メタグロス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

メタグロス 節を編集

No.376 タイプ:はがね/エスパー
通常特性:クリアボディ(相手に能力を下げられない)
隠れ特性:ライトメタル(体重が半分になる)
体重  :550.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)/ライトメタル時:275.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
能力値HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
メタグロス80135130959070600クリアボディ/ライトメタル

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/じめん/ゴースト/あく
ふつう(1倍)みず/でんき/かくとう/むし
いまひとつ(1/2)ノーマル/くさ/こおり/ひこう/いわ/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)エスパー
こうかなしどく

冠の雪原で復帰したホウエン世代の600属。同タイプのドータクンがサポート気質なのに対し、こちらはアタッカーなので差別化は意識しなくてもよい。

高い耐久値、鋼タイプならではの耐性の多さ、高い攻撃からの多彩な攻撃技、クリアボディによる対ごまかし性能等、多くのポケモンとのタイマン性能が高く、多少の浮き沈みはあれど、登場当初からパーティーの苦手を穴埋めするポケモンとして高い採用率を維持してきた。

第8世代ではメガシンカの廃止により、先手をとれない相手が急増。第5世代以前のように「耐えて反撃」という流れになりやすいので耐久調整は以前にも増して必要になり、扱いが難しくなった。多くのエスパーの例に漏れずドラパルト等のゴーストが急増しているのも悩みである。

ダイマックスとの相性はまずまず。ダイスチル、ダイアースは自身の耐久値を底上げし、自身のタイマン性能をさらに高めてくれる。従来から積み技にとぼしいメタグロスにとってダイナックル、ダイサイコで火力を増強でにることも強化点だが、前者は威力が低い点、後者は自身のバレットパンチを封じ込めてしまう点に注意したい。

以上のように致命的な欠点はないのだが、使いこなすにはパーティーでの仮想敵をはっきりさせて、それにあった育成をしたいところである。