タルップル - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

タルップル 節を編集

No.842 タイプ:くさ/ドラゴン
特性:じゅくせい(きのみの効果が2倍になる)
   くいしんぼう(本来、HPが最大HPの1/4以下の時に使用するきのみを、HPが最大HPの半分以下の時に使うようになる)
隠れ特性:あついしぼう(ほのおタイプとこおりタイプの攻撃技のダメージを半減する)※カジッチュの時「ぼうだん」
体重:13.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
草/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
タルップル11085801008030485じゅくせい/くいしんぼう/あついしぼう
アップリュー7011080956070485じゅくせい/くいしんぼう/はりきり

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)どく/ひこう/むし/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)じめん
いまひとつ(1/4)みず/でんき/くさ
こうかなし---

※特性「あついしぼう」の場合、こおり2倍・ほのお半減


分岐進化のアップリューと異なりある程度耐久力が高く、鈍足で特殊アタッカー寄りのくさドラゴン複合ポケモン。
足の遅さと多弱点が災いして居座りには不向きなように思えるが、優秀な特性によって独特の立ち回りができる。

隠れ特性のあついしぼうを持つ個体は、草タイプでありながらほのお技を半減する稀有な特徴を持ち、
サブに持たれやすいくさでんきじめんもすべて半減以下にできる。

じゅくせいを活かしてアッキ・タラプの効果を2倍にして要塞化する戦法もある。
「てっぺき」「のろい」「ドわすれ」も習得できるので1ターン目から4積みするような動きもできる。
くいしんぼう+混乱実を凌駕するじゅくせい+オボンのコンボが可能で、より積みを安定させやすい。

「やどりぎのタネ」や専用技の「りんごさん」による後続補助も得意とする。
今作は「めざめるパワー」及び「しぜんのめぐみ」が存在せず、不意の氷技を受けるリスクが少ないのは嬉しいところ。

キョダイマックスできるポケモンの1匹。キョダイマックス技は状態異常回復効果。
ダブルにおいては味方にも効果があるため一考の余地あり。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



キョダイマックス 節を編集

キョダイマックス技
キョダイマックス技変化する技タイプ解説
キョダイカンロくさ攻撃と同時に状態異常を治す。ダブルでは味方全体を治す。
考察及びダイマックスとの比較
グラスフィールドにできなくなるが状態異常を回復。厳密には違うが、「いやしのすず」に攻撃が付与したような効果。
タルップル自身は然程状態異常に弱い訳ではないのでダブル向けのキョダイマックスとなる。
麻痺に弱い高速アタッカーや、火傷に弱い物理アタッカーの横に並べる事でそれらを恐れず戦える。
3ターン制限の都合上、アタッカー以外の相棒として使用するのはそこまで推奨できない。
ダイマックスの詳細

特性考察 節を編集

じゅくせい
きのみの効果が2倍になる特性。
回復実:基本的にはこれ。オボンでHPが半分回復するのは勿論、混乱実+こらえるでHP2/3回復と受け性能が極めて高い。
半減実:半減効果が上乗せされるので実質1/4ダメージに。何か特定の役割対象がいるなら。
アッキ・タラプ:BD上昇が2段階に。早期の段階でBDを高い状態に持っていける。
ヤタピ:特攻2段階上昇で疑似わるだくみ。ただし遅いのでHPが減ってから能力が上がっても手遅れというケースが多い。
スターの実:ランダム4段階上昇を「リサイクル」で繰り返すという博打ができるが、ムラっけオニゴーリのように自動で発動するものではないため実用性は微妙。ダブルで「おちゃかい」などと組み合わせて。
なお、たべのこしも木の実扱いになったのでこの特性が反応はするが、効果は1/16と据え置きなのでメリットは無い。
くいしんぼう
ピンチ系きのみの発動を早める事ができる。
混乱実はじゅくせい+オボンで十分なので能力アップ系の木の実を活用するなら。
混乱実+「リサイクル」は混乱実の弱体化に加え、自力で「じこさいせい」を習得できるので然程恩恵が大きくない。
あついしぼう
隠れ特性。ほのおこおりのダメージを半減する。
くさタイプでありながら炎技を半減できるのはタルップルのみであり、炎ポケモンが持たされやすいサブウェポンの多くにも耐性を持つ。
独特の受け性能を獲得できるため差別化・実用性両面で有用。
ただし、木の実を用いたコンボへの適性は失う。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
りんごさん80(120)100特防↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。攻撃しつつ回復。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓一致最高火力。流されやすいので撃ち逃げに。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。性能安定。
物理技タイプ威力命中効果解説
タネばくだん80(120)100-タイプ一致技。性能安定。のろいを積む型なら一考。
げきりん120(180)100行動固定タイプ一致技。自身の受け向きな性能とは相性が悪い。
じしん100100-あついしぼうで炎に役割を持つなら。鋼にも有効。
じならし60100S↓100%後続サポートに。
ジャイロボール1~150100-対妖。最大威力は一致くさ技より高い。のろいとシナジーがある。
ボディプレス80100防御値で
ダメージ計算
対鋼。B特化でも十分な火力を出せる。
ふいうち70100優先度+1唯一の先制技。襷破壊や止めに。
変化技タイプ命中解説
リサイクル-きのみの再利用に。用途多数。
やどりぎのタネ90流しやサポートに。草に無効。
じこさいせい-安定の回復技。こうごうせいは覚えない。
こらえる-じゅくせい型で。混乱実の発動圏内で耐えるとHPが2/3回復する。
のろい--攻撃・防御を補強。もともと遅いのでデメリットは小さく、ふいうちで補える。
てっぺき-防御を二段階強化。
ドわすれ-特防を二段階強化。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
キョダイカンロりんごさん
タネばくだん
130(195)味方状態異常回復キョダイマックス時の一致技。追加効果で状態異常回復。
耐久型と相性のよい追加効果だがダイソウゲンの小回復も優秀なので悩ましい。
地震の威力半減を嫌う際にもこちらを選択。
ダイソウゲンりんごさん
タネばくだん
130(195)グラスフィールド通常ダイマックス時の一致技。
グラスフィールドの草技強化&小回復が嬉しい。
地震の威力が半減されてしまうので注意。
キョダイマックスでは使用不可
ダイドラグーンりゅうせいぐん
げきりん
140(210)相手全体の攻撃↓一致技。物理受けと相性が良い。
りゅうのはどう130(195)
ダイアースじしん
10まんばりき
130味方:D↑はがねほのおどく。追加効果で特殊受けを狙う。
ダイナックルばかぢから95味方:A↑はがね。物理攻撃を採用する際の積み技としての選択肢。
ボディプレス90
ダイスチルジャイロボール
ヘビーボンバー
130味方全体の防御↑フェアリーこおり。追加効果で物理耐久に磨きをかける。
ダイアークふいうち120相手全体の特防↓対霊超。ダイマックス時、ふいうちを先制技として使えなくなってしまうので注意。
追加効果はりんごさんと同じ。
しっぺがえし100
ダイロックころがる90天候:砂嵐対炎氷虫飛。Sが低いのでアップリューのような奇襲は狙いにくい。
ダイアタックのしかかり130相手全体の素早さ↓抜群は狙えず、抜ける相手も皆無。
ダイウォール変化技-まもるダイマックス技を含むすべての技を防ぐ。
連続使用で失敗しやすくなる。

型考察 節を編集

じゅくせいアッキタラプ型 節を編集

特性:じゅくせい
性格:のんき/なまいき
努力値:HB252orHD252
持ち物:アッキのみ/タラプのみ
確定技:じこさいせい
優先技:てっぺきorドわすれ
選択技:ボディプレス/りんごさん/ジャイロボール/じしん/りゅうのはどう/ふいうち

1ターンでBDいずれかを4段階orBD両方を2段階ずつ上げて一気に突破しづらくさせる型。
環境が物理偏重なのでB特化型のほうが使いやすいか。
B特化すると素の状態でも陽気ドラパルトの持ち物なしドラゴンアローは確定耐えできる。

B上昇を選べばボディプレスで火力面は補えるが、もう1ウェポンが竜技だとミミッキュで詰んでしまう。
無効化されにくいりんごさんかジャイロボールがおすすめ。

のろい積み型 節を編集

特性:あついしぼうorじゅくせい
性格:のんき
努力値:HB252
持ち物:たべのこし/アッキのみ/オボンのみ
確定技:のろい/じこさいせいorリサイクル(オボン採用時)
選択技:タネばくだんorりんごさん/じしん/ボディプレス/ジャイロボール

積んで居座る要塞型。
特性は炎を起点にでき不一致氷を耐えられるようになるあついしぼうのほうがコンセプトに合致するか。
じゅくせいオボンの場合は積み始めの素早い回復が優秀。

草技はのろいのA上昇を活かせるタネばくだんか、数を重ねれば強引な突破が見込めるりんごさんから選ぶ。
相性補完のじしんの他、ボディプレス・ジャイロボールといったのろいと相性の良いサブウエポンが揃っている。
ダイマックスする場合にも、ダイナックル(A↑)・ダイスチル(B↑)・ダイアース(D↑)のいずれとも追加効果が活きやすい。

物理竜技はげきりんしかなく、鈍足ゆえに対竜は不得手なので使い道が少なく採用しづらい。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対タルップル 節を編集

注意すべき点
特性とリサイクルのシナジーによってきのみの扱いに長けており、能力強化やHP回復を高効率で繰り返してくる。
素の火力は高くないものの、専用技りんごさんの追加効果であれよあれよと特殊耐久を削られる。
あついしぼう型の場合、ほのおタイプのメイン・サブを軒並み半減以下に抑えられる危険がある。
総じて積みと回復による遅滞戦術でダイマックス等を流しに来るポケモン。
対策方法
耐久型のポケモンとしては素の耐久値が高くなく、弱点は多いので上から素早く処理してしまいたい。
ドータクンアーマーガアといった浮いている鋼や、草耐性を持つタイプと複合のフェアリーに対してはほとんど有効打がなく、これらなら流しやすい。
猛毒状態にしてしまえるならそれが一番手っ取り早いが、キョダイマックス解禁ルールではキョダイカンロで復帰される可能性に注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
カジッチュタルップル
--技名00ノーマル物理0
--バレットパンチ40100はがね物理30

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技11ソーラービーム120100くさ特殊10
技17ひかりのかべ--エスパー変化30
技18リフレクター--エスパー変化20
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技28ギガドレイン75100くさ特殊10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技34にほんばれ90100ほのお変化5
技39からげんき70-ノーマル物理20
技50タネマシンガン25100くさ物理30
技57しっぺがえし50100あく物理10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
まるくなる--ノーマル変化40
ころがる3090いわ物理20
リサイクル--ノーマル変化10Lv
ふいうち70100あく物理5

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技10じしん100100じめん物理10
技17ドわすれ--エスパー変化20
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技39ばかぢから120100かくとう物理5
技46てっぺき--はがね変化15
技52ジャイロボール-100はがね物理5
技59タネばくだん80100くさ物理15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技65エナジーボール90100くさ特殊10
技77くさむすび-100くさ特殊20
技79ヘビーボンバー-100はがね物理10
技9410まんばりき9595じめん物理10
技99ボディプレス80100かくとう物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ植物/ドラゴン
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件カジッチュ(あまーいリンゴ)→タルップル
分岐進化アップリュー

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
ころがるレベルダーテング系統
ふいうちレベルダーテング系統/マラカッチ/ドラパルト
まるくなるリレーピッピ/ピクシー/トゲデマル(妖精)→チェリンボ(妖精/植物)
リサイクル自力Lv.1
レベルアップリュー