ダグトリオ(アローラのすがた) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

このページはリージョンフォームのものです。
通常フォームはこちら→ダグトリオ

ダグトリオ(アローラのすがた) 節を編集

No.051 タイプ:じめん/はがね
通常特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
     カーリーヘアー(接触攻撃した相手の素早さを1段階下げる)
隠れ特性:すなのちから(天気が「すなあらし」の時、じめん、いわ、はがねタイプの攻撃技の威力が1.3倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
体重  :66.6kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ダグトリオHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ダグトリオ(アローラ)35100605070110425すなのちから/カーリーヘアー/すながくれ
ダグトリオ35100505070120425すながくれ/ありじごく/すなのちから
鋼/地HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ダグトリオ(アローラ)35100605070110425すなのちから/カーリーヘアー/すながくれ
ドリュウズ11013560506588508すなかき/すなのちから/かたやぶり
ハガネール7585200556530510がんじょう/いしあたま/ちからずく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/みず/かくとう/じめん
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/エスパー/むし/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)いわ
こうかなしでんき/どく

ダグトリオの「リージョンフォーム」。はがねタイプが追加され、防御が上がり素早さが下がった。
S110は原種より低いものの、はがねタイプとしてはすなかき発動中のドリュウズを除けば最速で、多くのフェアリーを上から叩ける。
複合タイプになったことで弱点であるくさこおりを克服したり、一致タイプが2つになったりと優秀だが、相手を逃がさない特性「ありじごく」は失われてしまった。
引き換えに得た「カーリーヘアー」は低耐久ゆえ扱いが難しく、ダグトリオにとって要であった素早さの低下に対して恩恵の薄い防御の上昇もあって原種ほど尖った強みはない。

何より単純なじめんタイプの高速物理アタッカーとしては、すなかきかたやぶりにより高い突破力を持つドリュウズがいる。
ありじごくのアイデンティティを失ったことで原種よりも競合相手はむしろ増えているため、差別化を意識した運用が重要となる。

差別化点としてライバルが持たない先制技のふいうちや、豊富なS操作手段とおきみやげによるサポート性能を活かしたい。
持ち物や天候に依存せずS109族まで抜ける点も鈍足の多い同タイプでは貴重な個性であるため、長所を活かして運用したい。

第八世代で習得した技はてっていこうせん、サイドチェンジ程度と少ない。
更に起点作りとして必須技だったステルスロックが没収されたのも痛い。
ダイマックスの導入によって自分で隙なく砂嵐を発生させられるようになった点はポイントか。

その他、登場ポケモンの一新によって、同タイプライバルのドリュウズがトップメタに躍り出ている。
単純な火力では勝ち目がないので、高い素早さからの搦め手や珍特性のカーリーヘアーなどで採用機会を見出したいところ。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

カーリーヘアー
ヌメルゴンぬめぬめと同効果の固有特性。接触技を受けると相手の素早さがダウン。
耐久が低いため居座って抜くことは難しく、元のSも高いため、どちらかといえば控えに後を託す意味合いの方が強い。
自身が鋼タイプになったことで接触技の多い格闘で発動を狙いやすいが、非接触技の多い地面も誘いやすい。
天候に依存しない特性はこれのみ。
すながくれ
天候が砂嵐の時は回避率が1.25倍。
低耐久ゆえ避ければおいしいが、それゆえに試行回数が稼げないので相性は良いとは言えないか。
ひかりのこな+どろかけ/かげぶんしんで命中率100%→54%に。
素早さが高いのと相性は良く、決まれば相手のダイマックスを意図的に誘い出せる。
自身のダイロックでも1ターン消費するのが難点なので、素早さと味方や敵のダイロックを活かして、技や道具で回避率を先に補完するのが吉。
すなのちから
隠れ特性。天候が砂嵐の時は岩・地面・鋼技の威力1.3倍。タイプ一致技を補強できる。
アタッカーとしての性能を高められるが、ドリュウズの存在が気がかり。
最速すなのちからAダグトリオは、A特化すなかきドリュウズに火力・素早さ共に劣る。
岩技の火力に関してはドリュウズの覚えないストーンエッジにより多少上回るものの、一致技2つの威力と素早さで劣る以上優位点としては弱い。
しかし原種同様、高速アタッカーとしてじわれ→超火力じだんだのコンボができるのはポイント。
じしんを二回撃った方が期待値としては高くギャンブル性が強いのは否めないが、ダブルバトルやグラスフィールド下では活きることも。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力<砂の力>命中効果解説
じしん100(150)<195>100-性能安定のメインウェポン。ダブルバトルでは使用に注意。
じだんだ75/150(112/225)<144/292>100-ダブルバトルやじわれの保険に。きまれば最高火力。
あなをほる80(120)<156>100溜め技ダイマックス枯らしになるがじしんに注意。
アイアンヘッド80(120)<156>100怯み30%怯みが狙えるメインウェポン。ダイスチルとしても。
ストーンエッジ100<130>80急所ランク+1対虫・飛行。地面技との相性補完に優れる。
いわなだれ75<97>90怯み30%命中重視なら。怯みも狙える。
がんせきふうじ60<78>100素早↓100%低耐久なので、後続のサポート用。
つばめがえし60必中-対草・虫。4倍ピンポイント。
ダイジェットの手段としても。過去作技マシン
ふいうち70100優先度+1読みが要るが高威力の先制技。
つじぎり70100急所ランク+1ふいうちよりは安定性がある。
シャドークロー70100急所ランク+1ゴーストタイプが増えたので刺さることは増えた。
きしかいせい20~200100-タスキやこらえるとあわせて。
じわれ-30一撃必殺耐久型対策。命中率は低いが当たれば一撃。がんじょうには効果無し。
すながくれ型なら試行回数を稼ぎやすいが浮遊に注意。
特殊技タイプ威力<砂の力>命中効果解説
てっていこうせん140(210)<273>100HP1/2消費退場技。すなのちからでそれなりの火力になる。
こちらの低耐久を利用して積みつつ倒しにくるダイマックスなどを回避できる。
おきみやげとは選択。
どろかけ20(30)<39>100命中率↓100%タイプ一致技。すながくれ型で。
飛行タイプや浮遊には効かないが、後続のサポートにもなる。
変化技タイプ命中解説
どくどく90耐久型対策。命中率は高いが即効性は無い。過去作技マシン
こらえる-カーリーヘアーやきしかいせいとあわせて。
おきみやげ100起点作りに。ダイマックス戦術にも刺さる。
ステルスロック-タスキ潰し・スリップダメージが狙える。起点作りに。
かげぶんしん-すながくれ型で。ふゆう持ちや飛行タイプに無効化されない。ダイウォールにもなる。過去作技マシン

型考察 節を編集

サポート型 節を編集

特性:カーリーヘアー
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ
優先技:おきみやげ/がんせきふうじorじならし
攻撃技:じしん/アイアンヘッド/ふいうち/じわれ
補助技:こらえる

ステロ没収により能力ダウンくらいしかできることはないが特性カーリーヘアーやがんせきふうじ・じならしと素早さを下げる手段は豊富。
火力ダウン兼自主退場技のおきみやげもあるため起点作り役としては未だ充分な性能を持つ。

耐久に振っても複数回受けられるような相手がいないため調整はAS振り@きあいのタスキ推奨。
上手く接触物理と対面させてカーリーヘアーが発動すればがんせきふうじでタスキを潰しつつ合わせてS2段階ダウン+おきみやげまで決められる。
こらえるでカーリーヘアーの発動回数を稼いだり物理エースの接触技に後出ししてS逆転しおきみやげで弱体化させるといった芸当も可能。
ダイマックス技は非接触なのとダイマックス対策で増えているみがわりに弱いのが難点。

物理アタッカー型 節を編集

特性:カーリーヘアー/すなのちから
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/いのちのたま
確定技:じしん/アイアンヘッド
優先技:ふいうち/ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ
攻撃技:きしかいせい/じわれ
補助技:こらえる/みがわり

スタンダードな速攻物理アタッカー。特性は砂パ以外ならカーリーヘアー。
すなのちからを活かすならギガイアスのだいばくはつから繋ぐのが理想。
しかしその場合、すなかきドリュウズが強力なライバルになるので、あちらにない優位点を見出していきたいところ。

鋼複合により耐性が増え、電気タイプのサブウェポンで弱点を突かれにくくなったが
ありじごくを失ったため安定して狩るのは難しくなった。

条件なしでS110族の地面鋼+岩+ふいうちに特性カーリーヘアーの効果を加えた攻撃範囲は思いのほか優秀で、
持ち物タスキでの対面からならリザードンミミッキュ等、かなり広い範囲の上位ポケモンに対して優位に立つことができる。

耐性は優秀だが耐久は貧弱なので、先発か死に出しでの運用が主になるが、
カーリーヘアーなら接触技読みで後出しして後続の起点作りも可能。
接触技主体の相手に対しては、こらえるでカーリーヘアーの複数回発動も狙える。


対ダグトリオ(アローラのすがた) 節を編集

注意すべき点
地面・鋼タイプとしては高い素早さからの速攻や、カーリーヘアーやおきみやげでの起点作りに長ける。
後続にギャラドス等の相性補完に優れる積みアタッカーが控えている事も多い。
対策方法
原種と異なり、ありじごくによる選出縛り能力は無い。耐久も低く倒しやすいので有利なポケモンで対抗。
タスキ持ちが多いので先制技や連続技が有効。非接触技ならカーリーヘアーも発動しないのでより安全だがじわれによる強行突破もあるため、できれば速攻で倒したい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
ディグダダグトリオ
-1すなじごく3585じめん物理15
-1たがやす--じめん変化10
-1つじぎり70100あく物理15
-1トライアタック80100ノーマル特殊10
11すなかけ-100じめん変化15
11メタルクロー5095はがね物理35
-1なきごえ-100ノーマル変化40
44なきごえ-100ノーマル変化40
77おどろかす30100ゴースト物理15
1010どろかけ20100じめん特殊10
1414マグニチュード-100じめん物理30
1818じならし60100じめん物理20
2222ふいうち70100あく物理5
2525どろばくだん6585じめん特殊10
-すなじごく3585じめん物理15
2830だいちのちから90100じめん特殊10
3135あなをほる80100じめん物理10
3541アイアンヘッド80100はがね物理15
3947じしん100100じめん物理10
4353じわれ-30じめん物理5

※進化したときに覚える。

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技37すなあらし--いわ変化10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th8th威力命中タイプ分類PP備考
げんしのちから60100いわ特殊5
ずつき70100ノーマル物理15
いのちがけ-100かくとう特殊5
おきみやげ-100あく変化10
きんぞくおん-85はがね変化40
あばれる120100ノーマル物理10
つめとぎ--あく変化15
おいうち40100あく物理20
きしかいせい-100かくとう物理15
こらえる--ノーマル変化10
だましうち60-あく物理20
ふくろだたき-100あく物理10

教え技 節を編集

7th8th威力命中タイプ分類PP備考
てっていこうせん14095はがね特殊5
いびき50100ノーマル特殊15
てっぺき--はがね変化15
だいちのちから90100じめん特殊10Lv
ステルスロック--いわ変化20
アイアンヘッド80100はがね物理15Lv
じだんだ75100じめん物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化ディグダ(Lv26)→ダグトリオ

遺伝経路 節を編集