ツボツボ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ツボツボ 節を編集

No.213 タイプ:むし/いわ 
通常特性:がんじょう(一撃必殺技を受けない・HP満タン時に攻撃技でひんしになるダメージを受けても必ずHPが1残る) 
     くいしんぼう(本来、HPが最大HPの1/4以下の時に使用するきのみを、HPが最大HPの半分以下の時に使うようになる)
隠れ特性:あまのじゃく(自分の能力ランクの変化が逆転する)
体重  :20.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
最遅HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ツボツボ2010230102305505がんじょう/くいしんぼう/あまのじゃく
ゴンベ135854040855390ものひろい/あついしぼう/くいしんぼう
(86)(137)(488)しんかのきせき・B振り
ナマコブシ5560130301305410とびだすなかみ/てんねん

砂嵐換算・しんかのきせき換算はおおよその目安。

虫/岩HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ツボツボ2010230102305505がんじょう/くいしんぼう/あまのじゃく
イワパレス7095125657545485がんじょう/シェルアーマー/くだけるよろい

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/はがね/いわ
いまひとつ(1/2)ノーマル/どく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第二世代出身のいわ×むし複合タイプにして、極端な種族値配分が目を引くポケモン。
素早さ最下位タイ・攻撃性能皆無だが、ギルガルドよりひと回り堅い程度の耐久値を持つ。
優秀な変化技を多く備え、サポーターとしての適性に優れ、とりわけステルスロック+ねばねばネットを唯一両立可能であることは特筆に値する。
起点回避のアンコール、無効のない削り技であるまとわりつくなども覚え、数値から感じるような癖もなく扱いやすい。
極端な鈍足もトリックルーム下では強みに転じることができ、ダブルではいわなだれ・おさきにどうぞ等を有効活用できる。

難点としては、やはりその攻撃性能の低さが挙げられる。
起点化を狙う相手にはアンコールが対抗策になるが、ちょうはつ・みがわりには非常に弱い。
強みであるステルスロック・ねばねばネットは相手の交換を前提としており、先鋒のポケモンに全抜きされては意味がないのも悩みどころ。
また、高耐久とはいえ耐性に乏しく、回復技もねむるに依存せざるを得ないため、一致技やダイマックスによるゴリ押しで処理されやすい。
特性「がんじょう」が保険にはなるが、無理はさせないようにしたい。

総じて役割遂行には長けているものの、妨害には弱く、役割外の動きをする柔軟性はない。

第八世代の新規習得でめぼしいものはてっぺき程度。
一方で没収技も特に採用前提になるものも無い為、動かし方としては前世代とさほど変化はない。
ただ、自慢の耐久はダイマックスで崩されやすくなった点は注意。
特にキョダイマックスインテレオンはキョダイソゲキにより、「がんじょう」を無効化して確1にしてくる。
特性「あまのじゃく」だと環境に蔓延するダイホロウに強いのは利点だが、一方で自身とダイマックスの相性が悪くなる等一長一短。

ツボツボのダイマックスについて

⇒もともとの難所であるHPの低さをそのままカバーするため、非常に相性が良い。
⇒ダメージソースおよび特防強化。貴重なわざ枠を有効活用しやすくなった。
↑どう考えてもダイマックスするようなポケモンではなく、補助技主体のポケモンなので長所にこれを挙げるのはおかしいです。
↑「ダイマックス=エースポケモン」というのは先入観ではないでしょうか?
特にウオノラゴンなどのダイマックスと相性の悪いポケモンをエースとする場合、ツボツボがダイマックスで手数を増やすことも不合理ではありません。
なおかつあなたの仰る補助主体であっても岩石封じというデバフ技を活かしながらダイマックスで砂撒きができるのも事実です。
↑ダイマックスは高火力と高耐久を同時に得られるのがコンセプトなので、火力が皆無なツボツボがダイマックスと「非常に相性が良い」はさすがに言い過ぎでは?
「自身が壁役になって相手の猛攻を一時的に凌げる」以外にダイマックスを切る理由が見当たりません。
↑1~3←意見をまとめてみました。(2020/6/10)
↑*3まず第一にどのポケモンでもダイマックスできるので、HP上昇は“ツボツボの長所”ではありません。
第二にダイマックスエースは相手のダイマックスを返り討ちにしたり2タテ、3タテも可能です。
ツボツボをダイマックスさせるということは、ダイマックスの特徴である高火力を完全に捨てることになるので
その不利な部分を覆すだけの理由がなければ、実用性を二の次にしているのでwikiで扱う内容ではありません。
また不利対面でのダイマックスは消極的な利用であり、且つタイミングを読めるならダイウォールから入ることで
かなり多くのポケモンで同じことができます、ツボツボのみと言える明確な利点は最遅からの確実な砂撒きくらいです。
砂撒きが戦況に大きく影響するのは砂かきアタッカーがいる場合であり、それならドリュウズにダイマックスを切るほうが自然です。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

がんじょう
一撃は必ず耐え、一撃必殺も無効化するので安定感はある。
ただし、ツボツボ自体非常に硬いので1発耐えられる場面が非常に多い。
ドリュウズオノノクスなどかたやぶりに貫通されるのは忘れずに。
くいしんぼう
フィラの実などと合わせて。ハマれば要塞に。
ただし調整が難しい。第八世代では回復量が1/3に下がった。
あまのじゃく
隠れ特性。からをやぶるでBD上昇。元が絶望的なのでACS下降は気にならない。ダブルではタコがためを受けて毎ターン強化する戦法も。
相手のダイホロウやダイアークでも耐久を強化できる。
自身のダイスチル、ダイアースで耐久が下がるため注意。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
がんせきふうじ60(90)95素早さ↓100%後続へのサポート。高耐久のおかげで複数回撃ちやすい。
はたきおとす65→97100持ち物無効化タマゴ技・過去作教え技。追加効果が優秀。
ジャイロボール~150100-最遅なら実値54以上の相手に最大威力。
パワートリックしないと火力不足。
ストーンエッジ100(150)80急所率+1パワートリック型用。命中不安。
いわなだれ75(112)90怯み30%トリル下で怯みを狙う。
じしん100100-パワートリック型用。
あなをほる80100溜め攻撃相手のダイマックスを切らす、どくどくや砂嵐などのターン稼ぎに。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
まとわりつく20(30)100拘束全タイプに通る拘束技。どくどくと合わせてダメージソースに。接触技。
むしのていこう50(75)100特攻↓100%特殊流し性能が上がる。
りんしょう60100後続同技威力2倍トリル下最速のりんしょう使い。
変化技タイプ命中備考
どくどく90拘束技で逃げられないようにした後追い込む。毒や鋼、めんえきには効果無し。
すなあらし-特防1.5倍。砂パなら後続の補助になる。
まもる-どくどく・まとわりつく・砂嵐のダメージ稼ぎに。
ステルスロック-今作ではわざレコードで習得。後続へ負担をかける。
ねばねばネット-飛行、ふゆう以外の素早さを下げる優秀な設置技。
アンコール100相手の補助技読みで後続有利を得る。トリル下なら先手で縛れる。
いえき100特性頼みの戦術を破綻させる。
パワーシェア-相手の火力を下げ、自分の火力を上げることができる。
ガードシェア-HPの高い味方の耐久力を大きく引き上げられる。
からをやぶる-あまのじゃくならコスモパワー感覚で使える。だっしゅつパックで後続無償降臨も可能。
おさきにどうぞ-過去作教え技。ダブル用・トリル下最速で相方を動かせる。
パワートリック-攻撃実数値と防御実数値を交換。意表をつけるが物理は紙耐久に。サポート必須。
ねむる-回復に。
ねごと-ねむるとセットで。

ダイマックス技考察 節を編集

ツボツボは火力が全くないため、ダイマックスには向いていない。相手の攻撃を強引に耐える必要がある場合のみ、防御目的で使う。
その場合でも、後続をダイマックスさせたほうがいいケースが多い。
最悪切らざるを得なかった場合でもダメージには一切期待せず追加効果を重視して狙うべきだ。

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイワームむしくい110(165)相手:C↓通常のむしのていこうで事足りる。
むしのていこう100(150)
まとわりつく90(135)
ダイロックストーンエッジ
いわなだれ
130(195)天候:砂嵐砂嵐で特防1.5倍。
がんせきふうじ120(180)
ダイスチルジャイロボール130味方:B↑物理攻撃を受ける際に。
無振り28族(クレベース)より速い相手へは元より威力が下がる。
ダイアースじしん
あなをほる
130味方:D↑むしのていこうで代用可能。
すなじごく
どろかけ
90
ダイナックルきしかいせい90味方:A↑パワートリック時以外、使う場面は無い。
ダイアークはたきおとす120相手:D↓追加効果で後続のサポート。パワートリック時は対ゴースト
ダイアタックまきつく90相手:S↓がんせきふうじで十分。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックス技を凌ぐ。

型考察 節を編集

ステルスロック撒き兼後続サポート型 節を編集

特性:がんじょう
性格:ずぶとい/わんぱく/のんき
努力値:HP252 残り耐久
持ち物:レッドカード/メンタルハーブ
確定技:ねばねばネット/ステルスロック/がんせきふうじ
選択技:まとわりつく/はたきおとす/パワーシェア/アンコール

現環境にいるツボツボの中心となる型。
非常にちょうはつを誘いやすいものの、ステルスロックとねばねばネットを両立できるのが最大の強み。

どくどく耐久型 節を編集

特性:がんじょう/あまのじゃく
性格:ずぶとい/わんぱく/のんき
努力値:HP252 残り耐久
持ち物:しめつけバンドorゴツゴツメットorたべのこし
確定技:どくどく/まとわりつく/ねむる
選択技:すなあらし/ねごと/まもる/パワーシェア/アンコール/からをやぶる

毒を撒いて縛って粘る。金銀時代から変わることのない王道パターン。
持ち物及び選択技はダメージソース重視なのか耐久性重視なのかを検討した上で選ぶこと。
からをやぶるは特性あまのじゃくと組み合わせて耐久を上げることができる。
ダブルバトルではオトスパスの「【ダブル】あまのじゃくサポート型」というシナジーも選択肢に入るようになった。
たこがため×あまのじゃくで毎ターン自動コスモパワー状態となる他、みずびたしで攻防のタイプ相性に介入が可能。

【ダブル】パワートリックアタッカー型 節を編集

特性:がんじょう
性格:のんき
努力値:HB252/BD252
持ち物:いのちのたま/ラムのみ/オボンのみ/フィラのみ
確定技:パワートリック/ストーンエッジorいわなだれ
選択A:ジャイロボール/じしん/むしくい/はたきおとす(準フルアタ)
選択B:ねむる/どくどく(耐久兼用)

パワートリックをすればA種族値が230という数値になるが、B種族値が10と壊滅的になる。Dは変わらない。
同一ターンに味方のトリックルームとパワートリックを重ねれば比較的安全に次ターン攻撃ができる。
チャンスが無ければどくどく型になる耐久兼用か、ギャンブル性の高い準フルアタかは任意。
タイプ一致ではないものの、ツンデツンデよりも遅いため、トリックルーム下では最速のジャイロボール使いになる。

↑この型、イワパレスが「からをやぶる」でAS伸ばす方がよほど実用的では?
ダブルはまだしも、シングルではトリル展開→交代or死に出し→パワートリック、で残り2ターンしか殴れない。御膳立てに対してリターンが少なく、ネタの域を出ないと思われる。先制技にも弱く、A下降補正無振りグレイシアの こおりのつぶて ですら乱数2発。
↑そうですね、その2ターンもダイウォール等されると実質1ターンしかまとも行動できません。
トリル下での圧倒的素早さという個性はありますが、トリル役を用意してまでの実用性があるかどうかは疑問が残ります。
ノートへの降格を考えてもいいように感じます。
↑過度の「〇〇の方が~~」でのノート行きは記事の寿命を縮めるだけではないでしょうか。現に「イワパレス:ACS↑↑&BD↓」と「ツボツボ:実質A↑↑↑↑↑↑&B↓↓↓↓↓↓(特殊そのまま)」は強みも弱みも異なります。ダブル向けとして書き直してみました。
↑二番目に異論を出したものですがこの型はシングルとして考察されていました。
シングルであれば上記の通り実用性があるとは言えず、ダブルバトルでは未検証です。
ツボツボはその種族値に合った独自の型がすでに存在しているため、差別化要素があるだけで型を作るのではなく
wikiのルールに基づきしっかりと実用性が検証されるべきです。
未検証の型を載せるならノートが適切です。
↑最初に問題提起した者です。
そもそも、ツボツボがパワートリックするのとA90族が剣舞するのと、A実数値はほぼイコールになる。2ターン準備して紙耐久を晒して攻撃するくらいなら、そこそこ素早いポケモンで素直に剣舞や竜舞すればいいのが現実。上の指摘通りで、本当に有用性があるのか怪しいレベルの型なので、一旦ノート→実用性があれば元に戻すのが良いと思われる。

【ダブル】トリパサポート兼アンチトリパ型 節を編集

特性:がんじょう/あまのじゃく/くいしんぼう
性格:のんき/なまいき
努力値:HP252 残り耐久
持ち物:メンタルハーブ/フィラのみ系/オボンのみ
確定技:おさきにどうぞ
選択攻撃技:いわなだれ/まとわりつく/りんしょう/むしのていこう/はたきおとす/いのちがけ
選択変化技:まもる/てだすけ/パワーシェア/アンコール/いえき/ガードシェア

自身がトリパを組みつつも、相手に先んじて妨害または相方を動かせるのが最大のポイント。
様々な攻撃技が候補に入るためちょうはつを受けても機能停止しづらい。
ツンデツンデより低いS種族値は貴重。

第七世代でのフィラのみ系の仕様変更により、サポート中心のこの型ならくいしんぼうも候補に入るようになった。

いのちがけはインファイトを覚えるナゲツケサルに能動的にあまのじゃくを渡すための手段。威力は期待できない。

ガードシェアを味方に使えば味方の耐久を大きくあげる事が可能。特にHB特化きせきラッキーにHB特化ツボツボがガードシェアを使った場合、ラッキーの耐久指数は物理耐久指数99603、特殊耐久指数99960となる。ラッキー自身もトリルパへの適性は高め。
ツボツボの耐久はガードシェア後は物理は3/5、特殊は3/4になるため残り続けるのは難しい。

↑考察に一貫性が乏しいのでは。
トリックルームは貼った後の数ターンでどれだけ殴れるかが大事。ただ硬くなって定数ダメージに頼るだけなら、トリルは要らない。ツボツボにしろラッキーにしろ火力が貧弱なので、ただSが低いだけでトリパへの適性が高いとは言えない。ナゲツケサルにあまのじゃくを渡すのはハマれば強いが、こちらも1体犠牲になるので、相手2体を倒すくらいのリターンが無いと割に合わない。ナゲツケサルはS80族なので、トリパには入りにくい。
様々な攻撃技が選択肢に入り挑発に強いとあるが、挑発を受けても多少の妨害を遂行できる程度で、挑発が痛いことに変わりはない。
フィラのみは第八世代で回復量が1/2→1/3に減っており、積極的に採用できるか要検証。
総じて型を独立させるだけの根拠に乏しく、どくどく耐久型への統合が検討される。
↑実用性に乏しいのでノート行きを提案します。
↑そもそもこの型は型名にある通りダブル前提です。ダブルなら味方との連携で補助技を低リスクで使用するのは難しくない。
そしてすばやさはイワパレスとツボツボの間にはかなりの差がありトリックルーム中イワパレスに先攻できるポケモンは珍しくないがツボツボに先攻できるポケモンはほとんどいない。
火力は相方に任せて先手でいわなだれをするだけでも有用だし火力以外にも先手で行動できるというのはそれだけで有利になる。


対ツボツボ 節を編集

注意すべき点
硬さを活かしてねばねばネットやステルスロックで場作りを担当する型が多い。
どくどくやまとわりつくを使い定数ダメージで削ってくる。
あまのじゃく+からをやぶるで耐久上昇も。アンコールも厄介。
ダブルだと遅さを活かして、トリックルーム下のいわなだれで怯みを狙って来る。サポート技も多い。
対策方法
ちょうはつで機能停止する。みがわりを張れば砂嵐以外ほぼダメージを受けない。
HPが低いので、ちきゅうなげ、ナイトヘッド等の定数ダメージにも弱い。
あまのじゃくやくいしんぼうの場合は一撃必殺技も有効(かたやぶりならがんじょうを貫通できる)。
耐久は高いものの、素の状態であれば、水・岩・鋼の高火力技なら押し切れる。C特化シャワーズのハイドロポンプで確定2発、ギルガルドのラスターカノンで高乱数2発(96.4%)。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rdDPPt
HS
BWBW26th
SM
威力命中タイプ分類PP備考
-----1ねばねばネット--むし変化20
111111からにこもる--みず変化40
111111からみつく10100ノーマル物理35
2891111がまん--ノーマル物理10
---3711ころがる3090いわ物理20
14149755アンコール-100ノーマル変化5
927221399まきつく1590ノーマル物理20
----1212むしのていこう50100むし特殊20
232214191616しんぴのまもり--ノーマル変化25
373527252020ねむる--エスパー変化10
----2323いわおとし5090いわ物理15
-4035312727いえき-100どく変化10
-4848433131パワートリック--エスパー変化10
----3434からをやぶる--ノーマル変化15
----3838いわなだれ7590いわ物理10
--40494242むしくい60100むし物理20
---554545パワーシェア--エスパー変化10
---554545ガードシェア--エスパー変化10
----4949ストーンエッジ10080いわ物理5
-----53ねばねばネット--むし変化20

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技17まもる--ノーマル変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技37すなあらし--いわ変化10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技69ロックカット--いわ変化20
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技83まとわりつく20100むし特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技76むしのていこう50100むし特殊20Lv
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第3世代~第4世代
技58こらえる--ノーマル変化10
技76ステルスロック--いわ変化20教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
VC第2世代
技02ずつき70100ノーマル物理154th:教え技
技03のろい--ゴースト変化10
技04ころがる3090いわ物理204th:教え技
技08いわくだき40100かくとう物理15XY:技94
技20こらえる--ノーマル変化104th:技58
技28あなをほる80100じめん物理106th:技28
技40まるくなる--ノーマル変化403rd:教え技
秘04かいりき80100ノーマル物理156th:秘04
秘05フラッシュ-100ノーマル変化206th:技70

タマゴ技 節を編集

2nd3rd4th5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
あまいかおり-100ノーマル変化20
はたきおとす65100あく物理20教え
つぼをつく--ノーマル変化30
ようかいえき40100どく特殊30
いのちがけ-100かくとう特殊5
まるくなる--ノーマル変化40
どくどく-90どく変化10
ほしがる60100ノーマル物理25
まとわりつく20100むし特殊20
てだすけ--ノーマル変化20教え
すなじごく3585じめん物理15
どろかけ20100じめん特殊10
ロックブラスト2590いわ物理10

教え技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
だいちのちから90100じめん特殊10
てだすけ--ノーマル変化20タマゴ
いえき-100どく変化10Lv
HSむしくい60100むし物理20Lv
しめつける1585ノーマル物理20
おさきにどうぞ--ノーマル変化15
はたきおとす65100あく物理20タマゴ
ステルスロック--いわ変化20
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
FL/Emいわなだれ7590いわ物理10Lv/技80
みがわり--ノーマル変化10技90
Emころがる3090いわ物理20Lv
Emこらえる--ノーマル変化104th:技58
Emどろかけ20100じめん特殊10タマゴ
Em/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
Emまるくなる--ノーマル変化40
げんしのちから60100いわ特殊5
HSいとをはく-95むし変化40
HSずつき70100ノーマル物理15

遺伝 節を編集

タマゴグループ
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
あまいかおりレベルミツハニー♂/アブリボン系統
いのちがけレベルアギルダー系統
つぼをつくレベルドラピオン系統
どくどくレベルドラピオン系統/アギルダー
はたきおとすレベルドラピオン系統
旧自力教え技(12BP)
ほしがるレベルアブリボン
まとわりつくレベルオニシズクモ系統/モスノウ
まるくなるレベルグソクムシャ系統
ようかいえきレベルアギルダー系統

VC第2世代

習得方法覚える系統
あまいかおりマシンバタフリー/スピアー/パラセクト系統/モルフォン系統/レディアン系統/フォレトス系統