ドヒドイデ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ドヒドイデ 節を編集

No.748 タイプ:どく/みず
通常特性:ひとでなし(相手がどく状態の時、攻撃が必ず急所に当たる)
     じゅうなん(まひ状態にならない)
隠れ特性:さいせいりょく(手持ちに戻るとHPが最大値の1/3回復する)
体重  :14.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
毒/水HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドヒドイデ50631525314235495ひとでなし/じゅうなん/さいせいりょく
ハリーセン659585555585440どくのトゲ/すいすい/いかく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/じめん/エスパー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/かくとう/どく/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

どく×みず複合タイプを持つ鈍足耐久ポケモン。
高い耐久値を持ち、じこさいせい、さらには隠れ特性「さいせいりょく」をも備える。
ねっとう・必中どくどくによる二段構えの削り手段・どく状態無効による崩されにくさもあり扱いやすく、耐久型として極めて完成度が高い。

さいせいりょく」の恩恵により削れた状態で引いても役割放棄にならず、じこさいせいにターンを割かずサイクルの中で回復できるため、不利対面でも後手に回らずどくどくなどを選択できる。
遂行には時間がかかるものの、ダメージソースの始動から長大なサイクルのパーツまでを一手に担うことができ、受けループのコンセプトを体現したような性能を持っている。

難点として、自身の火力が非常に低く、相手へのダメージソースが完全にスリップダメージ依存であることが挙げられる。
毒状態もねっとうのやけども防がれてしまうみがわりには成す術がない。相手が耐久無振りであっても、無振りの攻撃ではみがわりが壊れない事がほとんど。

他の低火力高耐久ポケモンの多くが覚える固定ダメージ技・アンコール・ちょうはつ・のろい・ほえる・ふきとばし等の対抗手段たる技は全く覚えないため、耐久型の中でも特にみがわりに弱い。

さすがに高火力の一致弱点も厳しく、ドヒドイデのステータスでは1発耐えたとしても抗う手段を持ち合わせないため、意外にも居座りには適性がないと言える。
さいせいりょく」による擬似的な行動保証はあるものの、過信せず引きながらサイクルを制していきたい。
広く役割を持てるポケモンではあるが、その遂行速度の遅さが仇になることを念頭に置いておきたい。

第8世代では、だくりゅう、しおみず、ダストシュート、マッドショット、たたりめを習得。
一方で、はたきおとす、マジックコート、いばる、かげぶんしん、めざパなどが習得不可能になった。
また、高種族値の電気タイプが軒並み姿を消したことで少しは動きやすくなった。しかし、鋼タイプの流行が逆風である。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ひとでなし
専用特性。どく状態の相手に対し攻撃が必ず急所に当たるようになるが、ドヒドイデのステータスと全く噛み合っておらず基本的に候補外。
特化×ひとでなし発動(1.5倍換算)でもA実数値189(=A種族値120相当)、C実数値172(=C種族値105相当)しかない。
さいせいりょくを捨て、前準備を要してまで狙う必要はない。
※考察はノートにあります。

簡易考察

ひとでなしベノムショック火力指数は33637と、特化メガゲンガーのヘドロばくだん(32940)をわずかに上回るが、
それはベノムショックの性能であって、他のポケモンのベノムショックの方が火力が出るのは明白。
何より、ドヒドイデが呼ぶどく無効のポケモンに対して更に無力になる。
以上の理由からレーティングバトルでの採用価値は皆無である。

じゅうなん
じゅうなん自体は決して弱い特性ではないが、もともと鈍足なため麻痺はさほど怖くない。
何より、優秀なさいせいりょくを捨ててまで採用する価値が無いため候補外。
さいせいりょく
隠れ特性。高耐久と非常に相性がよく、得手不得手がはっきりしており受け回し気味に戦う事が多いため、戦術とも噛み合っている。
他2つがドヒドイデ自体の性能と噛み合っていないのもあり、基本はこれで確定。
さいせいりょく持ちの水タイプはヤドランヤドキングママンボウがいるが、
タイプや習得技・ステータスに大きな違いがあるため差別化は不要。
なお、かいふくふうじ状態でもさいせいりょくでの回復はできるが、いえきやスキルスワップ、なかまづくり等でさいせいりょくを消された場合は交代しても回復しないので注意。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
ねっとう80(120)100火傷30%主力技。やけどによる物理アタッカーへのごまかしも狙える。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%タイプ一致技。ちょうはつを受けても毒を狙える。
水半減の相手に等倍以上で通りやすく、みがわりを壊しやすくなる。
まとわりつく20100拘束ダメどくどくとあわせて。居座り気質が強く汎用性を落とすことにはなる。
変化技タイプ命中解説
どくどく必中ダメージ源。自身のタイプにより必中。
じこさいせい-回復技。最も手軽な回復手段。
くろいきり-積み技対策。起点化回避に。タマゴ技。
トーチカ-専用技。詳細下記。毒やくろいヘドロのターン稼ぎに。
どくびし-設置技。サイクル戦での毒撒きに。
ワイドガード-ダブルバトルで。

採用率が低い技

PGLシーズン14~15の統計ではじこさいせい、ねっとう、くろいきりの採用率は95%以上であり、残り1枠に毒技を搭載した型がほとんどを占める。
4倍意識の氷技、受けられる範囲を広げる積み技も状況次第では有効だが、上記のどの技を切っても本来の役割遂行に支障を来たしやすい為、明確な仮想敵・PT単位での採用理由が無い限り搭載は難しく、採用率はいずれも1%を下回っている。

物理技タイプ威力命中効果解説
アクアブレイク85(127)100防御↓20%タイプ一致技。性能安定。
ダストシュート120(180)80毒30%対フェアリー・草。物理最大火力。
どくづき80(120)100毒30%タイプ一致技。
はたきおとす65/97100道具排除相手の道具を無効化する。メガストーン・Zクリスタルには威力上昇なし。
USUM教え技
しっぺがえし50/100100対ゴースト。エスパーにも抜群。鈍足と相性がよい。
特殊技タイプ威力命中効果解説
ヘドロウェーブ95(142)100毒10%タイプ一致技。わずかな差だが威力が高い。
ベノムショック65(97)/130(195)100タイプ一致技。相手が毒なら特殊最大火力。
どくどくやどくびし、トーチカとあわせて。
なみのり90(135)100タイプ一致技。岩・地面に抜群、鋼にも等倍。
だくりゅう90(185)85命中低下30%タイプ一致技。博打の好きなプレイヤーなら。ねっとうと選択。
れいとうビーム90100凍り10%水定番のサブだが威力には期待できない。ボーマンダの起点回避を主因に。
こごえるかぜ5595素早さ↓100%相手の素早さを下げたい場合に。USUM教え技
めざめるパワー60100相性補完に。対鋼の炎・地面など。
変化技タイプ命中解説
ひかりのかべ-特殊耐久を強化。後続のサポートに。
てっぺき-防御を補強。USUM教え技
いえき100強特性対策。バトルスイッチ等には無効。USUM教え技
いたみわけ-削り技兼回復技。低めのHPと相性がよい。USUM教え技
マジックコート-補助技対策。読みが要るが決まれば強力。USUM教え技
たくわえる-防御・特防を補強。Zワザ化でHP全回復。タマゴ技。

専用技「トーチカ」について 節を編集

  • 優先度+4
  • 相手の技を防ぐ
  • 変化技も防ぐことができる
  • 防いだ攻撃技が接触技の場合、相手を毒状態にする
  • 連続使用で成功率が下がる
    性能比較接触攻撃技非接触攻撃技変化技
    まもる防ぐ防ぐ防ぐ
    ニードルガード防ぐ・HP1/8ダメージ防ぐ防ぐ
    トーチカ防ぐ・毒防ぐ防ぐ
    キングシールド防ぐ・攻撃↓防ぐ防げない

ダイマックス技考察 節を編集

自分から能動的に使うのではなく、敵のダイマックスに対抗する目的で使用するのが基本。
ダイウォールをメインに各種妨害技で敵の能力を下げながら3ターン凌ぐ。

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアシッドダストシュート95(142)味方:C↑一致技。相手の攻撃を耐えながら徐々に特攻を上げられるが、初動の威力は低め。
どくづき
ヘドロばくだん
ヘドロウェーブ
90(135)
ベノムショック85(127)
ダイストリームハイドロポンプ140(210)天候:雨一致技。ダイアシッドでの特攻上昇と雨が乗れば相手を倒せることも。
アクアブレイクの場合、A無補正無振り帯で無振りドリュウズ高乱1。
なみのり
だくりゅう
ねっとう
アクアブレイク
130(195)
ダイアイスふぶき140天候:霰起点にしてくるドラゴンなどへの奇襲。要調整。霰のスリップダメージに注意。
れいとうビーム130
こごえるかぜ100
ダイウォール-変化技まもる相手のダイマックス切れを狙う。連続使用で失敗しやすくなる。

採用率の低い技

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアースマッドショット110味方:D↑特防強化目的で。調整すればでんきへの奇襲にも。
ダイワームミサイルばり130敵:C↓呼ぶエスパーへの奇襲。また、相手への妨害として。
まとわりつく90
ダイホロウたたりめ100敵:B↓呼ぶエスパーへの奇襲。また、再生力とあわせて味方物理アタッカーのサポート。
ダイアークはたきおとす120敵:D↓呼ぶエスパーへの奇襲。また、再生力とあわせて味方特殊アタッカーのサポート。
かみつく110
ダイアタックからげんき120敵:S↓使っても抜ける相手は少ない。
りんしょう110

型考察 節を編集

物理受け型 節を編集

特性:さいせいりょく
性格:ずぶとい
努力値:HB252
持ち物:くろいヘドロ/ゴツゴツメット
確定技:どくどくorどくびし/じこさいせい
優先技:ねっとう/くろいきり
攻撃技:まとわりつく
補助技:トーチカ

受けループにおける物理受け。有利な相手に後出しし、毒を撒きつつじこさいせいで粘る。
毒無効の鋼はねっとうで削る。地面や物理アタッカーへの牽制にもなるが、火力は期待できない。
積みの起点にされやすいため、くろいきりの優先度も高い。PGL統計では確定技と優先技の4つが常に4位以内となっている。

突破手段のないポケモンには圧倒的に強いが、確2以上の攻撃技で押し込んでくる相手には抗えない。
また毒無効の相手全般に対してダメージソースがないため、これらの問題を控えで解決するのが理想。

どくびしをどくどくと選択の確定技に。
単体として考えるならどくどく推奨なのは変わらないが、サイクルを回すことが前提ならどくびしを選択する余地はある。
現にPGLではどくどく採用率は減少傾向にあり、シーズン14時点で5割を切っている。

第8世代では技マシンからどくどくが削除された為、S1現在では貴重などくどく持ち。
第7世代から引き続きミミッキュに強く、ドラパルトにも比較的有利と環境トップメタに強め。ただし彼らのダイホロウによるBダウンは痛いので、裏のポケモンと受け回しやくろいきりが必要。ドラパルトは10万ボルト持ちもそこそこいる。
またウオノラゴンのA特化特性補正込み先制エラがみはHB特化であれば一応受け出しは利く(32.4~38.2%)。ただしハチマキ持ち、雨下だと受けられなくなる。

特殊ベース両受け型 節を編集

特性:さいせいりょく
性格:おだやか
努力値:H252 BD調整
持ち物:くろいヘドロ/ゴツゴツメット
確定技:じこさいせい/くろいきり
優先技:ねっとう/どくどくorどくびし
攻撃技:まとわりつく
補助技:トーチカ

能力値的にはB>Dではあるが調整次第で十分特殊も受けられる。環境に蔓延るトゲキッス、みがわりの無いサザンドラらを受けにいく。
一方で最低限の物理耐久も持ち合わせ、サイクルパーツやクッション役としての起用となる。
持ち物はほぼくろいヘドロ、稀に混乱実を見るくらい。
技は特殊ATに積み技持ちが多い為くろいきりはほぼ必須。優先技に優先度は下げたもののどくどくかどくびしも優先度は高い。最近ではダイマックスのターンを少しでも稼ぐ為にトーチカを入れる個体も増えている。

型サンプル

  • H252 B132 D124(実数値157-×-189-73-195-55)
    陽気珠持ちミミッキュのA+2ダイホロウを最高乱数以外耐えまでBに振り、残りをDに割いた。ちなみにずぶといでやっても数値はほぼ一緒になる。
  • 他ダメージ計算(目安として参考までに)
  • A177ダイマックスギャラドスのダイジェット→43.9~52.2%(乱数2:ヘドロ込みで2耐え)
  • A172ダイマックスドラパルトのダイドラグーン→42.6~51.5%(同上)
  • C172ダイマックストゲキッスのダイジェット→42.0~49.6%(確定3)
  • C177サザンドラのりゅうせいぐん→42.6~50.3%(1.1%の超低乱数2:ヘドロ持ちなら2耐え)
  • C157FCロトムのボルトチェンジ→42.0~49.6%(確定3:実際はこれ以上の火力を出してくることも多い)

相性考察 節を編集

交代を挟むことで特性の発動も出来るので補完の良い味方を控えておくと良い。具体的には悪タイプや鋼タイプなど。一例ではあるが何匹か挙げておく。

  • ナットレイ
    第7世代からある並び。
    ただしナットレイが炎技に極端に弱く、炎タイプでないトゲキッスやドラパルトらも持っている現状なかなか動き辛い。
  • アーマーガア
    電気が一貫するものの、能力を下げてドヒドイデを突破しようとする相手へのメタ。
    また環境トップのミミッキュやドリュウズ、バンギラスらに強く、圧力をかけておくなら。
  • ブラッキー
    クッション性能の高いブラッキーと受け回し。ねがいごとによりドヒドイデの方の回復も出来る。
    しかしサザンドラが少し重たくなる。またナットレイらにも言えるがドリュウズなどの一撃技持ちにも弱い。
  • サザンドラ
    ドヒドイデの弱点(かたやぶり+じめん技とフリーズドライ以外)を特性込みで全て半減以下に抑える。こちらはフェアリー、氷、虫、格闘が受けられる。
    一貫性の高い一致技で相手にも負担をかけていきやすい。

対ドヒドイデ 節を編集

注意すべき点
優秀な耐性と高い耐久種族値、じこさいせいを始めとする豊富な回復手段を併せ持つ。
どくどくやどくびしのほか、ねっとうやまとわりつくなど、削り技にも事欠かない。
さいせいりょく」で回復しつつサイクルを回されると厄介。
積み技を使ってもくろいきりで能力変化をリセットされる。
対策方法
非常に堅牢だが、殴り性能はほぼ無い。
ほとんどの個体が攻撃技はねっとうのみ。
・アンコール、挑発
・こだわりトリック
・身代わり
・一撃必殺技
・ミストフィールド等の状態異常対策
・高火力弱点技
その際にも相手後続を意識し、一貫性の高い技で負荷をかけていく事が重要となる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
ヒドイデドヒドイデ
-1トーチカ--どく変化10
11どくばり15100どく物理35
-1つつく35100ひこう物理35
-1かみつく60100あく物理25
-1どくびし--どく変化20
55つつく35100ひこう物理35
99かみつく60100あく物理25
1313どくびし--どく変化20
1717ワイドガード--いわ変化10
2121どくどく-90どく変化10
2525ベノムショック65100どく特殊10
2929とげキャノン20100ノーマル物理15
3333じこさいせい--ノーマル変化10
3737どくづき80100どく物理20
4144ベノムトラップ-100どく変化20
4551ミサイルばり2595むし物理20
4958アクアブレイク85100みず物理10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技23うちおとす50100いわ物理15
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技55ねっとう80100みず特殊15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技79こおりのいぶき6090こおり特殊10
技83まとわりつく20100むし特殊20
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技94なみのり90100みず特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
たくわえる--ノーマル変化20
のみこむ--ノーマル変化10
はきだす-100ノーマル特殊10
くろいきり--こおり変化30

教え技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
こごえるかぜ5595こおり特殊15
いびき50100ノーマル特殊15
いえき-100どく変化10
うらみ-100ゴースト変化10
ダストシュート12080どく物理5
てっぺき--はがね変化15
はたきおとす65100あく物理20
いたみわけ--ノーマル変化20
とおせんぼう--ノーマル変化5
マジックコート--エスパー変化15
よこどり--あく変化10
おさきにどうぞ--ノーマル変化15
ほしがる60100ノーマル物理25
みずのはどう60100みず特殊20
アクアブレイク85100みず物理10Lv

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中1
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化ヒドイデ(Lv.38)→ドヒドイデ

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
くろいきりレベルヌオー系統/アメタマ/ゲッコウガ
リレーアーボック系統(ドラゴン)→ミニリュウ/ヒンバス/クズモー(ドラゴン/水中1)
たくわえるレベルペリッパー(L33)
リレーアーボック系統/クチート/クイタラン/ネッコアラ(陸上)→パウワウ/ウパー/タマザラシ(陸上/水中1)
のみこむレベルペリッパー(L33)
リレーアーボック系統/クチート/クイタラン/ネッコアラ(陸上)→パウワウ/ウパー/タマザラシ(陸上/水中1)
はきだすレベルペリッパー(L33)
リレーアーボック系統/クチート/クイタラン/ネッコアラ(陸上)→パウワウ/ウパー/タマザラシ(陸上/水中1)