レジドラゴ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

レジドラゴ 節を編集

No.895 タイプ:ドラゴン
通常特性:りゅうのあぎと(ドラゴンタイプの技の威力が上がる)
体重  :200.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
単竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レジドラゴ200100501005080580りゅうのあぎと
クリムガン7712090609048485さめはだ/ちからずく/かたやぶり
オノノクス7614790607097540とうそうしん/かたやぶり/きんちょうかん
ヌメルゴン901007011015080600そうしょく/ぬめぬめ/うるおいボディ
類似種族値竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レジドラゴ200100501005080580りゅうのあぎと
アクジキング22310153975343570ビーストブースト

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/でんき/くさ
いまひとつ(1/4)---

冠の雪原で登場した単ドラゴンポケモン。極端にHに割り振った配分をしている。
一方でB・Dが低いので耐久に振る場合はHでなくB・Dに振った方が効率が良い。
専用特性『りゅうのあぎと』が強力で、これによりドラゴン技の火力は種族値傾向の似たアクジキングに大きく勝る。
Sが80あるのも大きく、S補正236振りでりゅうのまいを1回積めば最速ドラパルトを追い越せる。

幸いドラゴン技は抜群範囲こそ狭いものの等倍範囲が広く、通りが良い部類。
中速なので削られやすいが、高いHを活かして殴り合いを制するのが得意なポケモン。

ただし、他の単ドラゴンタイプと比較して第八世代のポケモンの例に漏れずサブウエポンはかなり貧弱気味。特にフェアリーへの有効打は皆無。
ドラゴン技に強く依存する性質上、ミストフィールドのドラゴン技半減効果が強烈に突き刺さる。
ミストメイカー持ちは勿論、フェアリータイプ以外のダイフェアリーにも細心の注意を払うこと。
ドラゴンタイプとしては珍しく、かえんほうしゃやだいもんじを習得できないのも痛い。
最悪だいばくはつで1対1交換を狙うことは出来なくもないが、極力他で対応できるようにしておきたい。
全体高火力技であるドラゴンエナジーが最大の特徴のため、主にダブルで活躍するポケモン。

無振り時の総合耐久指数は38500であり、これは同条件エムリット(38750)とほぼ同程度。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

りゅうのあぎと
隠れ特性は無くこれのみ。
図鑑説明では「ドラゴンタイプの技の威力が上がる」とあるが、正確には「ドラゴンタイプの技使用時、攻撃と特攻が1.5倍になる」効果を持つ。
抜群こそドラゴンタイプにしか取れないが、はがねとフェアリーにしか半減以下にされないので多くの相手に強い負荷をかけられる。
ドラゴンタイプの技の火力のみで言えば禁止伝説のホワイトキュレムすら超える火力を叩き出せる。

技考察 節を編集

※ドラゴン技の()内威力表記は一致補正とりゅうのあぎと補正込み

物理技タイプ威力命中効果解説
げきりん120(270)1002-3ターン後混乱タイプ一致技。相手にかけられる負荷は相当なものだが行動制限に注意。
スケイルショット25(56)902~5回攻撃
防御↓素早さ↑
タイプ一致技。微妙な素早さを補えるが不安定かつ物理耐久がさらに下がる。
ドラゴンクロー80(180)100-タイプ一致技。追加効果はないが無難な選択肢。
ワイドブレイカー60(135)100攻撃↓100%タイプ一致技。威力は物足りないが物理耐久を補える。
ほのおのキバ6595火傷&怯み10%鋼に刺さるサブウェポン。特に理由がなければ入れて損はない。
かみなりのキバ6595麻痺&怯み10%4倍を突いても僅かにげきりんより弱いためほぼマリルリアシレーヌカプ・レヒレピンポイント。
かみくだく80100防御↓20%ほぼメタグロスギルガルドピンポイント。
アームハンマー10090使用後素早さ↓対鋼。素早さが下がるのは痛い。ばかぢからは覚えない。
だいばくはつ250100使用後瀕死フェアリーと鉢合わせた時の最終手段。
特殊技タイプ威力命中効果解説
ドラゴンエナジー150(337)100HPが少ないほど威力↓タイプ一致技にして専用技。ドラゴン版ふんか(しおふき)。スカーフ型などで。
りゅうせいぐん130(292)90使用後特攻↓↓タイプ一致技。撃ち逃げ用。メガネ型やスカーフ型で。両刀として仕込ませてもよい。
りゅうのはどう85(191)100-タイプ一致技。追加効果はないが無難な選択肢。
はかいこうせん15090次ターン行動不能対妖。数少ない特殊サブウェポン。ダイマックスやラス1などで。
変化技タイプ命中解説
りゅうのまい-攻撃と素早さアップ。物理アタッカー型ならほぼ必須。
リフレクター-物理耐久強化。ほぼサポート用。
ひかりのかべ-特殊耐久強化。同上。
みがわり-おにび、でんじは対策に。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイドラグーンドラゴンエナジー150(225)相手:A↓一致技。特性とのシナジーで凄まじい火力。
ドラゴンエナジーなら常に威力は150。
りゅうせいぐん
げきりん
140(210)
りゅうのはどう130(195)
ダイバーンほのおのキバ120天候:晴はがね。ダイマックスすればそれなりの威力にはなる。
ダイナックルアームハンマー90味方:A↑はがね。威力は元より低くなるが積みが出来る上に素早さが下がらない。
ダイサンダーかみなりのキバ120場:EFみずフェアリー。Aが上がっていないと威力は厳しい。
ダイアタックはかいこうせん150相手:S↓等倍範囲が広い。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン切れを狙う。

型考察 節を編集

ドラゴンエナジー型 節を編集

特性:りゅうのあぎと
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:C252 S252
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりメガネ
確定技:ドラゴンエナジー
優先技:りゅうせいぐん/だいばくはつ
選択技:りゅうのはどう/はかいこうせん

専用技ドラゴンエナジーに特化させた型。
特性で威力が1.5倍になるタイプ一致の最大威力150を、鋼とフェアリー以外の全てのタイプに等倍以上で叩き込むことができる。
持ち物無し無補正C252ドラゴンエナジーの火力指数が51300。等倍でも特殊耐久指数19300程度までは確定1発。
無振りテラキオンの特殊耐久指数が18260であり、耐久に振らない速攻アタッカー型なら大抵は落とせるといった具合。
また、確定2発の圏内も広く、HD特化ブラッキークラスの特殊耐久でようやく高乱2発に抑えられるほど。
半減してくる鋼タイプも特殊耐久が薄いことが多く、半減でもなお確定2発圏内に入っていることも多い。
完全無効化が可能なフェアリー以外で後投げできるポケモンは相当限られる。

持ち物は主にこだわりスカーフ。
最速スカーフならば最速アギルダーまで抜いて先手でドラゴンエナジーを撃てる。
また、おいかぜなどの素早さ補強手段を別に用意する場合はこだわりメガネを持たせるのも手。

当然ではあるが、ドラゴンエナジーの技の性質上、動き出す前に先制技などで削られないように注意。

ドラゴンエナジー以外ではダメージ変動が無く、それでいて最大威力のドラゴンエナジーに次ぐ火力が出るりゅうせいぐん、
および最後の手段の自主退場用としてだいばくはつを優先的に採用したい。

↑せっかちor無邪気もありにして選択技に逆鱗ってどう?AC同じで特性ありきの火力だし、無振りでも特殊受け対策に使えそうに思える。

りゅうのまい物理アタッカー型 節を編集

特性:りゅうのあぎと
性格:ようき/いじっぱり
努力値:A252 S252
持ち物:いのちのたま/ラムのみ/ロゼルのみ
確定技:りゅうのまい/げきりんorスケイルショットorドラゴンクロー
優先技:ほのおのキバ
選択技:かみなりのキバ/かみくだく/アームハンマー/だいばくはつ/みがわり/ドラゴンエナジー/りゅうせいぐん

りゅうのまいを積む物理アタッカー型。
元々の耐久がそこそこ高いため、多少強引に積めることも。

ドラゴンエナジー型とは違い、初速は劣るがこだわりアイテムによる技の制限がなく、比較的ではあるが技の範囲が広い。
またドラゴンエナジーの圧力のおかげで初手から挑発されることはほぼないのが強み。
フェアリーor鋼がいないのならそのまま全抜き狙いも出来るようになるが、まず間違いなく対策として選出されるのでそれをどうするかが課題になる。
陽気A252のA+1命の珠持ちだいばくはつでHB特化カプ・レヒレが低乱数、意地っ張りでも高乱数。


相性考察 節を編集

ドラゴン技の高火力を押し付けるというレジドラゴの戦術上、それが通用しないフェアリーの対策ができるポケモンを用意するのが必須。
ついでにはがねを相手にでき、環境に多いミミッキュアシレーヌカプ・レヒレトゲキッスなどに強いポケモンだとなお良い。
地面が一貫しがちだが、無振りドリュウズくらいならレジドラゴのA振りほのおのキバで確定2にできる。

アーマーガアエアームドテッカグヤ
互いの弱点をこおり以外補完しあえる。ランドロスドリュウズガブリアスを受けられ、アーマーガアは両壁やおいかぜでのサポートも可。
特にテッカグヤははがねへの有効打となる炎・地面技を習得できる。
ジバコイル
多くのフェアリーに対して優位に立てる。じりょくならはがねも逃がさない。後攻ボルトチェンジでHP温存も。
じめん複合が辛いので、ふうせんがあると安心か。
ヒードラン
フェアリーに強く、ナットレイはじめ多くのはがねタイプにも有利。拘束技もある。
じめん技が恐いほか、カプ・レヒレ、アシレーヌに一貫を取られる。
ナットレイカミツルギ
水複合のフェアリーにも強く、ナットレイならやどりぎでのフォローもできる。
ボディプレス・せいなるつるぎがあれば対はがねも一応可能。マジカルフレイムに注意。
ニドキング
はがねとフェアリー両方に一致で弱点を突ける。特にカプ・コケコあたりに刺さる。素早さが微妙なのでスカーフを取り合うのは考えどころ。
ゴリランダー
ミストフィールドを塗り替えつつカプ・レヒレに強烈な草技を叩き込める。ミミッキュもキョダイコランダで有利がとれる。
グラスフィールドでレジドラゴのHPの温存も。カプ・ブルルでも良いが汎用性ではゴリランダーが勝る。
氷が一貫するのでそこは注意。

対レジドラゴ 節を編集

注意すべき点
特性で強化されるドラゴン技が強力。
鋼とフェアリー以外全てのタイプに等倍で通るため、負担をかけられやすい。
特にドラゴンエナジーが最大威力で直撃すると甚大なダメージを受けることになる。
加えて中速寄りだが補強も十分可能な素早さに加えて無振りでもなかなかの耐久力を持つため、殴り合いにも強い。
対策方法
ドラゴン技以外は平凡な火力しか出せないので、フェアリーを選出に必ず入れるのが第一。
基本的にフェアリータイプに対しては特に無力。
単体ではだいばくはつで無理やり道連れを狙うことくらいしかできない。
しかし一方で、フェアリータイプ以外でレジドラゴの火力を安定して止められるポケモンは相当限られる。
半減出来るはずの鋼タイプでも物理と特殊を読み間違えるとごり押されて致命傷になりうる。
相手が他のポケモンで対策してくるということを念頭に置いておき、レジドラゴのみに注意を逸らされないようにしたい。
どうしてもパーティのフェアリータイプが落とされてしまった場合にも、ダイフェアリーを撃つことでミストフィールドを展開すれば受け流すことは可能。
応急措置として覚えておこう。
徹底的にメタを張るつもりならカプ・レヒレを投入すればほぼなにもできなくなる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1たつまき40100ドラゴン特殊20
1はさむ55100ノーマル物理30
6かみつく60100あく物理25
12げんしのちから60100いわ特殊5
18りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
24きあいだめ--ノーマル変化30
30かみくだく80100あく物理15
36ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
42アームハンマー10090かくとう物理10
48りゅうのまい--ドラゴン変化20
54あばれる120100ノーマル物理10
60とぎすます--ノーマル変化30
66ドラゴンエナジー150100ドラゴン特殊5
72はかいこうせん15090ノーマル特殊5
78だいばくはつ250100ノーマル物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技17ひかりのかべ--エスパー変化30
技18リフレクター--エスパー変化20
技20じばく200100ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技39からげんき70100ノーマル物理20
技66かみなりのキバ6595でんき物理15
技68ほのおのキバ6595ほのお物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
スケイルショット2590ドラゴン物理20

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技13きあいだめ--ノーマル変化30
技20みがわり--ノーマル変化10
技21きしかいせい-100かくとう物理15
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技32かみくだく80100あく物理15
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技51りゅうのまい--ドラゴン変化20
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明