未解禁要素 - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

未解禁要素 節を編集

現状データ上のみの存在であり、ゲーム中では使用不可能な要素の一覧です。
本Wikiの方針により、これら未解禁要素を用いての考察や項目の作成は禁止されています。

2020/2/12より「Pokémon HOME」がサービスを開始しました。
2020/3/1よりシリーズ4が開始し、ガラル産であればHOMEから連れてきたポケモンやその同種もランクバトルで使用できるようになりました。

Pokémon HOME解禁前

ポケモンホーム解禁まで入手できないポケモン

第8世代から登場ポケモンの削減が行われたため、ガラル図鑑に掲載されていないポケモンは連れてくることが出来ない。
ただし、以下のポケモンはエキスパンションパス発売前にソード・シールドにデータが確認されている。(最終進化のみ一覧)
ペルシアン(原種)バリヤード(原種)デスカーンはNPC交換で入手可能。
トリトドンはソード・シールドではひがしのうみの個体のみ出現する。
ミュウは新規購入したモンスターボールPlusと連携させればポケモンホーム解禁前でも入手できる。

隠れ特性未解禁のポケモン

以下のポケモンはガラル図鑑に掲載されているが、現時点で隠れ特性が未解禁のポケモン。

図鑑番号ポケモン名隠れ特性
035ピッピフレンドガード
036ピクシーてんねん
119アズマオウひらいしん
171ランターンちょすい
185ウソッキーびびり
279ペリッパーあめうけざら
291テッカニンすりぬけ
310ライボルトマイナス
340ナマズンうるおいボディ
426フワライドねつぼうそう
437ドータクンヘヴィメタル
452ドラピオンするどいめ
454ドクロッグどくしゅ
460ユキノオーぼうおん
510レパルダスいたずらごころ
518ムシャーナテレパシー
521ケンホロウとうそうしん
528ココロモリたんじゅん
538ナゲキかたやぶり
539ダゲキかたやぶり
550バスラオかたやぶり
556マラカッチよびみず
606オーベムアナライズ
614ツンベアーすいすい
623ゴルーグノーガード
678ニャオニクスいたずらごころ
678ニャオニクスかちき
689ガメノデスわるいてぐせ
713クレベースがんじょう
715オンバーンテレパシー

遺伝経路が変更となるポケモン

遺伝に必要なポケモンが未登場のため、通常と異なる経路での遺伝が必要なポケモン。
実用性が薄いと思われるものは省いている。
なお、今作では遺伝技が大幅に変更され、遺伝に未登場ポケモンが必須な技の大半はレベル技・マシン技・レコード技に変更、または遺伝技から削除され覚えられなくなっている。
※は今作で初登場のポケモン、または新規の遺伝技
ラプラスのうたかたのアリア※:アシレーヌが未解禁のため、マックスレイドバトルで出現する個体かオーラを纏った個体から遺伝
ネイティオのふいうち:ジュナイパーが未解禁のため、マックスレイドバトルで出現する個体かオーラを纏った個体から遺伝
アーマーガアのうらみ※:ジュナイパーが未解禁のため、マックスレイドバトルで出現する個体かオーラを纏った個体から遺伝

キョダイマックスが未解禁のポケモン 節を編集

図鑑番号ポケモン名
809メルメタル

隠れ特性未解禁のポケモン 節を編集

以下のポケモンはガラル図鑑に掲載されているが、現時点で隠れ特性が未解禁のポケモン。
マタドガス(原種)の隠れ特性に関しては、過去作から連れてきた場合に通常特性から変化する場合がある。詳細は個別ページを参照。

図鑑番号ポケモン名隠れ特性
711パンプジン(小)ふみん
711パンプジン(大)ふみん
812ゴリランダーグラスメイカー
815エースバーンリベロ[1]
818インテレオンスナイパー
820ヨクバリスくいしんぼう
828フォクスライはりこみ
832バイウールーぼうだん
836パルスワンかちき
855ポットデス(真作)のろわれボディ[2]
880パッチラゴンすなかき
881パッチルドンゆきかき
882ウオノラゴンすなかき
883ウオチルドンゆきかき

遺伝経路が変更となるポケモン 節を編集

遺伝に必要なポケモンが未登場のため、通常と異なる経路での遺伝が必要なポケモン。
実用性が薄いと思われるものは省いている。
なお、今作では遺伝技が大幅に変更され、遺伝に未登場ポケモンが必須な技の大半はレベル技・マシン技・レコード技に変更、または遺伝技から削除され覚えられなくなっている。
※は今作で初登場のポケモン、または新規の遺伝技

カモネギ(原種)のであいがしら:ドーブル[3]不在のため、ネギガナイトから遺伝
シュバルゴのカウンター:ヘラクロス不在のため、ウソッキー→イシズマイ経由のリレー遺伝
オノノクスのつじぎり:ジュカイン・ハブネーク・クリムガン不在のため、ギルガルド系統→ジュラルドン経由のリレー遺伝

エキスパンションパスによって追加されるポケモン(暫定) 節を編集

以下のポケモンはアップデート後に購入できるエキスパンションパスによって追加される『鎧の孤島』『冠の雪原』に登場する。
なお、これらのポケモンはアップデート後にエキスパンションパスを購入していなくてもソード・シールドに連れてくることが出来る。
(発表されたポケモンの最終進化系を記載。順次追記予定)
※は今作でリージョンフォームが追加される。
更新データ受け取り後にブラッシータウン駅へ行くと、ガラルのすがたのヤドンを捕まえることができる。(現時点では進化できない)[4]
なお、原種ヤドン系統は現在も使用不可能のまま。

図鑑番号ポケモン名
034ニドキング
080ヤドラン
169クロバット
184マリルリ
199ヤドキング
230キングドラ
242ハピナス
365トドゼルガ
376メタグロス
445ガブリアス
462ジバコイル
466エレキブル
571ゾロアーク
615フリージオ
637ウルガモス
663ファイアロー
699アマルルガ
702デデンネ
745ルガルガン
ウーラオス?(いちげきのかた)
ウーラオス?(れんげきのかた)
バドレックス?
ザルード?[5]

キョダイマックスが追加されるポケモン 節を編集

図鑑番号ポケモン名
003フシギバナ
009カメックス
812ゴリランダー
815エースバーン
818インテレオン
ウーラオス?(いちげきのかた)
ウーラオス?(れんげきのかた)

データ上のみ存在する未解禁要素 節を編集

  • 未解禁ポケモン
  • ポケモンの技
  • 道具

第7世代の未解禁要素(第8世代から始まった登場ポケモン削減の方針により後日削除予定※一部の有用なデータは残してください)

 
 
  • ポケモンの技
    • はめつのひかり[9]
 
  • 道具
    • ノーマル以外のジュエル
 

タグ: データ集


[1] へんげんじざいと同じ効果
[2] レイドバトルおよび孵化では贋作しか出ない
[3] グソクムシャからスケッチ
[4] 進化に必要なアイテムは『鎧の孤島』『冠の雪原』で入手可能になる予定
[5] 幻のポケモン。2020年の映画特別前売券の特典で6月15日より配信予定
[6] AZのフラエッテ。色だけでなく手に持っている花の形や鳴き声も違い、種族値も大幅に高い
[7] ファンシー・ボールの模様は配信限定
[8] XYのフレンドサファリには中しか出ない。特大の隠れ特性は配信限定
[9] 永遠の花フラエッテ専用技
[10] 飛行グループではバルジーナが覚えるが、♀しかいない為遺伝できない
[11] 通常特性が1つのポケモンは通常特性、2つのポケモンは隠れ特性に固定されている。特性カプセルで変更が出来ない