ホエルオー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ダイジェット型 節を編集

特製:みずのベール(物理型) or 任意(特殊型)
性格:ようき or おくびょう
努力値:S252 少し耐久調整 残りAorC
持ち物:じゃくてんほけん/オボンのみ
確定技:とびはねる/ハイドロポンプorなみのorアクアブレイクorたきのぼり
選択技:ふぶきorれいとうビームorゆきなだれ/クリアスモッグorボディプレス/じしんorじわれ/しねんのずつき/ヘビーボンバーorアイアンヘッド

第8世代で流行っている弱点保険ダイジェットをホエルオーでもやってみる。
規格外のHPのおかげで、ダイマックスすればかなり激しい攻撃でも強引に耐えることができる。
(具体的には、無振りでこだわりメガネ持ちC特化ロトムの10万ボルトをギリギリ耐えられる。)

問題は1加速では115族までしか抜けない点、弱点保険なしでは火力が足りない点。
じゃくてんほけんを使えば一気に火力を上げられるが、みずタイプは弱点が少なく相手がくさでんき技を持ってないこともそこそこある。
オボンのみを使って確定数をずらし、ダイナックルやダイアシッドで火力補強する手もある。
ただ、両技はダイマックスが切れるとかなり癖の強い技になってしまうので注意。技スペースを圧迫してしまう。

技は水/飛が確定。あと2つを選択。氷技は水との補完に優れるが物理型だと威力低め。地面技は無難に使いやすい。鋼技は不安定だが強い時は強い。
しねんのずつきは他の技と違った等倍範囲を持つため対面でウォッシュロトムを倒せる。

物理型と特殊型がある。
物理型はダイジェット自体でそこそこダメージが与えられ、技範囲が広い。
特殊型は威嚇などでランクを下げられにくく、一致技や氷技の威力が高め。

↑実用性にかなり疑問が残るためノートに移動しました。
ただ飛行技を覚えられるからというぼんやりした理由でダイジェット型を作ると無用な型の乱立に繋がりかねません。
どう考えてもエース適性が高いポケモンではないのにダイマックスする前提で育成しているのも妙です。
他のポケモンがダイマックスできなくなるのを補えるだけの魅力がこの型には感じられません。
耐性的に弱点保険とも相性が悪いですし、前提条件に設定している以上はせめて誰を相手にしようとしているのかくらいは具体的な記述が欲しいです。
机上の空論もいいところ、思いつきか趣味の域を出ていないと考えます。

そもそもダイマックス前提の型は規約により作成不可です。