエッジやでんじは、一撃必殺技が必中となってしまう。
メガシンカゆえに持ち物固定なため、これらの欠点を補いにくいのも辛いところ。

現在では必中ぼうふうを独自の強みとして活かせなくなったこともあり、より優れた範囲・耐久を持つ特殊ひこう勢に遅れをとっている。
Sで差別化しようにも、ゲッコウガカプ・コケコ、スカーフ持ちの流行が障害となる。
ミミッキュをはじめとした物理アタッカーを意識し、フェザーダンスを採用した個体が増加するなど、
第七世代の環境にあわせた変化は見られるものの、レートでは鳴かず飛ばずの状態が続いている。

ノーガード
互いに全ての技が必中となる。
メインのぼうふうはもちろん、若干命中不安なねっぷう・はかいこうせん等も必中で撃てるので安心感が高い。
一方でストーンエッジ・かみなり・ふぶき等や、一撃必殺技まで必中になってしまう。一撃必殺技にはオウムがえしも可能だが、汎用性は高くない。
メガシンカ前の特性について
理論上はメガシンカ前の後出し時にBが下がらないはとむね一択。
とはいえ、どの特性も有用性は低く、トレース対策を考慮しても大差ないため、実際にはどれを選んでもほぼ変わらない。
ちどりあしをトレースした相手が混乱しても、こちらはノーガードにより必中で攻撃できる。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致技。追加効果が優秀。ノーガードなら必中。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。怯みを狙いやすい。
はかいこうせん150(225)90行動不可タイプ一致技。ラス1相手や散り際に。ノーガードなら必中。
さわぐ90(135)100行動固定
眠り解除
タイプ一致技。催眠技やみがわりに強いが、行動固定が痛い。
ねっぷう9590火傷10%対鋼。ノーガードなら必中。
めざめるパワー-60100-相性補完に。4倍狙いで氷・格闘・地面など。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
ブレイブバード120(180)100反動1/3タイプ一致技。反動が痛い。タマゴ技。
ゴッドバード140(210)90溜め攻撃
急所ランク+1
怯み30%
タイプ一致技。パワフルハーブやZクリスタルとあわせて。
すてみタックル120(180)100反動1/3タイプ一致技。反動が痛い。3世代教え技orVC1st技マシン限定。
おんがえし102(153)100-タイプ一致技。性能安定。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退。交代読みや、おいかぜとあわせて。
はがねのつばさ7090防御↑10%対岩。2倍では等倍おんがえし以下。
でんこうせっか40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中備考
どくどく90耐久型対策。ノーガードなら必中。
フェザーダンス100物理型対策。はねやすめとあわせて。
ふきとばし-積み技対策や、交代読みで。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ倍増。
はねやすめ-回復技。先手で使うと耐性変化。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
オウムがえし-直近の技をコピー。みがわりとあわせて。

型考察 節を編集

メガピジョット 節を編集

特性:するどいめ/ちどりあし/はとむね→ノーガード
持ち物:ピジョットナイト

特殊アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CS252
確定技:ぼうふう
優先技:ねっぷう
攻撃技:めざめるパワー(氷/闘/地)/さわぐorはかいこうせん/とんぼがえり/でんこうせっか
変化技:みがわり/はねやすめ/フェザーダンス/どくどく/おいかぜ

ノーガードによる必中ぼうふうで攻めるアタッカー型。
Zクリスタルと比べると、連発可能で追加効果も狙えるのが強み。
雨を必要とせず、晴れ下でも必中なので、ねっぷうも使いやすい。

無補正C振りぼうふうの火力指数は30,855で、特殊飛行のライバルであるメガボーマンダのC特化ハイパーボイス(30,618)とほぼ同等。
Sは準速メガボーマンダを大きく上回っており、H振りジャローダ程度なら無補正C振りぼうふうで先制確1にできる。
ねっぷうがあれば無振りメガルカリオも確1だが、メガメタグロスは無振りでも確2なので交代読みが必要。
なお、メガボーマンダに対してはめざ氷があっても確1にできず、あちらのA特化すてみタックルで無振りメガピジョットが確1。
りゅうのまいを積まれる恐れもあるため、素のSで勝るとはいえ対面からでは厳しい。

高いSからの先制はねやすめ・みがわりなども有用。
ぼうふうの混乱やフェザーダンスとあわせれば、みがわりを残せることも多い。

オウムがえし採用型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CS252
確定技:ぼうふう/オウムがえし/まもるorみがわり
優先技:ねっぷう
選択技:めざめるパワー(氷/闘/地)/さわぐorはかいこうせん/とんぼがえり/でんこうせっか

ノーガードのデメリットを逆手に取った型。
相手に命中不安の大技や一撃必殺技を誘ってまもるorみがわりで防ぎ、次のターンに先制オウムがえしで返す。
無効技への後出しや死に出しからでも使える。

第六世代ではドラゴンのりゅうせいぐん、スイクンのぜったいれいどなどを狙い目とした採用が一定数見られたが、
第七世代ではオウムがえしで返せないZワザの流行、先手を取れないスカーフ持ちの増加により下火になりつつある。

オウムがえしを狙える技
通常攻撃技
ゴースト・ドラゴンの一致技を返すことで弱点を突けるが、ゴースト技はタイプ上撃たれないため、後出し・死に出し限定。
そのうえ、2倍シャドーボールでは等倍ぼうふうを下回る。ぼうふう半減のギルガルドにもねっぷうの方が高威力。
ドラゴンのりゅうせいぐんも、C特化ラティオスサザンドラにスカーフで先制されると中~低乱1。Zクリスタルとの併用も多い。
うまく返して倒しても、Cダウンにより後続の起点にされかねないので、使いどころが難しい。
一撃必殺技
ノーガードを最も活かせる技。高耐久・低火力のポケモンの使用率が高く、それらへの有効打となる。
しかしじわれはタイプ上撃たれず、ぜったいれいどは主な使用者である氷タイプに返しても無効、
ハサミギロチンをグライオンに返してもまもる・みがわりで防がれるなど、非常に決まりにくい。
補助技
こちらも耐久型が多用する傾向にあり、相手からの妨害を防いで返せれば大きなアドバンテージを得られる。
主に状態異常技に対し効果的なものの、草タイプの粉技・やどりぎのタネ、毒・鋼タイプのどくどくなどは返せない。
さいみんじゅつをメガゲンガーに返そうにもSで劣っており、先制みがわり・オウムがえしが決まらない。
また、麻痺技は返しても恩恵が少ないが自身には致命的なため、オウムがえしを狙うよりも退いた方が良い。

対ピジョット 節を編集

注意すべき点
環境の主流であるメガシンカ型は、高いCSと特性ノーガードを併せ持つ。
無効タイプ無し・混乱30%のぼうふうを必中で連発できるため非常に受けにくい。
他にも鋼対策のねっぷう、耐久型対策のどくどくなどでノーガードを活かして攻めてくる。
こちらの技も全て必中となるが、先制はねやすめやみがわりで防がれてしまう。
対策方法
耐久は並程度で、メジャーな弱点と特性ノーガードにより防御面は脆い。ただしそれゆえにみがわりの採用率が高い。
特に一撃必殺技持ちはいずれもメガピジョットよりSが低く、安易に撃っても決まりにくい。
速攻電気アタッカーやゲッコウガなどで上から弱点を突く方が確実だろう。
火力もそこまで高くなく火力補強手段にも乏しいため、ある程度の耐久があれば対面勝ちは容易。飛行・炎に耐性があれば後出しも可能。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th~SM威力命中タイプ分類PP備考
ポッポピジョンピジョットポッポピジョンピジョット
-----1*ぼうふう11070ひこう特殊10*XY以降
111111たいあたり40100ノーマル物理35
-11-11すなかけ-100じめん変化15
-11-11かぜおこし40100ひこう特殊35
--1--1でんこうせっか40100ノーマル物理30
555555すなかけ-100じめん変化15
999999かぜおこし40100ひこう特殊35
131313131313でんこうせっか40100ノーマル物理30
192020171717ふきとばし--ノーマル変化20
---212222たつまき40100ドラゴン特殊20
313434252727フェザーダンス-100ひこう変化15
394348293232こうそくいどう--エスパー変化30
252727333738つばさでうつ60100ひこう物理35
---374244はねやすめ--ひこう変化10
---414750おいかぜ--ひこう変化30
475262455256オウムがえし--ひこう変化20
---495762エアスラッシュ7595ひこう特殊15
---53*62*68*ぼうふう11070ひこう特殊10*BW以降

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技51はがねのつばさ7090はがね物理25
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技76そらをとぶ9095ひこう物理15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第5世代
技88ついばむ60100ひこう物理20
第4世代
技58こらえる--ノーマル変化10
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15タマゴ,USUM:教え技
VC第1世代
技02かまいたち80100ノーマル特殊10×
技04ふきとばし--ノーマル変化20Lv
技09とっしん9085ノーマル物理20×
技10すてみタックル120100ノーマル物理153rd:教え技
技11バブルこうせん65100みず特殊20×
技20いかり20100ノーマル物理20×
技21メガドレイン40100くさ特殊15×
技31ものまね-100ノーマル変化103rd:教え技
技33リフレクター--ノーマル変化207th:技33では覚えない
技34がまん-100ノーマル物理10×
技39スピードスター60-ノーマル特殊204th:教え技
VC第2世代
技03のろい--ゴースト変化10×
技20こらえる--ノーマル変化104th:技58
技31どろかけ20100じめん特殊104th:教え技
技39スピードスター60-ノーマル特殊204th:教え技
技43みきり--かくとう変化5×

タマゴ技 節を編集

2nd3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
おいうち40100あく物理20
だましうち60-あく物理20
みやぶる--ノーマル変化40
はがねのつばさ7090はがね物理252nd~4th:技47,6th~:技51
エアカッター6095ひこう特殊254th:教え
エアスラッシュ7595ひこう特殊15Lv
ブレイブバード120100ひこう物理15
さわぐ90100ノーマル特殊106th:教え
きりばらい--ひこう変化154th:秘05,7th:教え

教え技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
XDHSゴッドバード14090ひこう物理5
さわぐ90100ノーマル特殊10タマゴ
ねっぷう9590ほのお特殊10
HSおいかぜ--ひこう変化30Lv
きりばらい--ひこう変化15DPt:秘05
とぎすます--ノーマル変化30
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技90
Emこらえる--ノーマル変化104th:技58
Emどろかけ20100じめん特殊10
E/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
エアカッター6095ひこう特殊25タマゴ
たつまき40100ドラゴン特殊20Lv
はねやすめ--ひこう変化10技19

その他 節を編集

第3世代

威力命中タイプ分類PP詳細
リフレッシュ--ノーマル変化20XD

遺伝 節を編集

タマゴグループ飛行
孵化歩数3840歩
性別♂:♀=1:1
進化条件ポッポ(Lv.18)→ピジョン(Lv.36)→ピジョット

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
おいうちレベルオニドリル系統/ドードリオ系統/キャモメ/ドンカラス系統
エアカッターレベルクロバット系統/カモネギ/エアームド/キャモメ/
ケンホロウ系統/ココロモリ系統/シンボラー/オンバーン系統/オドリドリ
旧自力4th:教え技(HS:48BP, Pt:赤2青4緑2)
エアスラッシュ自力Lv.62
きりばらいレベルスワンナ系統/ウォーグル系統
自力教え技(8BP)
さわぐレベルドードリオ系統/ヨルノズク系統/ペラップ
自力教え技(8BP)
だましうちレベルヤミカラス
はがねのつばさレベルエアームド/ファイアロー系統
自力技51
ブレイブバードレベルカモネギ/オオスバメ系統/ムクホーク系統/スワンナ系統/ウォーグル系統/
ファイアロー/ジュナイパー系統
みやぶるレベルヨルノズク系統/ジュナイパー系統

VC第2世代

習得方法覚える系統
おいうちレベルオニドリル系統/ドードリオ系統/ヤミカラス
タマゴズバット/プテラ/エアームド
だましうちレベルヤミカラス
タマゴオニスズメ/ズバット/ドードー/ホーホー/ネイティ
みやぶるレベルヨルノズク系統
タマゴカモネギ/プテラ/トゲチック