ハッサム - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ウルトラサン・ウルトラムーンでの考察はハッサム(第七世代Wiki)でお願いします。

ハッサム 節を編集

No.212 タイプ:むし/はがね
通常特性:むしのしらせ(HP1/3以下になると虫タイプの技の威力が1.5倍になる)
     テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:ライトメタル(体重が半分になる)
体重  :118.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)/ライトメタル時:59.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
虫/鋼HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ハッサム70130100558065500テクニシャン/むしのしらせ/ライトメタル
シュバルゴ701351056010520495むしのしらせ/シェルアーマー/ぼうじん
アイアント581091124848109484むしのしらせ/なまけ

ばつぐん(4倍)ほのお
ばつぐん(2倍)---
ふつう(1倍)  みず/でんき/かくとう/じめん/ひこう/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ノーマル/こおり/エスパー/むし/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしどく

攻撃が高く、その他の種族値配分にも無駄がないむし×はがね複合タイプ。
平均以上の耐久に加えて弱点がほのおのみという優秀な耐性を持ち、流し範囲の広さはかなりのもの。
交代する相手に刺さるとんぼがえりも完備し、まさにサイクル戦の権化と言える。
さらに特性テクニシャンと各種先制技の相性もよく、つるぎのまいからの先制技で全抜きを狙う資質も備える。

欠点は技威力の不足・一致技の通りの悪さによる攻撃性能の欠如である。
テクニシャンの性質上威力60以下(特性込みでも90以下)の技がメインとなる事が多く、つるぎのまい込みでも決定力に欠ける。
一致技の通りも悪く、せっかくつるぎのまいを積んでも引いたりとんぼがえりを選択せざるを得ない状況が起こりやすい。
また、耐久はあくまで物理は中の上、特殊は中の下から中の中といったところで、微妙な素早さも相俟って上からの等倍技でも削られがちである。
特に4倍弱点のほのお技の存在が厄介で、いくら気をつけていても不意のほのお技による役割破壊を防ぎきれないことが多々ある。
優秀なポケモンだが対策もされやすいため、可能な限りリスクを避けた選択肢を取れるよう慎重に運用したい。

第八世代ではめざめるパワーが廃止され、不意の炎技を受けるリスクが減った。超火力を叩き出すZ技も廃止となり、高威力の等倍技で縛られることも少なくなった。
メジャーなポケモンに目を向けてもオーロンゲミミッキュ等、有利なポケモンが一定数存在し、ドラパルトサザンドラマリルリ等相性補完に優れる相方も多い。

一方新要素ダイマックスとの相性は決して良いとは言えない。
廃止されたメガシンカ時のように耐久を底上げできるのはメリットだが、つるぎのまい+バレットパンチ、とんぼがえりからのサイクル回しといったハッサムらしい動きができなくなってしまい、特性テクニシャンも活かせなくなる。
アクロバット、つばめがえしを元にしたダイジェットで素早さをあげ、エースとなることもできるが、同タイプではりきりとダイマックスとの相性がよいアイアントが壁となる。

またはねやすめ、はたきおとす、おいうち、どくどく等の優秀な技も過去作限定となってしまい、型が絞られやすくなってしまったのもマイナスである。
さらにHGSS以降、テクニシャンの補正を受けることでシザークロスを超える威力となっていた虫の主力技、むしくいも過去作限定となったのもマイナス。


特性考察 節を編集

むしのしらせ
HPが減少すると虫技の威力が上昇。倍率は悪くないが虫技は通りが悪い。
更に虫技最大火力がシザークロス止まりであり、基本的に候補外。
テクニシャン
ストライク同様、適用される技が豊富で使いやすい。
ダイマックスとの相性は悪いが、他2つと比較すると最も使いやすい。
癖が無く、シンプルに通常時の技威力が上昇するので基本はこれ。ハッサムの採用に直結する特性。
ライトメタル
隠れ特性。体重が半分になる。
一応けたぐり等の威力が多少低下するが、ヒートスタンプの威力は上昇してしまう。
更に体重参照技自体がダイマックスに無効なので採用率が低い。基本候補外。