フォクスライ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

フォクスライ 節を編集

No.828 タイプ:あく
通常特性:にげあし(野生のポケモンから必ず逃げられる)
     かるわざ(持ち物がなくなると素早さが2倍になる)
隠れ特性:はりこみ(相手が出てきたターンに2倍のダメージを与える)
体重  :19.9kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
かるわざ+悪単HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
フォクスライ705858879290455にげあし/かるわざ/はりこみ
レパルダス6488508850106446じゅうなん/かるわざ/いたずらごころ
すてゼリフ+悪単HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
フォクスライ705858879290455にげあし/かるわざ/はりこみ
Aペルシアン6560607565115440テクニシャン/ファーコート/びびり

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2)ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

第八世代初登場のあくタイプ。いわゆる序盤あくに該当し、合計種族値が低め。
素早さと特殊方面が高めではあるがそれでも100を超えず、尖った強みを持たないのが難。特に物理方面は脆い。
真正面から戦うよりも、攪乱しながらサポートに徹する運用の方が活躍を見込みやすいだろう。

かるわざを発動させることで素早さを大きく底上げし、先手を取れるようになると動きの幅が広がる。
ただし特性が被る上に、素早さで大きく上を取られタイプも同じレパルダスとの差別化はほぼ必須。
幸い特殊耐久は上回り、すてゼリフ、サイコキネシス、マッドショット等はフォクスライしか覚えない。
逆にアンコール、あくび、トリック等レパルダスしか覚えない技も多いので、その辺りを意識して育成したい。

隠れ特性はりこみはエキスパンションパスのマックスレイドバトル限定。
第八世代ではデカグースが存在しないので実質固有特性となっており、差別化にも有用。
ただし流し技はあまり覚えないので、採用するなら役割対象をきっちり定めた運用を心掛けたいところ。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

かるわざ
持ち物を消費すると素早さが倍。特にダブルで有用。のどスプレーやシード系アイテムで早期の発動を狙いたい。
シングルでも、耐久に厚く振って積めるだけ積んでからピンチ系木の実発動→バトンタッチといった動きで活用できる。
同特性のレパルダスとの差別化は意識しておきたい。
にげあし
対戦においては効果なし。トレース対策にはなるが、フォクスライ自身の性能を損なう。
トレース持ちは消費アイテムの採用率が然程高くないのでかるわざでも困る盤面は少ない。よって候補外。
はりこみ
隠れ特性。相手が交代時に攻撃すると威力が上昇。倍率が高く、全ポケモン最大火力のイカサマを放てるが流す手段は乏しい。
自身のタイプ相性を生かし、エスパーゴーストタイプのポケモン相手に繰り出してみるか。
消費アイテム以外を採用する場合は消去法的にこれになる他、ちょうはつやバークアウトで流せた場合のリターンも大きくなる。
相手に先手で交代技を撃たれた場合や、レッドカードで交代させた場合にもきっちり発動する。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
あくのはどう80(120)100怯み20%一致技。火力はさほど高くないが、かるわざ発動後なら上から怯みを狙いやすい。
バークアウト55(82)95特攻↓100%一致技。追加効果が優秀。ダブルでは相手全体攻撃。みがわり貫通。
のどスプレーを持たせておけばかるわざの発動も狙える。
サイコキネシス90100特防↓10%相性補完に優れたサブウェポン。
シャドーボール80100特防↓20%一致技と範囲が被るが出てくる相手に通りやすい。
しっとのほのお70100ターン中能力が
上がった相手に
火傷100%
積みへの牽制に。ダブルでは相手2体攻撃。
自身の素早さがそこそこあるので、やけどは狙いにくいかもしれない。
くさむすび20~120100-威力不安定。
マッドショット5595素早↓100%追加効果が優秀だが相手に注意。
じならしやがんせきふうじは覚えないが、どちらにしろ特攻の方が高い。
りんしょう60/120100身代わり貫通ダブルでの起動役に。かるわざと併せて。
物理技タイプ威力命中効果解説
イカサマ95(142)100-物理アタッカーへの遂行技。
素の火力があまりないのでメイン技として使っても良い。
はたきおとす65(97)/
97(145)
100持ち物排除一致技。道具排除目的で。
どろぼう60(90)100道具奪取タスキ消費後の嫌がらせに。かるわざと相性が悪い。
ふくろだたき-100-ダブル用。せいぎのこころの発動に。
アクロバット55/110100道具消費で
威力倍
かるわざと相性が良い。ダイジェットにも。
あなをほる80100溜め技ダイマックス枯らしに。
とんぼがえり70100自分交代こだわり型の撤退技。すてゼリフと選択。
ふいうち70(105)100優先度+1一致技。止めや襷潰しなどに。
でんこうせっか40100優先度+1ふいうちと違ってリスクはないが威力は雀の涙。襷潰しに。
変化技タイプ命中解説
すてゼリフ100相手の攻撃・特攻を1段階下げながら撤退。低負荷で後続に交代。
ちょうはつ100補助技対策。耐久型を起点化。
わるだくみ-特攻↑↑。決定力強化、バトン用にも。
こうそくいどう-素早さ↑↑。
つめとぎ-攻撃↑命中↑。自身への恩恵は少ないのでバトン用に。
バトンタッチ-交代技。上がった能力を後続に引き継ぐ。かるわざ状態は引き継げないので注意。
いやなおと85相手の防御↓↓。流し技として。
うそなき100相手の特防↓↓。流し技として。
こらえる-ダイマックス対策として。ダイウォールにもなる。
ファストガード-ダブル用。自分より遅いねこだましを防げる。
とおぼえ-味方全員の攻撃↑。物理アタッカーへのてだすけ感覚で。
メロメロ100相手の性別次第では50%の確立で行動不能になる。相手の交代を誘発させる為に。
腐る事もあるが、状態異常にする技を殆ど覚えない為、苦肉の策といったところ。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアークあくのはどう130(195)相手:D↓一致技。特防低下で火力補強&特殊受け流し。
イカサマ等の場合は物理攻撃なので威力が出ず、追加効果の恩恵も受けられない。
バークアウト110(165)
ダイサイコサイコキネシス130場:PF対闘。PFはかるわざと相性が良いが自身もふいうちを使えなくなる。
ダイソウゲンくさむすび130場:GF4倍狙いでトリトドンガマゲロゲに。
フィールド展開で小回復&地震威力半減。
ダイバーンしっとのほのお120天候:晴4倍狙いやルカリオなどに。晴れで2発目から威力1.5倍。
ダイアースマッドショット110味方:D↑4倍や追加効果狙いで。威力は低め。
ダイホロウシャドーボール130相手:B↓闘妖に等倍だが、範囲が悪技と被り、追加効果の自身への恩恵は薄い。
ダイアタックりんしょう110相手:S↓すばやさ激戦区にいるためS低下が生きる。
ゴーストを呼びにくいので結構使いやすい。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックス切れを狙う。

物理技

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアイスこおりのキバ120天候:霰4倍狙いでフライゴンオンバーンに。
ダイサンダーかみなりのキバ120場:EF4倍狙いでギャラドスペリッパーに。
ダイジェットアクロバット110味方:S↑最速でテッカニン抜き。準速でドラパルトと同速に。
ダイワームとんぼがえり120相手:C↓疑似特殊耐久強化。
ダイフェアリーじゃれつく130場:MF4倍狙いでサザンドラジャラランガに。状態異常予防。

型考察 節を編集

かるわざバトン型 節を編集

特性:かるわざ
性格:おだやか/おくびょう
努力値:H252S調整残りD
持ち物:カムラのみ/ヤタピのみ/チイラのみ
確定技:バトンタッチ/つめとぎorわるだくみorこうそくいどう
優先技:みがわり
選択技:バークアウト/イカサマ/ちょうはつ

まともに運用しようとしてもレパルダスが立ち塞がるので、レパルダスよりも数段高い防御面の数値を活かしたバトン型。
相性関係もあり、特殊方面の耐久値はそれなりに振っておけば一致等倍、不一致弱点程度なら耐えられる。
そこで特殊相手に出して積み技を使用し、かるわざを発動させ先手バトンでエースによる有利対面作成+全抜きを狙う。
技スペース的にギリギリなので積み技の搭載は1つが限界。エースの上げたい数値に合わせて調整するといい。
なお、HP252振りする事で実数値177になり、みがわりの効率が良くなる(4n+1)。

素早さ調整はおだやか92振りで122となり、おくびょうS4振りと同等。残りをDに振ればおくびょうD極振りよりもDが高くなる。
かるわざ発動時の244を素で抜ける相手はいないので、基本的にこの数値で十分。
スカーフなどを考慮する場合は仮想敵に合わせて性格・努力値振りを決定するといい。基本的におだやか推奨。
ちなみにこの調整でひかえめC極振りジュラルドン(C種族値120)のてっていこうせんが確2、メガネで低乱数1。

難点は現時点の環境は物理アタッカーが主体である点、特殊アタッカーの代表格であるトゲキッスに弱い点。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:かるわざ/はりこみ
性格:ひかえめ/おだやか/おくびょう
努力値:C252、耐久&素早さ調整
持ち物:回復きのみ/ピンチ系きのみ/きあいのタスキ/サイコシード(ダイマックスする場合)
確定技:わるだくみ/あくのはどう
優先技:サイコキネシス/マッドショット
選択技:しっとのほのお/くさむすび/シャドーボール/ちょうはつ

そこそこ高い特防を活かした積みアタッカー。
ここでもやはりレパルダスやAペルシアンが立ち塞がるので、彼らの覚えないサイコキネシスかマッドショットは優先的に採用したい。
可能な限りわるだくみを積んだターンにアイテムを消費しかるわざを発動させたいので、物理アタッカーを意識するならきあいのタスキ、特殊アタッカーを意識するなら各種きのみを持たせるといい。

能動的にかるわざを発動したいならダイマックスからのダイサイコでサイコシードを消費するのが理想だが、わるだくみ→ダイサイコの流れではかるわざ発動までに最低でも2ターンかかってしまい、先にダイサイコを撃てば1ターン早くかるわざを発動できるかわりにダイマックスが切れるまでの間わるだくみができないので火力不足に陥りやすい(一応、ダイアークで相手のDダウンは狙えるが)。
立ち回りは難しいが、うまく起点を見つけてわるだくみ+アイテム消費の流れさえ決まれば、ダイマックス枠を消費せずとも高速特殊アタッカーとして活躍してくれるだろう。

新技しっとのほのおはやけどにする追加効果もあるが、相手が先に能力値上昇している事が条件の為、そこそこ素早いこのポケモンでは狙いにくい。
単純に威力70の炎技として考えるべきだろう。

はりこみイカサマ型 節を編集

特性:はりこみ
性格:おだやか/しんちょう/すぶとい/わんぱく/おくびょう/ようき
努力値:HD252 or HB252 or HS252
持ち物:いのちのたま/くろいメガネ/レッドカード/きあいのタスキ
確定技:イカサマ
選択攻撃技:とんぼがえり/バークアウト/はたきおとす/ふいうち/でんこうせっか
選択補助技:すてゼリフ/ちょうはつ/みがわり/メロメロ

鎧の孤島解禁で使用可能になった型。
妨害技で敵の交代を促し、イカサマを決める。

はりこみが決まった際のイカサマの威力は全ポケモンNo.1(95×1.5×2=285)。
実際のダメージは相手ポケモンの攻撃能力値に左右されるとはいえ、ここまで技の威力が高いと脅威。
例として、いのちのたま持ちのイカサマでH4AS252振りのウオノラゴンが確一に。
技の威力アップアイテムを持てば確一を取れる相手が増えるだけでなく、先制技の追撃ダメージが増える利点も。
ただし、こだわりハチマキは所有者の攻撃能力値を上げる為、イカサマの火力アップにはならないので注意。

他にも、耐久に振ってレッドカードで強制交代させる手や、素早さに振ってすてゼリフやとんぼがえりでサイクル戦に持ち込む戦い方もある。

【ダブル】サポート型 節を編集

特性:かるわざ/はりこみ
性格:おくびょう
努力値:HS252ベースに調整
持ち物:オボンのみ/各種シード/ヨプのみ/ロゼルのみ/メンタルハーブ
優先技:ちょうはつ/まもる
選択攻撃技:イカサマ/バークアウト/あくのはどう/ふくろだたき/はたきおとす/どろぼう/ふいうち/とんぼがえり/りんしょう
選択補助技:ファストガード/とおぼえ/すてゼリフ/いちゃもん/いやなおと/うそなき/みがわり

フィールド展開特性持ちと組めば、即時でシードと同時にかるわざが発動。かなりの速さになり耐久も少し補える。
その後、上からの挑発、バークアウト、はたきおとすなどで積極的に妨害を行える。
りんしょうの始動役やせいぎのこころ発動のためのふくろだたき役としての適性もある。

イカサマはAやCに振らなくてもダメージを稼ぎやすい技。攻撃技で悩んだらこれを入れておきたい。
攻撃力が低いためふいうちによる縛り性能が低いのが残念なところ。

【ダブル】弱点保険型 節を編集

特性:かるわざ
性格:ひかえめ
努力値:HC252ベースにS調整
持ち物:じゃくてんほけん
確定技:あくのはどう
優先技:マッドショット/まもる
選択技:各種攻撃技/バトンタッチ

1ターン目からダイマックスしつつ味方のマッハパンチやとんぼがえりなどを受けて、
特攻素早さ2倍の状態で暴れる。
ダイマックスのジュラルドンもほぼ確実に倒せるマッドショットは優先度が高め。
他の技は対格闘のサイコキネシス、ダイマックス終了後に2体攻撃できるバークアウト、等倍範囲の広いはかいこうせん、
味方に能力アップを引き継がせるバトンタッチあたりが候補。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対フォクスライ 節を編集

注意すべき点
高めのすばやさと豊富な補助技が特徴のあくタイプ。
特性のかるわざとあわせて上げられた能力を敵エースに引き継がれると厄介。
物理耐久が低めだが、安易に物理アタッカーを出すとイカサマで返り討ちにされる。
ダブルではフィールド展開と組んで即時にかるわざを発動させてくる。上からの変化技が厄介。
かといって交代させると、はりこみで大きな痛手を被ることもある。
対策方法
すばやさもそこまで速いというわけではなく、火力と耐久は並み程度かそれ以下。
受け出しも不可能な数値なので、出てくるとしたら先発か死に出し。悪弱点を先発に出さなければ対処は容易い。
弱点のかくとうむしフェアリー技で殴れば簡単に倒すことができるだろう。
しかし、格闘技や虫技はすてゼリフで逃げられ、後続のゴーストに無効化・半減されてしまうこともあるので注意。
物理技なら等倍の一致技で倒せることも多い。
下手に交代する方が被害が大きくなる可能性があるので、多少の損害は許容して等倍で押すのが有効な場合もそれなりに多い。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
クスネフォクスライ
-1どろぼう60100あく物理25
11でんこうせっか40100ノーマル物理30
11しっぽをふる-100ノーマル変化30
41ふくろだたき-100あく物理10
81つめとぎ--あく変化15
1212バークアウト5595あく特殊15
1616ダメおし60100あく物理10
-どろぼう60100あく物理25*進化時
2022わるだくみ--あく変化20
2428ふいうち70100あく物理5
2834つじぎり70100あく物理15
3240スイープビンタ2585ノーマル物理10
3646イカサマ95100あく物理15
-52すてゼリフ-100あく変化20

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技15あなをほる80100じめん物理10
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技21ねむる--エスパー変化10
技23どろぼう60100あく物理25
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技37ふくろだたき-100あく物理10
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技47うそなき-100あく変化20
技53マッドショット5595じめん特殊15
技56とんぼがえり70100むし物理20
技58ダメおし60100あく物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技66かみなりのキバ6595でんき物理15
技67こおりのキバ6595こおり物理15
技68ほのおのキバ6595ほのお物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技78アクロバット55100ひこう物理15
技84スイープビンタ2585ノーマル物理10
技85バークアウト5595あく特殊15

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
いちゃもん-100あく変化15
はたきおとす65100あく物理20
とおぼえ--ノーマル変化40
ファストガード--かくとう変化15

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
しっとのほのお70100ほのお特殊5
うっぷんばらし75100あく物理5

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技11サイコキネシス90100エスパー特殊10
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技29バトンタッチ--ノーマル変化40
技32かみくだく80100あく物理15
技33シャドーボール80100ゴースト特殊15
技37ちょうはつ-100あく変化20
技58あくのはどう80100あく特殊15
技68わるだくみ--あく変化20
技77くさむすび-100くさ特殊20
技81イカサマ95100あく物理15
技90じゃれつく9090フェアリー物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数3840歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で1920歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件クスネ(Lv18)→フォクスライ

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
いちゃもんレベルコノハナ/ダーテング/レパルダス系統/ワルビアル系統/ゾロアーク系統/モルペコ
とおぼえレベルウインディ系統/バクオング系統/ライボルト系統/ルガルガン系統
はたきおとすレベルカモネギ/アブソル/ゾロアーク系統/ゴリランダー系統/ネギガナイト系統
ファストガードレベルルカリオ/コジョンド系統/ニャオニクス♂/ルガルガン(まひる/たそがれ)