クワガノン/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

クワガノン/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集

はねやすめが過去作限定になったため耐久ベース型を移動しました。


型考察 節を編集

耐久ベース型 節を編集

耐久に努力値を回しはねやすめを採用することで、受けだし回数を稼ぐことを目的とした型。
高い特攻種族値のお陰で、無補正無振りでも火力はC252FCロトム以上(実数値165、FCロトムが特化で172、無補正C振りで157)。
電気技にボルトチェンジを採用すればクッション兼サイクル潤滑剤としてしぶとく運用できるほか、
はねやすめ、どくどく、てっぺき、ひかりのかべ、ハサミギロチンを活用すれば低火力崩しとしても機能する。

特にハサミギロチンに関しては毒無効や電気耐性などで不利な相手でも突破できる可能性を残せ、耐久振りのお陰で一撃技の試行回数も稼ぎやすい。
元々耐久向けの種族値ではない上、主に半減頼りの受けなので、拘り一致技や相手の積み技込みの攻撃技を受けられるわけではない点には注意。

ずぶといHB型 節を編集

性格:ずぶとい
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/オボンのみ/ラムのみ
努力値:H252orH244 B252 残り適宜
確定技:はねやすめ
優先技:ボルトチェンジ/どくどく/ハサミギロチン
攻撃技:ほうでんor10まんボルト(どくどく採用時)/チャージビーム/むしのさざめき
補助技:てっぺき/ひかりのかべ/まもる/みがわり

B特化でA252ガブリアスのげきりんが低乱数2(5.5%)と、ギリギリだが最低限の数値を持つ。
HB振りで、耐久振り霊獣ランドロス、思念の頭突きがないメガメタグロス、物理型メガルカリオ、対面限定でギャラドスメガギャラドスカミツルギあたりに有利となる。

型サンプル
性格 :ずぶとい
努力値:H244B252D12
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:はねやすめ/どくどく/ボルトチェンジ/ハサミギロチン

弱点は少なめだが耐久値がぎりぎりなので先発運用が安定しやすい。
後攻ボルトチェンジでサイクルを回し、ゴツゴツメットと合わせて削りつつ有利対面を作る。
ルカリオやメタグロスの鋼技、ガブリアスやランドロスの地面技読みなど耐性を活かせば後出しも狙える。
ナットレイにも何度も後出しすることができ、どくどくやみがわりを持っていない限りハサミギロチンで交換・居座り関係なく負担をかけられる。

スカーフorチョッキ霊獣ランドロスと非常に相性がよく、トンボルチェンで何度もサイクルを回しつつランドロスの苦手な耐久ポケモンに毒を撒いたりできた。
3枠目はメガメタグロスやメガルカリオがいるとタイプの補完もでき、相手サイクルが疲弊した終盤に全抜きを狙えて使いやすかった。

おだやかHD型 節を編集

性格:おだやか
持ち物:たべのこし/オボンのみ/ラムのみ
努力値:H252orH244 D252 残り適宜
確定技:はねやすめ
優先技:ボルトチェンジ/どくどく/ハサミギロチン
攻撃技:ほうでんor10まんボルト(どくどく採用時)/チャージビーム/むしのさざめき
補助技:てっぺき/ひかりのかべ/まもる/みがわり

HD振りで、カプ・コケコ、HB振りカプ・レヒレ、どくどくのないポリゴン2、対面限定でゲッコウガあたりに有利となる。
数は多くないがとつげきチョッキorこだわりスカーフ持ち霊獣ボルトロスなら完璧に受けきれる。
特防種族値は防御と比べ高くはない数値なので、Cの高い相手だと受けに余裕がない点には注意が必要。

デンヂムシ 節を編集

シングル基本型 節を編集

性格:のんきorなまいき/ずぶといorおだやか/わんぱくorしんちょう
特性:バッテリー
努力値:H252BD調整
持ち物:しんかのきせき
確定技:ボルトチェンジ
選択攻撃技:エレキネット/マッドショット/むしくい/どろかけ
選択補助技:いとをはく/ひかりのかべ/でんじは/どくどく/てっぺき/あまごい

少ない弱点と高耐久力・鈍足による後攻ボルトチェンジを生かした偵察・クッション役が主な仕事。
素早さがかなり低い為、でんじはやいとをはくを使用後でも後攻ボルトチェンジが出来る。

尚、ハサミギロチンは残念ながらデンヂムシでは覚えられない。


タグ: ノート