ヒードラン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ヒードラン 節を編集

No.485 タイプ:ほのお/はがね
通常特性:もらいび(炎技を受けるとそれを無効にし、交代するまで炎技の威力が1.5倍になる)
体重  :430.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
能力値HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヒードラン919010613010677600もらいび/ほのおのからだ

ばつぐん(4倍)じめん
ばつぐん(2倍)みず/かくとう
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/エスパー/ドラゴン
いまひとつ(1/4)くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
こうかなしどく

特性もらいびにより、ほのお無効


唯一の「ほのお×はがね」複合タイプを持つ準伝説ポケモン。
「もらいび」込みで弱点3・等倍4・耐性9・無効2という堅牢な補完を誇り、耐性9タイプのうち5タイプをも1/4に抑える。
また、現時点で唯一の「ほのお技を半減以下にすることができる『はがね』タイプのポケモン」である。
それにより、じめん技やかくとう技を持たないほのおタイプ全般の立ち回りを著しく制限させる性能を持っている。
代替となりうるポケモンも存在せず、繰り出し性能・流し性能に優れ、相性のよい味方も多く、サイクル戦適性の塊とも言えるポケモン。

極めて優位に立てる相手が多数存在する一方、メインウェポン・サブウェポンとしてほぼ確実に採用されるじめん技には極めて弱いという欠点も存在する。

得手不得手がはっきり分かれることもあり、それをカバーする意味でも常に控えとの連携を意識して動かしたい。

第8世代ではめざめるパワーが消滅。これで特殊アタッカーからめざめるパワー地面という思わぬ奇襲がとんでくることがなくなった。多くのエスパーフェアリーがめざめるパワーの変わりに鋼対策としてマジカルフレイムを与えられたが、ヒードランにはマジカルフレイムも無効。これらのタイプのポケモンには以前にも増して安定した役割を持てる。

また新たな相性補完に優れる味方としてゴリランダーが登場。グラスフィールドでヒードランが苦手とするじしんを牽制し、格闘以外のお互いの弱点をフォローできる。前作で登場したカプ・ブルルと違い、格闘や悪が一貫してしまうという欠点はあるが、ゴリランダーはドラムアタック、とんぼがえり、はたきおとすとヒードランの有利対面を作る数多くの技を覚えるため、劣化にはならない。

一方、どくどくが過去作限定となったため、前世代でメジャーな型の1つだった「どくみが型」が消滅したのは惜しまれる。