ニャイキング - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

このページはリージョンフォーム(ガラル)のものです。
通常フォームはこちら→ペルシアン
アローラのすがたはこちら→ペルシアン(アローラのすがた)

ニャイキング 節を編集

No.863 タイプ:はがね
通常特性:カブトアーマー(攻撃を急所に受けない)※Gニャースのとき「ものひろい」
          かたいツメ(直接攻撃の威力が1.3倍になる)
隠れ特性:はがねのせいしん(味方のはがね技の威力が1.5倍になる)※Gニャースのとき「きんちょうかん」
体重  :28.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
原種/リージョンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値差別化特性
ニャイキング70110100506050440カブトアーマー/かたいツメ/はがねのせいしん
ペルシアン6570606565115440じゅうなん/テクニシャン/きんちょうかん
Aペルシアン6560607565115440テクニシャン/ファーコート/びびり
単鋼HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ニャイキング70110100506050440カブトアーマー/かたいツメ/はがねのせいしん
(158)(488)252振り+かたいツメ換算
ダイオウドウ12213069806930500ちからずく/ヘヴィメタル
ギギギアル60100115708590520プラス/マイナス/クリアボディ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/かくとう/じめん
いまひとつ(1/2)ノーマル/くさ/こおり/ひこう/エスパー/むし/いわ/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなしどく

ガラル地方のニャースの「リージョンフォーム」の進化系。
はがねタイプへと変化し、更にニャース系統の特徴だった素早さを捨てて、
代わりに攻撃・防御に回した重火力アタッカー寄りの配分と、大きく変化した。

そこそこの攻撃種族値と2種類の火力アップ特性を持ち、サブウェポンもインファイトやじゃれつくなど豊富に持つ。
HPは低めだが防御の種族値はそれなりに高く、物理なら等倍火力や不一致弱点程度なら一発耐えうる。
合計種族値は低めながら、総じて物理方面はそこそこ優秀。

しかし鈍足ゆえに被弾がかさみやすく、何発も耐える耐久はないため、一発耐えて攻撃を返すだけという刹那的な運用になりがち。
また特殊耐久は低く、特殊技で上から縛られやすいのも難点。
特性もかたいツメだと非接触のダイマックス技には効果が乗らず、
はがねのせいしんは倍率は高いが、鋼技の範囲は狭く、使いやすい技も威力80のアイアンヘッド止まり。
習得技もタネばくだん、ねこだまし、とんぼがえりなど独特なラインナップだが、立ち回りを劇的に変えるものでは無い。
積み技も豊富でバトンタッチも習得するが、バトン役としては耐久や素早さが少し心もとない。

光る部分は有るものの、イマイチ痒いところに手が届かない性能といえる。

同期のダイオウドウは同タイプかつ似たような火力強化特性を持ち、広い攻撃範囲を扱えるライバル。
加えて安定した耐久力まで持っており、トリックルーム適性もあちらのほうが高い。
かたいツメとちからずくでの適応技の違いや、とんぼがえり・豊富な補助技の習得などを活かして差別化していきたい。

なお専用特性であるはがねのせいしんの適用範囲は味方全体のため、ダブルバトルであれば自身だけでなく味方の鋼技も強化できる。
上手く使えば超火力の鋼技を放てるが、惜しむらくは鋼タイプ自体の攻撃範囲がそれほど広くないことか。
また特性効果は重複するため、二体ともはがねのせいしんの場合は鋼技の威力が2.25倍になる。
もっとも専用特性の為、重複させるにはなりきり等を使う必要があり、あまり現実的ではない。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

カブトアーマー
鈍足と回復技がねむるしかない点で耐久型には不向き。
急所による不慮の事故を防ぐより、後者2つの特性で火力を上げて確実に役割対象に負荷を掛けるほうが堅実。要塞バトンとして扱うなら。
かたいツメ
接触技の威力が1.3倍になる。一致技に加えてサブも適用技が多く使いやすい。
一方でダイマックスすると全技が非接触になるので、そちらとの相性は悪い。ダイマックスを使わない前提で採用するならこちら
はがねのせいしん
隠れ特性。味方のはがね技の威力が1.5倍になる。
ダイマックスを使う前提で採用するならこちら。
威力補正ではかたいツメを上回るが、サブの威力が上がらなくなる。
ダブル向きだがダイマックス後も特性が適用されるため、一致技の最大火力を求めるならシングルでも採用は充分アリ。
はがねのせいしん込みA252ダイスチル(アイアンヘッド)は、B特化輝石Gサニーゴを等倍で確定2発圏内に捉えるほど。
一致技の最大火力は、ジャイロボールを除けば鉢巻アイアンテール、次にダイスチル、鉢巻アイアンヘッドと続く。
ちなみにA特化鉢巻アイアンテールはH振りヨクバリスをぴったり確1の超威力。
レイドバトルにも有効で、4人全員ニャイキングで、はがねのせいしんならば、それだけで5倍の威力を得られる。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
通常硬い爪鋼の
精神
アイアンヘッド80(120)104(156)180100怯み30%タイプ一致技。命中安定。トリパでないと怯みは狙いにくい。
アイアンテール100(150)130(195)22575防御↓30%タイプ一致技。命中難。
ジャイロボール~150(225)~195(292)~336100-タイプ一致技。のろいと合わせて。
最高威力を狙わなくても特性込みだと火力を出しやすい。
メタルバースト---100反射技逆襲技。ダイスチル化で通常技としても使える。
優先度が0である事は忘れずに。
とんぼがえり7091-100自分交代攻撃しつつ撤退。こだわり型で。
鈍足高耐久を活かし味方の無償降臨を狙う。
インファイト120156-100BD↓かくとうはがね。ダイナックルで攻撃積みにも。
じゃれつく90117-90A↓10%かくとうドラゴン
タネばくだん80--100-みずじめん
イカサマ95123-100-ゴースト、特にドラパルトなどに有効。
超にも抜群だがAが低い相手が大半なので有効ではない。
かたいツメ補正が乗るため、積み技使用後の物理相手なら
一致技以上の火力が出ることも。
かみくだく80104-100防御↓20%ゴーストのほか、エスパーへの役割や安定威力を求めるなら。
音技持ちに強くなるじごくづきも選択肢。
あなをほる80104-100溜め技ダイマックス枯らしやダイアースとして。じしんに注意。
ねこだまし4052-100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
通常硬い爪鋼の
精神
てっていこうせん140(210)-315100HP1/2
消費
起点化を避ける為の退場技だが、特性込みだと流石の威力になる。
わるだくみを積んでからダイマックスしてデメリットを
踏み倒すのも手か。
ラスターカノン80(120)-180100特防↓10%わるだくみ前提ならこちらも。
かみなり110--70麻痺30%起点にしてくるパルシェンギャラドスペリッパーへの逆襲用。
ダイマックス前提のピンポイント採用。
10まんボルト90--100麻痺10%バトン用にわるだくみを積む前提ならこちら。
ハイパーボイス90--100身代わり
貫通
わるだくみ後のサブウェポン。
変化技タイプ命中解説
つるぎのまい-攻撃↑↑。みがわりとセットで。
わるだくみ-特攻↑↑。バトン用だがてっていこうせんが超火力に。
てっぺき-防御↑↑。鉄壁化を狙う。
ドわすれ-特防↑↑。低めの特殊耐久を補う。
のろい-AB↑S↓。遅いのでS低下は気にならない他、ジャイロボールを破格の威力にできる。
つめとぎ-AH↑。アイアンテール、じゃれつく、かみなりと相性が良い。
バトンタッチ-積んだ能力を味方に渡す。積み技は豊富で毒も無効。
みがわり-補助技対策。
ちょうはつ100補助技対策。起点化回避に。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイスチルてっていこうせん140(210)
[315]
味方:B↑一致技。追加効果が優秀。鋼の精神なら等倍ダイスチル>抜群(2倍)他技。
アイアンテール
アイアンヘッド
ジャイロボール
130(195)
[292]
メタルバースト100(150)
[225]
ダイナックルインファイト95味方:A↑はがね。インファイトより威力は下がる、反動を嫌う場合や積みたい場合の選択肢。
ダイアースあなをほる130味方:D↑はがねほのおでんき。鋼技との補完に優れ、追加効果で双璧強化。
通常時のあなをほるがかなり使いにくいのが難点。
ダイフェアリーじゃれつく130場:MFかくとうドラゴン。火傷や睡眠の予防にも。
ダイホロウシャドークロー120敵:B↓ゴーストエスパー。威力は低めだが追加効果で耐久を削れる。
ダイアークイカサマ
じごくづき
かみくだく
130敵:D↓ゴーストエスパー。ダイマックス前提なら霊技推奨。
ダイソウゲンタネばくだん130場:GFみずじめん。地震を使ってくる相手への妨害としても。
ダイアタックあばれる130敵:S↓S無振りだと使っても抜ける相手は少なめ。
ダイサンダーかみなり140場:EFC下降補正無振り珠で無振りパルシェン確1。
C無補正20振り珠で無振りギャラドス確1。
ダイワームとんぼがえり120敵:C↓他技と範囲が被りがち。
ダイアシッドダストシュート95味方:C↑ダイスチルと範囲が被る。
ダイウォール変化技守る相手のダイマックス切れを狙う。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:かたいツメorはがねのせいしん
性格:いじっぱり/ようき/ゆうかん
持ち物:こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/いのちのたま/たつじんのおび/とつげきチョッキ
努力値:HA252/AS252
確定技:アイアンヘッド
選択攻撃技:とんぼがえり/インファイト/かみくだく/じゃれつく/タネばくだん/ねこだまし
選択補助技:つるぎのまい/のろい/みがわり/ちょうはつ

単純なアタッカー型。
一致技の威力をさらに高めるはがねのせいしんか、サブ技の威力も上げられるかたいツメかはパーティ次第。
ダイマックス前提だとかたいツメの効果がなくなるので、自動的にはがねのせいしんになる。

素早さも特防も低いので、物理相手以外では攻撃機会そのものに恵まれにくい。
味方のトリックルームやおいかぜ等のサポートが欲しいところ。
↑A252HD調整 アイアンヘッド/インファイト/ねこだまし/とんぼがえり@とつげきチョッキで使っている。
役割を持ちたいフェアリーが大抵特殊型でかつマジカルフレイムを持っているのでチョッキだとかなり動きやすい。
インファイトは対ノーマル用だけど対竜想定のじゃれつくでも良いかもしれない。

からぶりほけん型 節を編集

特性:はがねのせいしん
性格:いじっぱり/ようき
持ち物:からぶりほけん
努力値:HA252/AS252
確定技:アイアンテール/アイアンヘッド
選択攻撃技:インファイト/かみくだく/じゃれつく/タネばくだん/かみなり
選択補助技:つるぎのまい/のろい/みがわり/ちょうはつ

わざと命中不安のアイアンテールを使うことによってからぶりほけんを発動させ、大幅なSアップからの全抜きを狙っていく型。
最速でスカーフサザンドラの1つ下(150族相当)、準速で134族相当。

アイアンテールは3/4の確率で当たってしまうのでうまくいかないことも多い。

Sアップ後の技はやはり命中安定で怯みも狙えるアイアンヘッドがいい。鋼技を2つ搭載することになるので、特性ははがねのせいしんで確定。
あと2つは鋼に耐性を持つ相手をピンポイントで潰せるような技選びをする。

要塞バトン型 節を編集

特性:カブトアーマー
性格:わんぱく/しんちょう
持ち物:カゴのみ/オボンのみ/ラムのみ/たべのこし/メンタルハーブ
努力値:H252 & BorD252
確定技:てっぺき/ドわすれ/バトンタッチ
選択補助技:ねむる/つるぎのまい/わるだくみ/のろい/つめとぎ/みがわり/ちょうはつ

てっぺき・ドわすれの両壁の積み技を使えることを活かしたバトンタッチ型。
物理アタッカーに対し鉄壁を積み、流しを誘う。さらに流しの隙にドわすれを使って特殊耐久も高めエースに繋ぐ。
余裕があれば剣の舞や悪だくみを使いたいが体力や時間が厳しい。
ねむるは状態異常治癒&HP全回復のできる便利な技。優先して入れたいところではある。

挑発に非常に弱い。メンタルハーブを持ち挑発し返すのも手。

【ダブル】はがねのせいしん型 節を編集

特性:はがねのせいしん
性格:いじっぱり/ようき/ゆうかん
持ち物:たつじんのおび/とつげきチョッキ/オボンのみ/ふうせん/からぶりほけん/くろいてっきゅう
努力値:HA252/AS252
優先技:ねこだまし/アイアンヘッドorアイアンテールorジャイロボール/まもる
選択攻撃技:とんぼがえり/インファイト/かみくだくorダメおし/じゃれつく/タネばくだん/イカサマ/なげつける/ほしがるorどろぼう
選択補助技:みがわり/つるぎのまいorのろいorつめとぎ/バトンタッチ/いばる/なきごえ/いやなおと/うらみ/ねむる/ちょうはつ/にほんばれ/あまごい

はがねのせいしんによって味方に鋼技1.5倍のサポートを付与しつつ、自身も高威力の鋼技で攻める型。
優秀なタスキ&コンボ崩し技であるねこだましはほぼ確定。ただし、今作ではダイマックス状態の相手は怯まない点を留意しておくこと。
鋼技は基本アイアンヘッド。からぶりほけんやくろいてっきゅうを持たせる場合は他も検討価値あり。

いばキーで味方を超火力にできるが、味方も鋼タイプだと地震や噴火で一掃されやすくなってしまうのが難しいところ。
また、鋼タイプには相手2体攻撃技が存在せず、メジャーな炎水電気に半減されるのも懸念事項。
無理に味方の鋼技を活かそうとはせず、使う機会があればラッキーと考えるのが落としどころか。

積み技がとても豊富でバトンタッチも覚えるがダブルで活かすのはやや難しい。
ほか、天候変更技も使用することが出来る。味方にあわせて適宜組み込もう。

参考として、A252はりきりアイアント@いのちのたまのダイスチル(アイアンヘッド)にはがねのせいしんが乗ると、
ダイマックス中のH252バンギラス・トゲキッスを確1にできる。
半減でも、H252ミロカロスくらいなら乱1の大火力。

余談だが、はがねのせいしんの効果は重複するため、レイドバトルで4体のニャイキングを使用すれば1.5^4つまり5.0625倍の補正を得られる。


相性考察 節を編集


対ニャイキング 節を編集

注意すべき点
高い攻撃力と防御力が特徴の単はがねタイプ。
サブウェポンもかくとうフェアリーくさあくどくむしなどかなり幅広い。
特性でメインの鋼技やサブウェポンの威力をさらに強化してくる。
対策方法
特殊耐久とすばやさは低め。上から特殊ほのお技を叩き込めば簡単に倒せるだろう。
とはいえ、相手もそれを見越した動き方をしてくるので相手の控えに注意すること。
てきおうりょくと同じく一致技の威力が高い。受ける際は鋼を半減以下にできるポケモンがおすすめ。
ヒートロトムなら鋼技を4分の1で受けることができ、他サブウェポンも等倍以下で受けられる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ニャースニャイキング
-1アイアンヘッド80100はがね物理15
-1メタルバースト-100はがね物理10
-1てっぺき--はがね変化15
11ねこだまし40100ノーマル物理10
11なきごえ-100ノーマル変化40
41つめとぎ--あく変化15
81ひっかく40100ノーマル物理35
1212ネコにこばん40100ノーマル物理20
1616メタルクロー5095はがね物理35
2020ちょうはつ-100あく変化20
2424いばる-85ノーマル変化15
-*アイアンヘッド80100はがね物理15*進化時
2931みだれひっかき1880ノーマル物理15
3236いやなおと-85ノーマル変化40
3642きりさく70100ノーマル物理20
4048きんぞくおん-85はがね変化40
4454あばれる120100ノーマル物理10

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
すてみタックル120100ノーマル物理15
のろい--ゴースト変化10
じたばた-100ノーマル物理15
うらみ-100ゴースト変化10
ほしがる60100ノーマル物理25
つじぎり70100あく物理15

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化Gニャース(Lv28)→ニャイキング

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
うらみレベルキュウコン系統
じたばたレベルマンムー系統/ツンベアー系統/ホルード系統/キテルグマ系統
すてみタックルレベルイーブイ系統/カバルドン系統/キテルグマ系統/ナゲツケサル/エースバーン系統/バイウールー系統/タチフサグマ系統
つじぎりレベルダグトリオ/Gマッスグマ/スカタンク系統/マニューラ/レパルダス系統/ゴロンダ/フォクスライ系統/タチフサグマ
のろいレベルコータス
ほしがるレベルイーブイ系統/ニャオニクス♂系統/ヨクバリス