トルネロス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

トルネロス 節を編集

No.641
・けしんフォルム
タイプ :ひこう
通常特性:いたずらごころ(使用する変化技の優先度が+1されるが、相手があくタイプだと技は必ず失敗する)
隠れ特性:まけんき(相手に能力を下げられた時、攻撃が2段階上がる)
体重  :63.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)

・れいじゅうフォルム
タイプ:ひこう
特性 :さいせいりょく(手持ちに戻るとHPが最大値の1/3回復する)
体重 :63.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
両刀一致ダイジェットHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
トルネロス(化身)791157012580111580いたずらごころ/まけんき
トルネロス(霊獣)791008011090121580さいせいりょく
ランドロス(化身)891259011580101600すなのちから/ちからずく
ランドロス(霊獣)89145901058091600いかく
ボーマンダ951358011080100600いかく/じしんかじょう
カイリュー911349510010080600せいしんりょく/マルチスケイル

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/むし/かくとう
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん

最終進化系では任意タイプを選べるアルセウスとシルヴァディを除くと、唯一のひこう単タイプのポケモン。
これだけで唯一無二の個性となるうえ、化身フォルムと霊獣フォルムどちらも特性・種族値ともに優秀。

高速アタッカーとして優れた能力を持っている一方で、過去世代ではボルトロスとの比較で不遇扱いされる事が多かった。
特に化身フォルムは、ボルトロスと同一種族値・同一特性であり、タイプの違いも一致技と耐性が少ないだけの完全劣化と言ってよい。[1]
差別化には、おいかぜ・ぼうふう・エアスラッシュ・ねっぷう・こごえるかぜなど、ボルトロスの覚えない技が重要になる。

第八世代では、新要素ダイマックスの登場により立場が一変。
ダイジェットの流行、めざめるパワーの廃止といった環境の変化に対し、ボルトロスとの習得技の差が顕在化。
わるだくみの習得も大きく、参考までに補正無しC252振りの特攻2段階上昇の珠ダイアイスで無振りサンダー、HP252ボルトロスを確1。
ボルトロスが特殊飛行技を持たないために個体数を減らす中、特殊型については差別化が容易になった。

ただし、物理型についてはやはりボルトロスとの差別化が課題。
また特殊アタッカーとしても、単タイプなので飛行技以外の打点が低く、特性も火力に直結するようなものではない。
以前より差別化はしやすくなっているが、相変わらず課題は多い。
いたずらごころや再生力など、珍しい特性を活かして差別化を図りたい。

優先度+1で放てるおいかぜの存在は過去世代から大きく、禁止伝説解禁ダブルバトルであるGSルールでは、カイオーガとの組み合わせで非常に高い使用率を記録していた。
いたずらごころによる先制おいかぜ、あまごい、ちょうはつでサポートしつつ、雨下の必中ぼうふうによりカイオーガの苦手な草タイプに弱点を突くことが可能だからである。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



形態考察 節を編集

化身フォルム 節を編集

通常の姿。タイプ面ではボルトロスの劣化気味だが、いたずらごころ+おいかぜによりサポート性能では勝る。

ボルトロスがでんじはやいたずらごころ弱体化の影響を大きく受けているのに対し、こちらはほぼ影響無し。

いたずらごころ
通常特性。変化わざを先制で繰り出せる。
おいかぜ等自身や味方に効果のある変化わざは、あくタイプ、かがくへんかガスじょおうのいげん、サイコフィールド等でも無効化されない。
まけんき
隠れ特性。主にダブルバトルでいかくを受けてから物理アタッカーとして。おいかぜによるサポートもできダブル適性はそこそこ。
ただし、ボルトロスが習得しない技を覚えさせない限り、耐性が完全上位互換のボルトロスを差し置いて採用する理由がなく、物理技での差別化は非常に難しい。

霊獣フォルム 節を編集

化身フォルムに比べ攻撃面が下がる代わりに、耐久面と素早さが上昇、特性がさいせいりょくに変更される。
120族を抜ける高い素早さ、とんぼがえり+さいせいりょくによるサイクル戦性能など、火力を除けば化身フォルム以上に優秀。
ただし特性で回復できてもはねやすめは覚えられないので注意。ねむるは勿論覚えられる。

さいせいりょく
耐久の上昇、とんぼがえりと好相性。フォルムチェンジで落ちる火力はいのちのたまで補い、さいせいりょくによる回復でいのちのたまダメージを補うことができる。

技考察 節を編集

※化身・霊獣ともに覚える技に違いは無い。

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致技。雨下で必中。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。怯みも狙える。
ねっぷう9590火傷10%対鋼。ダブルでは相手全体攻撃。
きあいだま12070特防↓10%対岩・鋼。飛行技との相性補完に優れる。
こごえるかぜ5595素早↓100%追加効果が優秀。ダブルでは相手全体攻撃。
くさむすび20~120100-対岩。威力不安定。
ヘドロウェーブ95100毒10%フェアリーに抜群だが、飛行技と範囲が被る。ダブルでは周囲全体攻撃。
あくのはどう80100怯み20%ドラパルトAガラガラに。
ウェザーボール50/100100-晴れ・雨で威力150。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
アクロバット55/110
(82/165)
100持ち物未所持時威力2倍一致技。扱いにくいが、道具を工夫をすればそれなりの威力で連発可能。
そらをとぶ90(135)95溜め技一致技。ダイマックスにより優位性は上がった。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対岩・鋼。能力低下が痛い。
イカサマ95100-攻撃無振り、下降時でも使える攻撃わざ。いばるとあわせて。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退。さいせいりょく、ばかぢからと相性がよい。
ぶんまわす60100-ダブルで相手のタスキを潰しつつ悪弱点の相方のじゃくてんほけんを発動させる。
主にメタグロスなど。
なげつける-100持ち物次第敵の妨害や味方のサポートを、アクロバットの威力2倍と兼ねる。
変化技タイプ命中備考
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ強化。いたずらごころで繰り出すと強力。
ちょうはつ100補助技対策。展開阻止に。あくタイプ等無効化手段に注意。
みがわり-何かと有用。いたずらごころなら先制可能。さいせいりょくなら回復可能。
あまごい-天候始動や上書き、ぼうふう必中化に。ねっぷうと相性が悪い。
いばる85みがわりやイカサマとあわせて。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイジェットぼうふう140(210)味方:S↑一致技。わるだくみからのダイジェットが非常に強力。
ダブルのサポート役でもいざという時に自分がダイジェットエースになれる。
そらをとぶ
エアスラッシュ
130(195)
アクロバット110(165)
ダイバーンねっぷう130天候:晴れメタグロスカミツルギテッカグヤなどの鋼。2発目は威力1.5倍。
ダイナックルばかぢから
きあいだま
95味方:A↑元技より威力は下がるがデメリット無し。物理型なら火力上昇。
ダイアイスこごえるかぜ110天候:霰ボーマンダランドロスなど相性補完。氷4倍相手に先手は取りやすい。
ダイアシッドヘドロウェーブ
ヘドロばくだん
90味方の特攻↑特殊ダイジェットエースの積み技。
ダイアークあくのはどう130相手:D↓ドラパルトなどの霊。追加効果で特殊受けを崩す。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン枯らしに。

型考察 節を編集

化身フォルム 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりメガネ/いのちのたま/たつじんのおび
確定技:エアスラッシュorぼうふう
優先技:ねっぷう/こごえるかぜ/きあいだま
攻撃技:くさむすび/ヘドロウェーブ/ばかぢから/とんぼがえり/イカサマ
補助技:おいかぜ/みがわり/ちょうはつ/わるだくみ

高い特攻と素早さを活かすアタッカー型。飛行+格闘+炎の攻撃範囲は非常に広い。
こごえるかぜを持たせればS操作ができるため、きあいのタスキと合わせれば環境に多い氷弱点相手などを対面処理できる。
ボルトロスとの差別化のためにもねっぷう・こごえるかぜは優先的に採用したい。

選択飛行技についてだが、目安としてC252エアスラッシュが無振りガブリアスを確3の威力。
持ち物がきあいのタスキの場合、等倍相手なら一度でも怯ませることができれば大抵は突破できると見てよい。
ぼうふうなら同ガブリアスを確2、持ち物による火力補強が加われば多くのポケモンを乱数1発圏内に持ち込める。
追加効果に掛けるならエアスラッシュ+きあいのタスキ、早期処理で突破を狙うならぼうふう+火力補強アイテムといったところ。
第八世代ではダイジェットにする事で低威力や命中難を補えるようになった。

おいかぜ脱出型 節を編集

特性:いたずらごころ
性格:ようきorおくびょう
努力値:S252 HorAorC252
持ち物:だっしゅつボタン
確定技:おいかぜ/アクロバットorぼうふうorエアスラッシュ
優先技:ちょうはつ/ばかぢからorきあいだま
選択技:くさむすび/ねっぷう/とんぼがえり/みがわり

先制おいかぜ→だっしゅつボタンでエースをサポートする型。いたずらごころによりスカーフを警戒しなくてすむのが利点。
素の素早さも高いため、しんそくやねこだまし以外の先制技に妨害されにくい点も優秀。
同様の先制おいかぜ使いにエルフーンファイアローがいるが、エルフーンとは攻撃性能、ファイアローとは格闘技で差別化可能。

【ダブル】素早さ操作型 節を編集

特性:いたずらごころ
性格:おくびょう
努力値:S252 C252
持ち物:きあいのタスキ/メンタルハーブ
確定技:おいかぜ/こごえるかぜ
選択技:ぼうふうorエアスラッシュ/ぶんまわす/ねっぷう/ちょうはつ/まもる

優先度+1からのおいかぜで優位を取り、追い風ミラーにおいてこごえるかぜで更に操作するダブルにおける化身トルネロスの基本形。
ファイアロー・エルフーンとの差別点はこごえるかぜに加え火力の高さなので、努力値は特攻に振り切りたい。
また隣のポケモンのじゃくてんほけんの起動、相手のタスキを潰す技のぶんまわすも候補に入り、わざの採用率も4位と高い。
その場合攻撃の個体値はなるべく低くしておきたい。相方はメタグロスなど。

霊獣フォルム 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/きあいのタスキ/ラムのみ
確定技:ぼうふうorエアスラッシュ
優先技:とんぼがえり/ねっぷう/こごえるかぜ/きあいだま
攻撃技:ヘドロウェーブ/くさむすび
補助技:ちょうはつ/おいかぜ/みがわり/わるだくみ

化身フォルム同様、飛+格闘の攻撃範囲を活かすアタッカー型。
攻撃面の種族値では劣るが、さいせいりょくによりいのちのたまの反動を回復できるメリットがある。
とんぼがえりとの相性もよい。耐久が上がったため、有利な相手には何度も繰り出していける。
全ポケモン中唯一の一致ダイジェット+わるだくみ+特殊ダイアイスが使えるポケモンなので、出来ればこごえるかぜは積極的に採用したいところ。

HPに36振ると実数値159となり、さいせいりょくの回復量・いのちのたまの定数ダメージの効率がよくなる。
ステルスロックのダメージが増えてしまうものの、さいせいりょくを加味すると利点の方が大きい。


対トルネロス 節を編集

注意すべき点
フォルムによって種族値や特性が異なるため、それぞれの特徴を把握しておく必要がある。
化身フォルムはおいかぜでのサポート、霊獣フォルムは耐久を活かしたサイクル戦に長ける。
いずれのフォルムも特攻・素早さが高く、攻撃範囲も広いのでアタッカーとしても侮れない。
対策方法
電気タイプには有効打が無い。サンダーボルトロスなど飛行複合はこごえるかぜ、ダイアイスを持っている可能性に注意。積まれる前なら耐えて返り討ちにできる。
きあいだまの使用率が大幅に下がっているため炎、飛行で弱点を突かれないバンギラスなども有効。
ダブルでは相手のエースが落とされない限りは相手のトルネロスがダイマックスをしてくることはほぼないので初手からねこだましで行動を縛ってしまうのがよい。
エルフーンも上から挑発を撃てるがメンタルハーブ持ちがそこそこおり飛行技で弱点を突かれるためやはりねこだましで初手からトルネロスを縛るのが良い。
トルネロスが追い風で展開をする前にこちらが盤面を有利にしてしまおう。
また、がんせきふうじやこごえるかぜは、弱点を突きつつ素早さを下げられるので効果は絶大。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1おどろかす30100ゴースト物理15
1かぜおこし40100ひこう特殊35
5にらみつける-100ノーマル変化30
10いばる-85ノーマル変化15
15かみつく60100あく物理25
20エアカッター6095ひこう特殊25
25こうそくいどう--エスパー変化30
30おいかぜ--ひこう変化30
35エアスラッシュ7595ひこう特殊15
40かみくだく80100あく物理15
45じんつうりき80100エスパー特殊20
50さわぐ90100ノーマル特殊10
55アームハンマー10090かくとう物理10
60あまごい--みず変化5
65ぼうふう11070ひこう特殊10
70あばれる120100ノーマル物理15

過去世代

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
-11あばれる120100ノーマル物理15
-11アームハンマー10090かくとう物理10
-11ぼうふう11070ひこう特殊10
-1-おいかぜ--ひこう変化30
111さわぐ90100ノーマル特殊10
111おどろかす30100ゴースト物理15
111かぜおこし40100ひこう特殊35
771いばる-85ノーマル変化15
13137かみつく60100あく物理25
191913リベンジ60100かくとう物理10
252519エアカッター6095ひこう特殊25
313125じんつうりき80100エスパー特殊20
373731こうそくいどう--エスパー変化30
434337エアスラッシュ7595ひこう特殊15
494943かみくだく80100あく物理15
555549おいかぜ--ひこう変化30
616155あまごい--みず変化5
676761ぼうふう11070ひこう特殊10
737367あくのはどう80100あく特殊15
797973アームハンマー10090かくとう物理10
858579あばれる120100ノーマル物理15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06そらをとぶ9095ひこう物理15
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技23どろぼう60100あく物理25
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技26こわいかお-100ノーマル変化10
技27こごえるかぜ5595こおり特殊15
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技33あまごい--みず変化5
技39からげんき70100ノーマル物理20
技42リベンジ60100かくとう物理10
技43かわらわり75100かくとう物理15
技46ウェザーボール50100ノーマル特殊10
技56とんぼがえり70100むし物理20
技57しっぺがえし50100あく物理10
技58ダメおし60100あく物理10
技59なげつける-100あく物理10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技78アクロバット55100ひこう物理15
技95エアスラッシュ7595ひこう特殊15
技97ぶんまわす60100あく物理20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技58フリーフォール60100ひこう物理10
技63さしおさえ-100あく変化15
技87いばる-85ノーマル変化15Lv
技88ねごと--ノーマル変化10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技 節を編集

なし。

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
うっぷんばらし75100あく物理5

過去世代

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
さわぐ90100ノーマル特殊10技レ35
こごえるかぜ5595こおり特殊15技マ27
アイアンテール10075はがね物理15技レ31
イカサマ95100あく物理15技レ81
ばかぢから120100かくとう物理5技レ39
いびき50100ノーマル特殊15技マ24
はたきおとす65100あく物理20
なりきり--エスパー変化10
ねっぷう9590ほのお特殊10技レ36
おいかぜ--ひこう変化30Lv
きりばらい--ひこう変化15
あくのはどう80100あく特殊15技レ58
ねごと--ノーマル変化10技レ27

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技11サイコキネシス90100エスパー特殊10
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技20みがわり--ノーマル変化10
技22ヘドロばくだん90100どく特殊10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技32かみくだく80100あく物理15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技36ねっぷう9590ほのお特殊10
技37ちょうはつ-100あく変化20
技39ばかぢから120100かくとう物理5
技48ビルドアップ--かくとう変化20
技58あくのはどう80100あく特殊15
技64きあいだま12070かくとう特殊5
技68わるだくみ--あく変化20
技77くさむすび-100くさ特殊20
技78ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技81イカサマ95100あく物理15
技89ぼうふう11070ひこう特殊10

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別♂のみ


[1] 厳密には「じゅうりょく」「うちおとす」「ねらいのまと」等の影響下では違いがあるが、どれも採用率は非常に低い。