モロバレル - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

モロバレル 節を編集

No.591 タイプ:くさ/どく
通常特性:ほうし(接触技を受けた際に各10%の確率で相手を毒、麻痺、眠り状態にする)
隠れ特性:さいせいりょく(手持ちに戻るとHPが最大値の1/3回復する)
体重  :10.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
能力値HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
モロバレル1148570858030464ほうし/さいせいりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/かくとう/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

くさ×どく複合タイプ。貴重な「キノコのほうし」の使い手であり、その中で最も種族値の合計が高い。
現状、他に解禁されているのはマシェードのみとなっている。

それほど合計が高いわけではないものの、素早さが極端に低いぶん耐久力はまずまず高めで、
D特化で臆病リザードンのだいもんじベースダイバーン(初撃)を確定耐え[1]する程度の十分な数値を持つ。
4倍弱点も持たず一撃で落ちるということがあまりないため、キノコのほうしが決まりやすい。
足りない火力を補うイカサマ、積み崩しのクリアスモッグ、粉の通らない草に対しては一致どく技を備え、
こうごうせいと特性さいせいりょくによってサイクル戦ではかなりの粘り強さを発揮する。
やどりぎのタネがないことだけは惜しい。

モロバレルが主戦場とするのはダブルバトルであり、キノコのほうしはもちろんのこと、注目すべきはいかりのこなを習得できる点。
味方への攻撃を肩代わりできるだけでなく、相手側の「味方を殴って発動するコンボ」も妨害することが出来る。
極端な遅さからトリル適性・対トリル適性にも優れており、第六世代ダブルでは構築のひとつの到達点と言われた「CHALK」の一員を成した実績を持つ。
第七世代以降はキノコのほうしへの対策手段が増加し、苦手なガオガエンが上位で幅を利かせたこともありトップメタからは一歩退いたが、
それでも無警戒の相手に対する圧力の強さは目を見張るものがある。

今世代は環境にダイジェットが蔓延している点で逆風気味。
Gマタドガスバチンウニの特性だけでなくダイマックス技によってもねむり無効フィールドが展開される恐れがありキノコのほうしが安定しない。
更には自身がダイマックスしてしまうとキノコのほうしが撃てなくなってしまうため、システム自体と全体的に相性が悪い。

またダブルにおける役割である対トリルについても、自身より素早さが「1」低く、弱点を突かれ“キノコのほうし”を無効化するブリムオンが登場。
一緒に出ることの多いイエッサンのサイコフィールドが展開されていると、D特化でもワイドフォースを耐えることはできない。
ダイジェットと合わせて十分な仕事ができない展開が増えた。

いばる・いえき・おさきにどうぞが過去作限定に、めざめるパワーが消失した。
トリル下でのサポート手段が一つ減ってしまったのは痛手。天敵ナットレイに対する有効打も一切なくなってしまった。
一方、かふんだんご・たたりめ・グラスフィールドを新規に獲得している。
味方の回復という新たな役目を担えるようになった。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ほうし
発動すれば相手に負担をかけられるが、発動するタイミングと状態異常を選べず、キノコのほうしとは相性が悪い。
発動確率はせいでんき等とは異なり各状態異常ごとに10%ずつ、かつタイプや特性の影響を受ける。
例えばジバコイルは電気タイプなので麻痺無効、鋼タイプで毒無効なので発動しうるのは10%の眠りのみ。
また、草タイプと特性ぼうじんには特性自体が無効なため一切発動しない。
さいせいりょくが優秀であることもあり採用は稀だが、ダブルでは交代が少ないので採用される事もある。
さいせいりょく
隠れ特性。自身のサイクル性能・高耐久と相性がよい。
特性のほうしはキノコのほうしと相性が悪いこともあって、相手の攻撃を受け回しながら回復することができるため基本的にはこちら。
さいせいりょく持ちでは唯一のくさどくタイプであるため、同特性持ちとの差別化は不要。
スキルスワップ、なかまづくり等特性を消す技には注意(交代しても回復しなくなる)。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果が優秀。
エナジーボール90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
ソーラービーム80(120)100タイプ一致技。晴れパで。
くさむすび20~120(180)100-タイプ一致技。威力不安定。100.1kg以上ならエナジーボール超え。ダイマックスには無効なので注意。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%タイプ一致技。良くも悪くも毒の追加効果が出やすい。
クリアスモッグ50(75)必中能力変化解除タイプ一致技。積み技対策・起点化回避に。鋼には無効なので注意。
ベノムショック65/130(97/195)100相手が毒状態で威力倍タイプ一致技。どくどく前提ならこちらも。
たたりめ65/130100状態異常相手に威力倍対霊。どくどくやしびれごなとあわせて。
かふんだんご90100味方に使うとHP回復対エスパー。ダブルバトルで多彩な効果を持つ。
りんしょう60/120100身代わり貫通ダブルバトル用。味方を選べば擬似的な先制技に。トリパでは開始役に。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
タネばくだん80(120)100タイプ一致技。非接触。
じだんだ75/150100技失敗で威力倍対毒・炎。
ころがる30100まるくなると威力倍ダイロック前提。相性補完として優秀。
イカサマ95100-攻撃無振りでも使える攻撃技。物理アタッカーに効果絶大。
変化技タイプ命中備考
キノコのほうし100命中率100%の催眠技。無効も多いが依然として強力。
こうごうせい-使いやすい回復技。さいせいりょくと違い居座れる。
どくどく必中ダメージ源。耐久型に。自身のタイプにより必中。キノコのほうしとはミスマッチ。
ねむる-状態異常も全回復。カゴのみとあわせて。
まもる-どくどくやくろいヘドロのターン稼ぎに。
いかりのこな-ダブル用。自身に攻撃を集中させて相方を守る。草やぼうじん、全体攻撃技には無効。
いえき100過去作限定。強特性対策。バトルスイッチ等には無効。
いばる85過去作限定。妨害技。イカサマと相性が良い。混乱は弱体化した。

型考察 節を編集

物理受け型 節を編集

特性:さいせいりょく
性格:ずぶとい
努力値:H236 B252ベースで調整
持ち物:ゴツゴツメット/くろいヘドロ
確定技:キノコのほうし
優先技:イカサマ/クリアスモッグ
攻撃技:ギガドレイン/ヘドロばくだん
補助技:こうごうせい/いえき/まもる/どくどく

さいせいりょくと高い耐久性能と安定行動となるキノコのほうしを活かし、物理受けの役割を担う。
HPは236振りで実値219となり、さいせいりょくの効率最大の3nになる。

物理アタッカーの攻撃力を逆手に取って攻撃できるイカサマは遂行技であるため、余程の理由がなければほぼ確定技。
また、クリアスモッグを持たせることでミミッキュのつるぎのまいをリセットしつつばけのかわを剥がせる。みがわりのろい型には注意。
積みアタッカーによる強引な突破も許さないため、汎用性が非常に高い。

確定技・優先技で3枠が埋まるため、残りは回復ソースのギガドレインorこうごうせいが有力。

特殊受け型 節を編集

特性:さいせいりょく
性格:おだやか
努力値:H236 D252ベースで調整
持ち物:くろいヘドロ
確定技:キノコのほうし/クリアスモッグ
優先技:ギガドレイン/こうごうせい
攻撃技:イカサマ/ヘドロばくだん
補助技:いえき/どくどく

草/毒のタイプを活かして相手の特殊草・電気・水・フェアリーなどに繰り出していく特殊受け。
物理面よりも数値が優秀なため、安定した活躍を見込みやすい。

クリアスモッグは低火力からほうしを気にせずガン積みしてくる相手に刺さる。
一方で物理を相手にする前提でないため、イカサマの優先度は物理受け型に比べて下がる。

選択技は役割対象にとりたい相手によって決める。
ギガドレイン :ウォッシュロトム等の水タイプに。
イカサマ   :ギルガルドゲンガー等のゴーストタイプに。特殊相手には刺さりにくい。
ヘドロばくだん:電気全般やフェアリーに。
どくどく   :ポリゴン2などねむるの無い高耐久には、キノコのほうしより刺さることもしばしばある。

【ダブル】基本型 節を編集

特性:さいせいりょく(推奨)orほうし
性格:のんき/なまいき/おだやか/ずぶとい
努力値:H252 BorD252
持ち物:三分の一回復実/ゴツゴツメット/くろいヘドロ/オボンのみ
確定技:キノコのほうし/いかりのこな
攻撃技:クリアスモッグorヘドロばくだん/ギガドレインorエナジーボールorくさむすび/イカサマ/たたりめ/かふんだんご
補助技:まもる/にほんばれ/こうごうせい/どくどく/グラスフィールド

主に相手のトリックルーム展開対策として採用されるポケモン。
キノコのほうしによる起動阻止はもちろんのこと、相手にトリックルームを使われても先手キノコのほうしで相手を止めることができ、
トリックルーム展開がされない場合にもいかりのこなにより腐らない。

おさきにどうぞは失ったが、かふんだんごやグラスフィールドを習得したため、サポート性能はまだまだ健在。

最速で無振り70族と同値、S+1で最速71族と同値、S+2で最速112族と同値になる。
スカーフを持って相方にダイジェットを撃ってもらえば一ターンで実現は可能。
奇策の類だが、先制キノコのほうしで眠らされても困るので、一応程度には頭には入れておいた方が良いかもしれない。


対モロバレル 節を編集

注意すべき点
高いHPと豊富な回復手段、依然として強力なキノコのほうしを持つ。
イカサマやクリアスモッグにより物理アタッカーや積みエースに強い。
対策方法
倒し損ねるとさいせいりょく等で回復されてしまうので、弱点を突いて一気に落としたい。
トリックルーム下ならコータス等、積み技に頼らず高火力を出せるアタッカーなら楽に対処できる。
サポート主体なのでちょうはつも有効。いかりのこな・キノコのほうしは草タイプやぼうじんで無効化できる。
ブリムオンなら高火力一致エスパー技に加え補助技も反射できる上にトリル下での素早さも丁度1抜いている。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

5th~SM威力命中タイプ分類PP備考
タマゲタケモロバレル
11すいとる20100くさ特殊25
-1せいちょう-100ノーマル変化40
-1おどろかす30100ゴースト物理15
-1がまん--ノーマル物理10
66せいちょう-100ノーマル変化40
88おどろかす30100ゴースト物理15
1212がまん--ノーマル物理10
1515メガドレイン40100くさ特殊15
1818ねをはる--くさ変化20
2020だましうち60-あく物理20
2424あまいかおり-100ノーマル変化20
2828ギガドレイン75100くさ特殊10
3232どくどく-90どく変化10
3535こうごうせい--くさ変化5
3943クリアスモッグ50-どく特殊15
4349ソーラービーム120100くさ特殊10
4554いかりのこな--むし変化20
5062キノコのほうし-100くさ変化15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20

タマゴ技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
いえき-100どく変化10教え
せいちょう-100ノーマル変化40Lv
どくのこな-75どく変化35
しびれごな-75くさ変化30
ころがる3090いわ物理20
まるくなる--ノーマル変化40
こらえる--ノーマル変化10
のしかかり85100ノーマル物理15

教え技 節を編集

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
いえき-100どく変化10タマゴ
イカサマ95100あく物理15
いびき50100ノーマル特殊15
おさきにどうぞ--ノーマル変化15
ギガドレイン75100くさ特殊10Lv
こうごうせい--くさ変化5Lv
タネばくだん80100くさ物理15
なやみのタネ-100くさ変化10
じだんだ75100じめん物理10
ねごと--ノーマル変化10

遺伝 節を編集

タマゴグループ植物
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化条件タマゲタケ(Lv.39)→モロバレル

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
いえきレベルマダツボミ/ウツドン/ジャローダ系統
自力教え技(8BP)
こらえるリレートリデプス系統(怪獣)/バクガメス(怪獣/ドラゴン)→フシギダネ(怪獣/植物)
ヘラクロス/クルミル/カブルモ(虫)→パラス(虫/植物)
パチリス(陸上/妖精)→ハネッコ(妖精/植物)
ころがるレベルナットレイ系統
リレープリン(妖精)/マリルリ系統(水中1/妖精)/トゲデマル(陸上/妖精)→チェリンボ(妖精/植物)
しびれごなレベルナゾノクサ系統/パラセクト系統/マダツボミ/ウツドン/タマタマ/モジャンボ系統/
ワタッコ系統/キノガッサ系統/ロゼリア/モンメン
せいちょう自力Lv.6
どくのこなレベルフシギバナ系統/ラフレシア系統/パラセクト系統/マダツボミ/ウツドン/タマタマ/モジャンボ系統/
メガニウム系統/ワタッコ系統/キノココ/モンメン
のしかかりレベルメガニウム系統/トロピウス
まるくなるリレーピッピ/プリン(妖精)/マリル(水中1/妖精)/トゲデマル(陸上/妖精)→チェリンボ(妖精/植物)


[1] キョダイゴクエンの場合はスリップダメージで乱数で落とされることもある