ドククラゲ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ドククラゲ 節を編集

No.073 タイプ:みず/どく
通常特性:クリアボディ(相手に能力を下げられない)
       ヘドロえき(相手が吸収するはずのHP量をダメージとして与える)
隠れ特性:あめうけざら(雨の時に毎ターンHPが1/16回復する)
体重  :55.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
毒・水HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドククラゲ80706580120100515クリアボディ/ヘドロえき/あめうけざら
ハリーセン659585555585440どくのトゲ/すいすい/いかく
ドヒドイデ50631525314235495ひとでなし/じゅうなん/さいせいりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/じめん/エスパー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/かくとう/どく/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

高い特殊耐久と優秀なタイプ耐性を誇り、耐久ポケモンとしては高水準な素早さを持つ。
特性ヘドロえきにより、フシギバナなどのHP吸収技を主力とするポケモンに強い。
またどくどく無効・炎半減のため、絡め手を用いてサイクル崩壊を図る相手には無類の強さを誇る。

一方で耐性的には物理受けの素養が高いにも関わらず、種族値は特殊受けというミスマッチが惜しい。
特殊耐久は優秀だが、耐性は物理寄りのタイプが多いため安心して受けられるのは水・氷ぐらい。
物理耐久は半減で受けられる事こそ多いが、指数が低いため高火力のでリ押しされると半減でも手痛いダメージを受ける。
更にサブウェポンで使用率の高いじめん技が弱点であり、不一致じしん等でも簡単に致命傷を負ってしまう。
また、じこさいせいを覚えず回復手段に限りがある点は致命的であり、一度消耗すると簡単には立て直せない。
これらの要因から優秀な能力を持つ一方、採用率は低いのが現状である。

同タイプのドヒドイデはタイプ耐性と好相性な高い物理耐久を有し、特殊耐久指数も若干ドククラゲが勝る程度で大した差がない。(ドククラゲ21700、ドヒドイデ20250)
じこさいせい+さいせいりょくという優秀な回復ソースも持ち合わせており、耐久ポケモンとしての汎用性は向こうが上と言える。
攻撃性能と素早さで勝り特性も違うため差別化の必要性は薄いが、固有の特性や技を活かした努力値配分は意識しておきたい。

第八世代では新たな仮想敵としてガラルサニーゴが登場。ちからをすいとるで回復するところに逆にダメージを与えられ、技の使用を大きく牽制できる。
また新技としてふしょくガスを習得。サニーゴのみならずポリゴン2の進化のきせきをなくすこともできる。
このように詰ませ性能のあるポケモンへの対抗馬としては優秀である。

しかしどくどく・アシッドボム・まとわりつくが過去作限定となり弱体化が強く目立つ。
バリアーはとけるで代用できるので問題ないが、火力不足を補えるアシッドボムは第7世代でも採用率が高い技だったのでこれの没収は特に大きな痛手となる。
ダイアシッドのC上昇でカバーできなくもないが、他の高火力ポケモンを差し置いてダイマックスを切る明確な理由付けが必要になる。
また、今回の技没収により新参のガラルヤドランを除きどくどくを使えない唯一の毒タイプとなってしまった。

ドヒドイデとの比較 節を編集

ドヒドイデ
高い物理耐久、じこさいせい・特性さいせいりょくによる安定した回復ソース、トーチカ・たくわえる・どくどく
ドククラゲ
高い素早さ、それなりの火力、特性ヘドロえきによる一部のポケモンへの対策性能、ミラーコート・とける

ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ヘドロえき
ドククラゲの採用理由に直結する特性。
ギガドレイン・やどりぎのタネなどのHP吸収技に対して発動し相手にダメージを与えるため、実質それらの技の使用を制限できる。
あくまで耐久型へ負担を与える特性であり、吸収技のダメージ自体は防げない上、ドククラゲ自身も回復ソースが極めて貧弱。
考えなしに繰り出し続けると受け出しが効かなくなる場合があるため、負担を減らすためにも役割遂行は早期に行いたい。
余談だが、ちからをすいとるにも効果を発揮するため、一部のポケモンを詰みに追いやることもできる。
クリアボディ
決して性能は悪くないが、上記のヘドロえきがドククラゲの採用理由に直結するためあまり採用されない。
被弾回数が多い耐久型において追加効果による能力ダウンを引かないのは小さくない利点。
今作ではダイマックスわざによりランク低下が多発するので、一応採用価値自体は上昇してはいる。
あめうけざら
隠れ特性。雨が降っているとターン終了時にHPを回復する。
唯一の持続的な回復手段ではあるが能動的に雨を降らせるにはあまごいかダイストリームが必要。
雨パメタになる能力や技は無く、この特性自体は何の負担も与えないのでメタとしては力不足。
他の特性が優秀なのもあり基本的には候補外。採用する場合は明確な目的意識が欲しい。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ハイドロポンプ110(165)80-高威力のメインウェポン。命中不安だが、素の火力不足を補いたいなら採用候補。
なみのり90(135)100-命中安定のメインウェポン。
ねっとう80(120)100火傷30%物理受け型ならほぼ必須。
ヘドロウェーブ95(142)100毒10%ヘドロばくだんとの選択。火力重視、ぼうだん対策に。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%ヘドロウェーブとの選択。追加効果狙いも兼ねるなら。ぼうだんに無効。
アシッドボム40(60)100特防↓↓100%特殊受け崩しや自己火力補助に。
また、とつげきチョッキでも使える疑似積み技。ぼうだんに無効。
過去作限定
ベノムショック65(97)/
130(195)
100毒状態へ
威力倍
毒にさせる機会は多いので有力なコンボになりうる。
れいとうビーム90100凍り10%ドラゴンや草・飛行に有効。水技との補完に優れる。
こごえるかぜ5595素早さ↓100%素早さは激戦区に位置するため、自身に対して有用。
マジカルシャイン80100-ドラゴン・悪・格闘へ。
格闘最メジャーのバシャーモには等倍のため実質サザンドラピンポイント。
ギガドレイン75100HP吸収1/2アシッドボムと合わせて対耐久水に。回復手段にもなる。
ミラーコート100優先度-5
特殊技反射
タマゴ技。特防が高いので弱点を突かれても耐えることが多い。
たたりめ65/130100状態異常へ
威力倍
毒や火傷にさせる技が多いので相性は良好。ブルンゲルなどに抜群を取れる。
まとわりつく20100-交代を封じつつスリップダメージを与える。対面操作に有用。
過去作限定
変化技タイプ命中備考
どくどく必中基本的に火力が無いので有用なダメージソースに。毒タイプなので必中だがねっとうと相性が悪い。
過去作限定
どくびし-他のポケモンのサポート他、ベノムショック・たたりめとのコンボに。
あやしいひかり100混乱の平均ターン数及び自傷率は減ったものの嫌らしいことには変わりない。
いばる85物理耐久はやや薄めなので、特殊アタッカーへ撃ったりみがわりを併用したりしよう。
ねむる-使うならカゴのみとセットで。素眠りは危険だがヒードラン軸に対する回答としてはあり。
みがわり-くろいヘドロ持ちなら試行回数を増やせる。
まもる-様子見やくろいヘドロの回復、フィールドや天候の時間稼ぎに。
とける-物理耐久を補えるが、こちらのかける圧力の低さから、
積んだターンに有効打を持ったポケモンが出てくることも多く積みづらい。
マジックコート-ちょうはつやでんじは等、相手の変化技を読んで。優先度+4。
ミラータイプ-受けられる範囲が大きく変わる。
くろいきり-みがわり・マジックミラー貫通で相手の積み技をリセット。
ふしょくガス-自分以外の持ち物を腐らせて使えなくする。ポリゴン2やガラルサニーゴ等に有用だが、味方の持ち物まで腐らせてしまう点やねんちゃくに効かない点には注意。

型考察 節を編集

特殊流し型 節を編集

性格:おだやか
特性:ヘドロえき
努力値:HD252ベースで調整
持ち物:くろいヘドロ/とつげきチョッキ/カゴのみ
確定技:ねっとうorなみのり
優先技:ミラーコート/ヘドロばくだん
選択攻撃技:れいとうビームorこごえるかぜ/ギガドレイン
選択補助技:みがわり/ねむる/まもる/くろいきり

トゲキッスギルガルドなどの一致弱点を突かれない特殊アタッカーにも強く
半端な特殊技はミラーコートで返せるのが魅力。対耐久水性能も非常に高い。

漠然とD特化するより仮想敵をしっかり定めて上を取れるようにS調整したり、遂行火力確保のC調整を行って確実な役割遂行を狙いたい。

Sは無補正36振りで最速61族抜き(バンギラス)など。
CやSに多く振る場合でも基本はD上昇補正を掛けるほうが努力値に無駄がでないので性格はおだやか推奨。

高い特防で特殊アタッカーを返り討ちにできるミラーコートの優先度は高め。
どくどくもポリゴン2などには有効だがねっとうとは相性が悪く、一番の役割対象であるメガフシギバナに刺さらないため技構成が難しい。
地面技持ちのドラゴンは基本的に役割対象外のため、他の高耐久水ポケモンと違い氷技の優先度はそんなに高くない。

持ち物考察

くろいヘドロ
最安定、役割対象への繰り出し回数を増やせるため長期戦で戦う耐久型に合っている。
回復量込みで仮想敵からの確定数をずらす調整も考えられる。
とつげきチョッキ
特殊耐久を底上げ。アシッドボムやミラーコートとの相性もよいが、回復ソースが不一致ギガドレインしかないのが最大の難点。
カゴのみ
回復ソースを眠るに頼る場合に。どくどく無効なので状態異常回復の恩恵は薄いがそれでも麻痺・やけどを治せるのは利点。

物理流し型 節を編集

性格:ずぶとい
特性:ヘドロえき
努力値:HP252 防御252 S4
持ち物:くろいヘドロ/ゴツゴツメット
確定技:ねっとう
選択攻撃技:ヘドロばくだんorヘドロウェーブ/れいとうビーム/こごえるかぜ/ギガドレイン/ミラーコート
選択補助技:くろいきり/みがわり/まもる

SMシーズン2では使用率8.2%。

マリルリなどの物理アタッカーに繰り出す型、後出しで有効なゴツゴツメットは非常に相性がよい。
H振りのみでも特殊耐久は高く、メガライボルトの10まんボルト程度なら耐えるため役割放棄気味になるがミラーコートも採用できる。
物理を見ながらフシギバナを対処できる点は強み。

耐性受けするポケモンなので等倍高火力を受けることはできない。
また物理受けに特化した場合ドヒドイデのほうが優秀な点が多いため、高めのSやCを活かした調整で差別化を意識しておきたい。

特殊アタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
特性:ヘドロえき
努力値:CS252orHC252
持ち物:こだわりメガネ/くろいヘドロ/とつげきチョッキ
確定技:ハイドロポンプ/ヘドロウェーブorヘドロばくだん/れいとうビーム
選択技:ねっとうorなみのり/ミラーコート/くろいきり

水×毒の等倍範囲はそこそこよく、両方を半減以下にできるメジャーポケモンはナットレイブルンゲルドヒドイデ程度。
耐久型のイメージが強く、低火力だと思って一発もらう覚悟で出て来る相手に痛手を与えることができる。

実数値でH204D102のマリルリにC特化ヘドロウェーブが74.5%~89.2%(はらだいこ使用後ならオボン回復量込で最高乱数以外1発)。
とつげきチョッキの場合も実数値H207D101のマリルリに対し50.2%~60.8%の確定2発。
B特化してもはらだいこ後のじゃれつく+アクアジェットは耐えられないため、対マリルリが最も安定する型と言える。

後出しされがちな鋼タイプのことも考えるとやけどのスリップダメージの狙えるねっとうや、C特化でのこだわりメガネが有用。
H252ギルガルドをC特化こだわりメガネハイドロポンプで高乱数2発(82%)のため、等倍受けでは容易な後出しができなくなる。
一方でこだわると毒技読みで鋼タイプに受けだしされて流される可能性が出てくるので注意。後続を読んで技を撃つようにしたい。

Cに補正を掛ける利点の1つとして実数値H161D175のギルガルドのみがわりをなみのりで確定で壊せる点がある。(ねっとうの場合C特化で81.3%の高乱数)
被弾数がかさむと追加効果で確定数がずれる可能性があるため、
どくまもギルガルドを重く見るならひかえめHCベース@くろいヘドロといった耐久型との折衷案のような型も考えられる。

先発どくびし撒き型 節を編集

特性:ヘドロえき
性格:おくびょう(推奨)/ずぶとい など
努力値:H252をベースに素早さ調整、残り耐久
持ち物:ふうせん(推奨)/くろいヘドロ/きあいのタスキ/レッドカード
確定技:なみのりorねっとう/どくびし
選択攻撃技:れいとうビームorこごえるかぜ/ヘドロばくだんorヘドロウェーブ
選択補助技:まもる/ミラーコート

受け型の印象が強く、先発からのどくびし撒きは読まれない。
見た目より高い素早さと、中堅以上の耐久を持ち合わせるため、先発性能は意外と高い。

ねっとうはどくびしと相性があまりよくなく見えるが、毒にならない鋼タイプや毒タイプに
火傷を狙うことができるため、わりと有用である。

持ち物はふうせん推奨。
物理相手は苦手なものの、最もメジャーなじしんさえ受けなければ数回行動できる場合も多い。
くろいヘドロも悪くなかったが、じしん耐性には勝らなかった印象。


相性考察 節を編集

  • サザンドラ
    サザンドラ登場の5世代より言われた相性補完。別名サザンクラゲ
    ドククラゲが格闘・虫・フェアリー・氷に、サザンドラが地面・エスパー電気に強いためタイプ相性上の補完に優れる。(ただしフリーズドライは両者抜群)
  • アーマーガア
    電気以外の互いの弱点をカバーできる。電気の一貫を切るために三枠目には地面タイプやひらいしんが適任。
  • ゴリランダー
    ドククラゲの弱点の電気、地面に耐性があり、特にじしんの威力をグラスフィールドで半減でき、回復ソースも持てるのは大きい。ゴリランダーの苦手な炎、虫、毒、氷はドククラゲが耐性を持つ。3枠目はエスパー、飛行の一貫を切れる鋼タイプを備えたい。

対ドククラゲ 節を編集

注意すべき点
優秀な特殊耐久と耐性、高い素早さを持ち、どくどく無効で特性ヘドロえきによりやどりぎのタネ、ちからをすいとるも撃ちづらい。
必中どくどく、アシッドボム、ねっとうなど耐久崩しに長けた技を多く持つため耐久ポケモンでは分が悪い。
特殊方面は等倍や不一致弱点程度では落ちないため、ミラーコートで返されて致命傷に至る場合も。
対策方法
小回りの利く高速再生回復技を持たないため、早期に消耗させればサイクル崩壊に至りやすい。
基本的にはじしん等弱点になる物理技が有効打に成り得るが、ねっとうの採用率も高いので物理アタッカーは繰り出しの際注意。
特殊で攻める場合はサイコショックや強化アイテム持ち一致技で弱点を突き、一撃で落とすようにしたい。
ドククラゲ自身は火力がないため毒無効でアシッドボムで崩されることもないはがねタイプは比較的強気に後出しできる、ただしねっとうとメガネアタッカーは注意。
ナットレイ
やどりぎのタネは撃てないもののパワーウィップが等倍で通り、ドククラゲはねっとうのやけどを狙うしか無いため後出しは最安定。
サザンドラ
水半減ミラーコート無効でドククラゲの無振りれいとうビームは確定3発。だいちのちからやあくのはどうでの怯みもあるため上からの制圧は十分可能だが、マジカルシャインには一応注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

3rd4th5th/XYOA~SM威力命中タイプ分類PP備考
メノクラゲドククラゲメノクラゲドククラゲメノクラゲドククラゲメノクラゲドククラゲ
-----1*-1ミラータイプ--ノーマル変化15*XY以降
-----1*-1しぼりとる-100ノーマル特殊5*XY以降
11111111どくばり15100どく物理35
-1-1-1-1ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
-1-1-1-1からみつく10100ノーマル物理35
66555544ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
1212888877からみつく10100ノーマル物理35
1919121212121010ようかいえき40100どく特殊30
--151515151313どくびし--どく変化20
--292933341616みずのはどう60100みず特殊20
3030222222221919まきつく1590ノーマル物理20
----26262222アシッドボム40100どく特殊20
2525191919192525バブルこうせん65100みず特殊20
3638262629292828バリアー--エスパー変化30
--333636383132どくづき80100どく物理20
------3436しおみず65100みず特殊10
4347364240433740いやなおと-85ノーマル変化40
----43474044たたりめ65100ゴースト特殊10
----50564348ヘドロウェーブ95100どく特殊10
4955404947524652ハイドロポンプ11080みず特殊5
--435554614956しぼりとる-100ノーマル特殊5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化5
技09ベノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技55ねっとう80100みず特殊15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技83まとわりつく20100むし特殊20
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技94なみのり90100みず特殊15
技98たきのぼり80100みず物理15
技99マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘07ダイビング80100みず物理10
第3世代~第4世代
技03みずのはどう60100みず特殊20Lv/教え
技19ギガドレイン75100くさ特殊10教え
技55しおみず65100みず特殊10Lv
技58こらえる--ノーマル変化10
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05うずしお3585みず特殊15
VC第1世代
技09とっしん9085ノーマル物理20×
技10すてみタックル120100ノーマル物理153rd:教え技
技11バブルこうせん65100みず特殊20Lv
技12みずでっぽう40100みず特殊25×
技20いかり20100ノーマル物理20×
技21メガドレイン40100くさ特殊15×
技31ものまね-100ノーマル変化103rd:教え技
技33リフレクター--ノーマル変化207th:技33では覚えない
技34がまん-100ノーマル物理10×
技40ロケットずつき130100ノーマル物理15×
秘01いあいぎり5095ノーマル物理306th:秘01
VC第2世代
技03のろい--ゴースト変化10×
技20こらえる--ノーマル変化104th:技58
秘01いあいぎり5095ノーマル物理306th:秘01
秘06うずしお3585みず特殊154th:秘05

タマゴ技 節を編集

2nd3rd4th5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
オーロラビーム65100こおり特殊20
ミラーコート-100エスパー特殊20
こうそくスピン20100ノーマル物理40
くろいきり--こおり変化30
あやしいひかり-100ゴースト変化10
はたきおとす65100あく物理20教え
つぼをつく--ノーマル変化30
アクアリング--みず変化20
くすぐる-100ノーマル変化20
HSだくりゅう9085みず特殊10技レ45
あわ40100みず特殊30
しんぴのまもり--ノーマル変化25技20

教え技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
E/XDこごえるかぜ5595こおり特殊15
はたきおとす65100あく物理20タマゴ
HSマジックコート--エスパー変化15
しめつける1585ノーマル物理20
ギガドレイン75100くさ特殊10
みずのはどう60100みず特殊20Lv
FL/Eつるぎのまい--ノーマル変化20技75
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技90
Emこらえる--ノーマル変化104th:技58
E/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
ダイビング80100みず物理10秘07

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中3
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化条件メノクラゲ(Lv.30)→ドククラゲ
経験値L50=156,250 L100=1,250,000

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
アクアリングレベルサニーゴ
あやしいひかりリレーイオルブ(虫)→スコルピ(虫/水中3)
ラプラス(水中1)→サニーゴ/Gサニーゴ(水中1/水中3)
オーロラビームレベルパルシェン系統
くすぐる特殊オーラつきドククラゲ系統が1/9の確率で覚えている
旧レベル5th~7th:オムスター系統
くろいきりリレーヌオー系統(水中1)→Gサニーゴ(水中1/水中3)
こうそくスピン特殊オーラつきドククラゲ系統が1/9の確率で覚えている
旧リレー2nd~7th:カメックス系統(水中1)→カブト(水中1/水中3)
つぼをつくレベルドラピオン系統
はたきおとすレベルシザリガー系統/ドラピオン系統
ミラーコートレベルサニーゴ/サニゴーン系統

VC第2世代

習得方法覚える系統
オーロラビームレベルパルシェン系統
タマゴオムナイト/カブト
くろいきりリレーヌオー系統(水中1/陸上)→オムナイト(水中1/水中3)
タマゴクラブ
こうそくスピンリレーカメックス系統(水中1/陸上)→カブト(水中1/水中3)
タマゴシェルダー
ミラーコートレベルサニーゴ