ヌケニン/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

技縛り偵察型 節を編集

性格:せっかちorようきorむじゃき
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:バトンタッチ/トリック
優先技:まもる
選択技:シャドークロー/どろぼう/かげうち/あやしいひかり/おにび

※バトンタッチは習得できるのが第3~4世代のみなので、ランクバトルでは使用できない。

優秀な撹乱・偵察要員としての機能を強化し、読みリスクを排除し戦闘を有利に進める型。
ヌケニンの標準性能である「無効化できる技に繰り出し、再交代で低リスク降臨」を技や道具で強化し、
かつ2度目以降警戒されることで発生する以下の相手の選択肢に対し有利になる手段を豊富に取り揃える。
基本的な立ち回りは、
1. 先発に出して相手の弱点技使用を読む
  →スカーフトリックで技を縛り後続の起点にする/有利な味方に低リスクで交代orスカーフバトンタッチ
2. ヌケニン対策がないポケモンに読みで繰り出すor先発に出して相手の交代を読む
  →有利なアタッカーにバトンタッチ/スカーフトリックで相手の後続の技を縛り、
  まもるで技を確認した後有利な味方にバトンタッチ/相手の後続に変化技 等
3. 相手の交代読み攻撃(ヌケニンに対し無効の攻撃)を読む
  →後手バトンタッチ/スカーフトリック/変化技 等

ヌケニン対策を持つポケモンの技を固定することで、ヌケニンの繰り出せる範囲を広げることができる。
そのポケモンが再登場した際に、相手に目の前の味方への攻撃か、ヌケニン交代読みかの2択を迫れ、
ヌケニン対策ではない技を使ってきた場合、ヌケニンを繰り出せば流せ、撃ち逃げできる。

ヌケニンによる撃ち逃げはヌケニン対策を持つポケモンを全滅させればPP切れを除き勝ちが確定するので、
交代先(=ヌケニン対策技を持つポケモン)に負担をかけられる。
ただしナットレイウルガモスなど接触時発動特性持ちがいる場合は読みが必要。
また、まもるを搦めるのでおにびやどくどくによるスリップダメージも有効。

万が一ヌケニン対策がないと読んで繰り出した相手にヌケニン対策があったとしても、
最速スカーフで最速85族や準速98族を抜けるので、先手スカーフトリックで相手の攻撃をヌケニン対策技に固定できる。

いのちのたまやくろいヘドロを奪ってしまったり、読みにくいゴツゴツメットを奪えないと悲惨なことになる。
また、きあいのタスキが無いので元々こだわりで弱点攻撃を持っている相手だと役割を果たせず落ちうる。
トリック無効のメガストーン、Zクリスタルの所持者が増えているのもつらい。
その他、採用率が低いがおいうち持ちを出されるとどうしようもない。この点に関しては読みが必要。

どくどくやふいうちをこだわりロックできれば後続積みアタッカーが動きやすくなる。
おにびやどくどくによる被害を受けにくいバシャーモ、さらにゴースト技を縛った時に動きやすくなるリングマ等と相性がよい。