ウオチルドン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ウオチルドン 節を編集

No.883 タイプ:みず/こおり
通常特性:ちょすい(みずタイプの技を受けたときそれを無効化し、HPを最大の1/4回復する)
     アイスボディ(天気が「あられ」の時、毎ターン終了時にHPを最大値の1/16ずつ回復する・あられのダメージを受けない)
体重:175.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
同タイプHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウオチルドン9090100809055505ちょすい/アイスボディ
ラプラス1308580859560535ちょすい/シェルアーマー/うるおいボディ
パルシェン5095180854570525シェルアーマー/スキルリンク/ぼうじん
カセキのサカナHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウオチルドン9090100809055505ちょすい/アイスボディ
ウオノラゴン9090100708075505ちょすい/がんじょうあご

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ/かくとう/いわ
いまひとつ(1/2)みず
いまひとつ(1/4)こおり
こうかなし---

特性「ちょすい」の場合、みず無効


今作で登場した化石ポケモンの一体。
それぞれ珍しい複合タイプを持つ他の剣盾化石組と違い、比較的ライバルの多いみず/こおりの複合タイプ。
素早さを抑えたバランス型配分で、安定した耐久力とまずまずの攻撃力を併せ持つ。

ウオノラゴンと同じように先手で当てると超威力が出る「エラがみ」を習得できる。
ただ、ウオチルドンは特性がんじょうあごを持たず、先手を取るにはひと工夫必要なこともあり戦略の主軸には据えにくい。
それよりはむしろ、ちょすいによる水無効+氷1/4の耐性を活かした水タイプキラーとしての立ち回りが持ち味と言える。

最大のライバルとなるのは、同複合タイプで同じくちょすいやフリーズドライを持ち、運用方法がかなり似通っているラプラス
ウオチルドンにそのまま特殊耐久を盛ったような高水準の能力を持ち、あちらは先制技や一撃必殺技まで備えている。
こちらにはいかりのまえばによる安定した削り能力があり、カセキのサカナの専売特許としてそこにしおみずも併せられる。
ステロを撒いておけばいかりのまえば→C特化しおみずでH振りシルヴァディ(等倍タイプ)あたりまで確定圏内。

ラプラスより僅かに高い攻撃力・エラがみによる鈍足相手への特効・つららおとしの習得・サブに岩技を選べることなど、
物理アタッカーとして運用する場合にはそれほど差別化に困らないが、そうすると今度はパルシェンを意識する必要が出てくる。
特殊耐久で大きく勝るとはいえ水以外への受け出しには不安が残る耐性であり、
一度積めば全抜きもあり得るあちらのほうが氷タイプのアタッカーとしてはより好ましい性能をしている。

DLコンテンツvol.1より新技メテオビームを獲得。パワフルハーブ前提だが狭い技範囲や、平凡な特攻を補えるか。

隠れ特性であるゆきかきは現在未解禁。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ちょすい
元々みず半減ではあるが、「ねっとう」や「たきのぼり」等の追加効果まで無効にできるのが大きい。
ダブルバトルの場合、味方の「なみのり」を受けられるためなお有用。
当然自身が使う「エラがみ」も水技なので、トレースには注意。
アイスボディ
耐久型には有難い効果で、たべのこしと合わせるとよりしぶとくなる。
ただ、ちょすいで水に強く出られる方が有効な場面が多く、あられを積極的に利用するパーティでない限り優先度は下がる。
ダイアイスであられに出来るので、発動機会そのものはそこそこ。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
エラがみ85(127)/
170(255)
100先制で威力2倍準専用一致技。先制できれば超威力だが活かすにはひと工夫必要。
アクアブレイク85(127)100防御↓20%一致技。性能安定で追加効果もまずまず優秀。先制攻撃に期待しないなら。
ダイビング80(120)100溜め攻撃一致技。対ダイマックスやたべのこしの時間稼ぎに。
隠れているターンはアイスボディが発動しないことに注意。
つららおとし85(127)90怯み30%一致技。やや命中不安。みず技が通らない草やドラゴンへ通る。
ゆきなだれ60(90)/
120(180)
100優先度-4一致技。先に攻撃を受けると威力2倍、鈍足と好相性。
つららばり25(37)*2~5100-一致技。多段攻撃、みがわりに強くなる。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対氷、虫。高火力命中不安。同タイプやオニシズクモモスノウなどに。
いわなだれ7590怯み30%同上。命中やや安定。
ロックブラスト25*2~590-タスキやみがわりを意識するなら。
がんせきふうじ6095素早↓100%後続サポートや、エラがみの威力補強に。
サイコファング85100壁破壊対闘、毒。ドヒドイデなどに。
キョダイラプラスを受けて壁を割るのにも使える。
アイアンヘッド80100怯み30%対氷、妖。一致技で十分な場合も多い。
かみくだく80100防御↓20%対霊、超。ブルンゲルなどに。
いかりのまえば-90-便利な削り手段。エラがみの通らない相手へ。
耐久を積んでくる相手の強引な突破にも。
特殊技タイプ威力命中効果解説
ハイドロポンプ110(165)80-一致技。高火力命中不安。
なみのり90(135)100-一致技。中火力命中安定。
しおみず65(97)/
130(195)
100相手HP1/2以下で
威力2倍
一致技。いかりのまえばと相性が良い。
うずしお35(52)85拘束一致技。耐久戦術のダメージソースに。釣り出し防止にもなる。
ふぶき110(165)70凍り10%一致技。高火力命中不安。
れいとうビーム90(135)100凍り10%一致技。中火力命中安定。
フリーズドライ70(105)100凍り10%一致技。一致技を両方半減するみずに抜群で通る。ちょすいで役割を持つなら必須。
こごえるかぜ55(82)95素早↓100%一致技。エラがみと好相性。
げんしのちから60100全能力↑10%対虫、氷。特殊型でも基本的にストーンエッジで良い。パルシェンピンポイント。
メテオビーム120901ターン目に
特攻↑
同上。パワフルハーブ前提。
ならびにエラがみ読みで呼んでくるちょすい持ちの相手への奇襲に。
変化技タイプ命中備考
てっぺき-防御↑↑。アイスボディを活かした耐久型で。
ねむる-数少ない回復手段。カゴのみと併せて。
まもる-様子見や時間稼ぎに。
こらえる-ダイマックス技も耐える。
オーロラベール-強力なサポート技だが先にあられを降らせる必要がある。
あられ-アイスボディの発動、オーロラベールの展開準備に。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイストリームエラがみ
なみのり
130(195)天候:雨一致技。エラがみをベースにする場合でも、
ウオノラゴンと異なりがんじょうあごを持たず、
先制もしにくいのでほぼ単純強化と見てよい。
雨で2発目から威力1.5倍に。
ダイアイスとはお互いの天候を消しあってしまう。
ハイドロポンプ140(210)
ダイアイスつららおとし
つららばり
れいとうビーム
130(195)天候:霰一致技。霰でタスキ潰し&アイスボディ発動。
ダイストリームとはお互いの天候を消しあってしまう。
ゆきなだれ110(165)
ふぶき140(210)
フリーズドライ120(180)水に抜群を取れなくなり範囲が狭まってしまう。
こごえるかぜ110(165)S低下を利用できなくなってしまう。
ダイサイコサイコファング130サイコフィールド対闘。先制技封じもできる。
ダイロックメテオビーム140天候:砂嵐4倍狙いで。ただし一致技の天候をかき消してしまう。
ストーンエッジ
いわなだれ
ロックブラスト
130
がんせきふうじ
げんしのちから
110
ダイアークかみくだく130相手の特防↓対霊超、ブルンゲルなどに。
ダイスチルアイアンヘッド130味方の防御↑対氷。追加効果が優秀。
ダイアタックいかりのまえば100相手の素早さ↓エラがみの間接的な強化を狙える。要S調整。
ダイウォール変化技-まもる状態フェイントで解除されないが、ダメージは受ける
相手のダイマックスターン枯らしに。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:ちょすい/アイスボディ
性格:ようき/いじっぱり/ゆうかん/むじゃき
努力値:A252 SorH252
持ち物:とつげきチョッキ/いのちのたま/こだわりスカーフ/オボンのみ
確定技:エラがみ/つららおとしorゆきなだれorつららばり
選択技:ストーンエッジorいわなだれorロックブラスト/かみくだく/サイコファング/がんせきふうじorこごえるかぜ/フリーズドライ/いかりのまえば

みず+こおりの広範囲を活かして攻める物理アタッカー。
凍える風を活かして先制エラがみを狙う場合、陽気推奨。狙わず雪雪崩を主軸に戦う場合は意地っ張りでよい。
フリーズドライの採用やトリルでの活躍を狙う場合は勇敢にしておく。
サブ技はパーティと相談。

最速の場合、相手Sランク-1で最速106族(レパルダス)抜き。Sランク-2でテッカニン抜き。
耐久力があるほうとはいえ耐性の少ない複合であり、わざわざSに振ってまで悠長にやることかといえば微妙。
あくまで鈍足相手の特効として割り切るくらいが良い。

ちなみに性格ゆうかんで素早さ無振りの場合、無振り47族と同速(カバルドンと同じ)になる。
気になるなら性格ゆうかんでも、無振り50族抜き程度に素早さに振るのも手。

いかりのまえば耐久型 節を編集

特性:ちょすい/アイスボディ
性格:ずぶとい/おだやか
努力値:H252 + BD252
持ち物:とつげきチョッキ/オボンのみ/たべのこし/つめたいいわ/カゴのみ/ねばりのかぎづめ
確定技:いかりのまえば
優先技:しおみず
選択技:フリーズドライ/ふぶき/こごえるかぜ/ダイビング
変化技:あられ/てっぺき/オーロラベール/まもる/ねむる

いかりのまえばでHPを減らしたあと2倍強化された塩水による撃墜を狙う。
相手のHPが奇数の場合はキッチリ半減されないので
ステルスロックや霰等の追加ダメージがないとしおみずのダメージが二倍にならない。

また、塩水は搭載せず霰や渦潮のスリップダメージとダイビングを利用して削っていくことも考えられる。

HP削りをいかりのまえばに頼っているため、耐久ベースの調整にするとよい。
とつげきチョッキを使用しない場合は霰を展開してアイスボディを発動させるorスリップダメージを稼ぐのも有効。

いかりのまえばを無効化する相手としてミミッキュが難敵。こごえるかぜで皮を剥がした後有利な相手に交換するしかない。


相性考察 節を編集


対ウオチルドン 節を編集

注意すべき点
みず+こおりの広い範囲を持つ。いわタイプを中心としたサブウェポンも豊富。
特性ちょすい+フリーズドライを持つため、こちらの水タイプ相手にめっぽう強い。
エラがみは先制で威力が倍増するため、こごえるかぜなどですばやさを下げられたあとに技を受けると危険。
対策方法
鈍足で耐久も中の上程度のため、弱点のくさでんきかくとういわで上から殴る。
攻撃・特攻は中程度のため、水と氷の両タイプを等倍以下に抑えられるポケモンで受けるのも有効。
エラがみを主力技とする物理型にはやけど、まひも有効。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1こなゆき40100こおり特殊25
1みずでっぽう40100みず特殊25
7まもる--ノーマル変化10
14こごえるかぜ5595こおり特殊15
21げんしのちから60100いわ特殊5
28かみつく60100あく物理25
35オーロラベール--こおり変化20
42フリーズドライ70100こおり特殊20
49いかりのまえば-90ノーマル物理10
56かみくだく80100あく物理15
63エラがみ85100みず物理10
70つららおとし8590こおり物理10
77ふぶき11070こおり特殊5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技27こごえるかぜ5595こおり特殊15
技33あまごい--みず変化5
技35あられ--こおり変化10
技36うずしお3585みず特殊15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技45ダイビング80100みず物理10
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技51つららばり25100こおり物理30
技54ロックブラスト2590いわ物理10
技55しおみず65100みず特殊10
技64ゆきなだれ60100こおり物理10
技67こおりのキバ6595こおり物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技03ハイドロポンプ11080みず特殊5
技04なみのり90100みず特殊15
技05れいとうビーム90100こおり特殊10
技06ふぶき11070こおり特殊5
技16たきのぼり80100みず物理15
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技32かみくだく80100あく物理15
技46てっぺき--はがね変化15
技69しねんのずつき8090エスパー物理5
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技97サイコファング85100エスパー物理10
技98アクアブレイク85100みず物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別ふめい