ガチゴラス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ガチゴラス 節を編集

No.697 タイプ:いわ/ドラゴン
通常特性:がんじょうあご(キバを使った技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:いしあたま(技の反動ダメージを受けない)※チゴラスのとき「がんじょう」
体重:270.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
能力値HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ガチゴラス82121119695971521がんじょうあご/いしあたま

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/じめん/かくとう/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/2)ノーマル/でんき/ひこう/どく
いまひとつ(1/4)ほのお
こうかなし---

第六世代出身の化石ポケモンの一角。冠の雪原で復帰した。
唯一のいわ×ドラゴンの複合であり、弱点が多く、かつメジャーなものも多いのが気がかり。
ただし、猛威を振るうダイジェットを半減できるのは大きく、高威力の岩技で反撃できるのも強み。

新規習得技はインファイト、サイコファング、じゃれつく、スケイルショット等。
攻撃範囲が更に広がり、突破性能が上昇。サイコファングは特性のがんじょうあごも乗る。
失った技はダイジェットになるつばめがえしぐらいで、他は選択肢にも入らない程度のものばかり。
総じて全体的には強化面が大きいポケモンと言えるだろう。

ただし新要素ダイマックスとの相性はいまいち。
微妙な耐久を補えるのはいいとして、特性の効果が一切乗らなくなり、実質特性無しに。
幸い豊富な技範囲により、任意の追加効果を得ることには長じているが、
前述の通りつばめがえしを失ったことでダイジェットは使用できない。



特性考察 節を編集

がんじょうあご
通常特性。キバを使う技の威力が上昇する。サブウェポンに対象技が豊富。
範囲が広いが少々控えめな威力を補強することが出来、確定数にも影響が大きい。
一方で一致技には適用されないので、あくまで抜群狙いで。
いしあたま
隠れ特性。反動ダメージを受けなくなる。適用技はもろはのずつきのみ。
一致高火力技の使い勝手がよくなるので、ピンポイントだが採用価値は十分ある。
AもSも少々中途半端なのでスカーフやハチマキとの相性も良い。