レジエレキ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

レジエレキ 節を編集

No.894 タイプ:でんき
通常特性:トランジスタ(でんきタイプの技の威力が上がる)
体重  :145.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
高火力準伝電気HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レジエレキ801005010050200580トランジスタ
カプ・コケコ70115859575130570エレキメイカー/テレパシー
霊獣ボルトロス791057014580101580ちくでん
デンジュモク8389711737183570ビーストブースト

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/はがね/ひこう
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

冠の雪原で登場した単でんきポケモン。
何よりも目を引くのが200という圧倒的な素早さ種族値であり、デオキシスSFをも上回り全ポケモン中最速を誇る。
無振りでも今作におけるトップメタの一角である最速ドラパルト、および最速アギルダーまでをも抜くことができ、最速であればスカーフを持たせたエルフーン・すいすいガマゲロゲまで抜くことができる。
専用技『サンダープリズン』は拘束技としては破格の威力を持ち、専用特性『トランジスタ』により更に威力が上がる。

攻撃面はA・Cともに100とやや物足りないが、特性の効果ででんき技の火力は凄まじく、特殊方面では前世代のカプ・コケコを超える火力指数を叩き出す。
その代償か、でんきタイプの中でも一際サブウエポンが乏しく、ノーマル・岩・飛行・悪のみであり、岩と悪は威力60止まりと実用性が薄い。
耐久も低く、半減であっても受け出すことは容易ではない。
良くも悪くもピーキーな性能のため、明確な役割対象を想定して運用する必要のあるポケモンである。
圧倒的な素早さと電気技の火力による上からの縛り性能を持ち、技が貧相なので電気に強いポケモンを強烈に呼ぶため、パーティーに入れておくだけでも選出を縛れるのはメリットか。

S調整目安実数値備考
無補正無振り220準速スカーフ95族相当
最速148族(ザシアン剣王)
無補正28振り224最速フェローチェ+1
S補正無振り242最速スカーフ95族+1
S補正68振り(無補正244振り)251最速スカーフ100族+1
最速277最速スカーフ117族相当
無補正無振りスカーフ330準速すなかきルガルガン真昼+2
無補正28振りスカーフ336S1↑最速フェローチェ+2
S補正無振りスカーフ363加速3積み最速バシャーモ+1

Sの値が尋常じゃない高さのため、僅かに調整してACにほぼ振り切る、耐久に割くといった運用も現実的に可能な珍しい性質を持つ。
準速近くまで振っておけばリザードンなどの相手ダイジェットエースに後出しから上を取って反撃する芸当も可能。
元の数値が突出しているSに性格補正を掛けるのが最も努力値を効率的に配分できるが、Cに特化させたい場合などはS無補正も選択肢か。

B=Dであるため、明確な役割がない限りはダウンロード対策としてD>Bとなるよう振ることが推奨される。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

トランジスタ
他に特性はなく、これのみ。
図鑑説明では「電気タイプの技の威力が上がる」とあるが、正確には「でんきタイプの技使用時、攻撃と特攻が1.5倍になる」効果を持つ。
こうげき・とくこう共に種族値100という平均レベルの数値であるが、この特性のおかげで電気技限定だが高火力を叩き出せる。
電気の一貫が取れている場合はごり押しが可能になる単純ながら強力な特性である。

技考察 節を編集

※電気技の()内威力表記は一致補正とトランジスタ補正込み

特殊技タイプ威力命中効果解説
サンダープリズン80(180)90拘束ダメ専用技。4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え拘束する。
10まんボルト90(202)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(247)70麻痺30%タイプ一致技。高威力だが命中不安。
ライジングボルト70(157)
→140(315)
100-タイプ一致技。相手がエレキフィールドの影響を受けているとき威力が2倍になる。
エレキボール20~150(337)100S比で威力変化タイプ一致技。素早さが高いので安定した威力で打てる。
最速なら無振72族以下の相手に威力120。高速移動とのコンボも。
ボルトチェンジ70(157)100自分交代タイプ一致技。こだわりアイテムと相性がいい。
はかいこうせん15090行動不可特殊のまともなサブウェポンはこれくらいしかない。ダイマックスするか散り際に。
物理技タイプ威力命中効果解説
ワイルドボルト90(202)100反動1/4タイプ一致技。反動が痛い。
とびはねる8585麻痺30%対草、ダイジェット用に。相手ダイマックスの時間稼ぎにも。
ダメおし60100ターン中既に
ダメージを受けた
相手に威力2倍
1/2ワイルドボルト<2倍ダメおし。電気耐性持ちのゴースト、エスパーに。
特に環境に多く電気ノーマルの両方とも通らないドラパルトに有効。
速いので威力アップには期待できない。
しんそく80100優先度+2他の先制技より速い先制技。
だいばくはつ250100自分瀕死大ダメージを与えつつ退場。
変化技タイプ命中解説
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
エレキフィールド-サポート用。ダイマックスを用いずに火力を底上げしたい時にも。
こうそくいどう-エレキボール採用時に候補。最大威力を出せるラインを引き上げる。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイサンダーライジングボルト140(315)場:EF特性の効果で凄まじい威力。
ライジングボルトならDM解除後も多くの相手に威力維持。
かみなり
10まんボルト
サンダープリズン
130(292)
ボルトチェンジ120(270)
ダイアタックはかいこうせん150相手:S↓どうしても地面を相手にせざるを得ない状況下で。
素材元のデメリットは踏み倒せる。
だいばくはつ
ダイジェットとびはねる130味方:S↑基本的には対くさ。
元々素早い為素早さ強化は基本的におまけ。
アクロバット110
ダイロックげんしのちから110天候:砂嵐対抗手段に乏しい地面には効きづらく、追加効果もメリットはほぼ無い。
ほぼアローラガラガラピンポイント。
ダイアークダメおし110相手:D↓追加効果は役立つが、ダメージにはあまり期待できない。
ダイウォール変化技-まもるDM後の生存及びEFの利用にも役立つ。

型考察 節を編集

アタッカーベース型 節を編集

特性:トランジスタ
性格:ひかえめorいじっぱりorおっとりorさみしがりorうっかりやorやんちゃ
努力値:C252orA252 S調整 残り耐久
持ち物:いのちのたま/こだわりメガネ/こだわりハチマキ/きあいのタスキ/じしゃく
確定技:10まんボルトorライジングボルトorサンダープリズンorかみなりorワイルドボルト
選択技:ボルトチェンジ/だいばくはつ/リフレクター/ひかりのかべ/とびはねる/しんそく/はかいこうせん/エレキフィールド

特性による超火力のでんき技で相手に負担をかけていくことに重点を置いた型。
ただし技範囲がかなり狭いので攻撃技のみだと技スペースがあまりがち。
でんきを止めてくる相手と鉢合わせた時に取れる行動として退場技や補助技をひとつ持っておくのもいいだろう。
序盤に他のポケモンででんきを止めてくる相手を処理できたなら中盤~終盤におけるフィニッシャー役としても活躍が見込める。
AC両方に振って物理受け/特殊受けのどちらが出てきても対応できるようにするのもありか。

先発壁張りサポート型 節を編集

特性:トランジスタ
性格:ようきorせっかちorむじゃき
努力値:S252 耐久調整 or A252 S252 or C252 S252
持ち物:ひかりのねんど/きあいのタスキ
確定技:リフレクター/ひかりのかべ
選択技:ボルトチェンジ/だいばくはつ/でんじは/サンダープリズン/10まんボルト/ワイルドボルト

全ポケモン最速の速さから裏をサポートする壁張り型。
先制壁張りサポート役として起用されやすいオーロンゲとの差別点は自主退場技のだいばくはつや交代技のボルトチェンジを持つ点。
手っ取り早くエースに繋ぎたい場合は前者、再度壁展開を狙う&去り際に大ダメージを与えたいなら後者を選択。
だいばくはつ+攻撃技の構成の場合、攻撃に振りワイルドボルトで大ダメージ&反動で退場、という流れも狙える。

最速にした余りの努力値256を耐久に振る場合、H68残りBDと振ることで実数値がH≒B+Dとなり合計耐久指数が最大になる。
(BDどちらかに振り切らない場合は4余る)
この場合H実数値が164となるため、4nを避けたい場合は各自で更に調整のこと。

耐久振りスカーフ型 節を編集

特性:トランジスタ
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:C252 S調整 HB調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ボルトチェンジ
選択技:エレキボール/サンダープリズン/10まんボルト/エレキネット/ライジングボルト/だいばくはつ/はかいこうせん

ミラーでの優位性と先制技を耐えるための耐久を両立した型。
対面操作で優位に立てるボルトチェンジが確定となる。また、Sが330を超えエレキボールの威力が120以上になる相手が大きく増えるためこちらも優先的に採用したい。

【ダブル】アタッカー兼サポート型 節を編集

特性:トランジスタ
性格:おくびょうorひかえめ
努力値:CS252 or 耐久調整
持ち物:ひかりのねんど/じしゃく/きあいのタスキ/こだわりメガネ
確定技:エレキネット
選択技:ボルトチェンジ/10まんボルト/リフレクター/ひかりのかべ/サンダープリズン/エレキボール/ライジングボルト/だいばくはつ/はかいこうせん

エレキネットによるS操作と削りを主体としながら、ボルトチェンジによる対面操作や壁貼りもこなしていく型。
性質上レジエレキミラーでS負けするとエレキネット+隣の高速アタッカーの攻撃で倒されてしまうため、理由がない限りは最速推奨。


対レジエレキ 節を編集

注意すべき点
全ポケモン最高の素早さと、その速さから放たれる高威力の一致でんき技が脅威。
その速さからサポートを行ってくることもあり、でんじはも無効なため取りえる妨害手段も少ない。
素早さに加え努力値を耐久に振る余裕があるのでほぼ確実に壁張りなどの役割を遂行されてしまう。
でんきに耐性のある味方がいない、あるいは既に倒された状態だとそのまま一掃を狙われる危険も。
対策方法
技範囲が非常に狭く、電気技さえ防げれば脅威ではない。じめんタイプや電気無効特性相手には殆ど負担をかけられないため最大の対策となる。
ただ霊獣ボルトロスアローラガラガラはダイロックの存在は留意しておくこと。
トリックルームで素早さをひっくり返すのも良い。
圧倒的な素早さも優先度の前には無力であるため、対面であればゴリランダーがいればグラススライダーであっさりと処理可能。
サポートも大半は壁張りなので、かわらわりやサイコファング持ちを忍ばせておくと早めに相手の守りを崩せる。
でんきタイプの技に耐性があっても、無効化できない場合は耐久数値が低いとそのまま押し切られる事もあるので注意しよう。
↑こいつにトリックルームは無意味とどこかで見た。
↑S実数値が227以上の場合、追い風状態かつS6段階上昇だと、トリックルームの仕様上トリックルーム状態でも先制可能になることかな?
そんなシチュエーションなど滅多に存在しないので考慮外でいいと思う

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1でんきショック40100でんき特殊30
1こうそくスピン50100ノーマル物理40
6エレキネット5595でんき特殊15
12げんしのちから60100いわ特殊5
18でんげきは60-でんき特殊20
24でんじは-90でんき変化20
30しんそく80100ノーマル物理5
36サンダープリズン8090でんき特殊15
4210まんボルト90100でんき特殊15
48でんじふゆう--でんき変化10
54あばれる120100ノーマル物理10
60ロックオン--ノーマル変化5
66でんじほう12050でんき特殊5
72はかいこうせん15090ノーマル特殊5
78だいばくはつ250100ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技14でんじは-90でんき変化20
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技17ひかりのかべ--エスパー変化30
技18リフレクター--エスパー変化20
技20じばく200100ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技33あまごい--みず変化5
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技52とびはねる8585ひこう物理5
技58ダメおし60100あく物理10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技78アクロバット55100ひこう物理15
技80ボルトチェンジ70100でんき特殊20
技82エレキネット5595でんき特殊15
技90エレキフィールド--でんき変化10
技93かいでんぱ-100でんき変化15

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ライジングボルト70100でんき特殊20

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技0810まんボルト90100でんき特殊15
技09かみなり11070でんき特殊10
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技80エレキボール-100でんき特殊10
技86ワイルドボルト90100でんき物理15

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明