ゾロアーク - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ゾロアーク 節を編集

No.571 タイプ:あく
特性:イリュージョン(控えのポケモンに化ける)
体重:81.1kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力値HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ゾロアーク601056012060105510イリュージョン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2)ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

鎧の孤島で解禁された、第5世代出身の単あくタイプ。
専用特性イリュージョンによる攪乱・読みあいに持ち込む唯一無二の性能が採用理由に直結する。
種族値は典型的な高速両刀アタッカーで、耐久面は等倍でも一致なら普通に落とされかねないレベル。
特性を活かした耐性の誤魔化しを利用しなければ正面突破されてしまう。
相性の良いゲンガーが剣盾で続投しているので、今回もよき相棒として活躍してくれる筈。

Z技とは異なり、特性発動中はダイマックスしてもイリュージョンは解除されない模様。
詳しくは下記の特性考察にて。

技方面ではおいうち・めざめるパワーといった好相性の技を失ってしまったが、
これまで配布限定だったヘドロばくだんを習得。
更に技レコードでアンコールを覚え、器用さにはむしろ磨きがかかっている。


特性考察 節を編集

イリュージョンの仕様
  • 場に出す時点で手持ちの一番後ろにいる瀕死でないポケモンの姿・鳴き声・名前(ニックネーム含む)・性別・ボールをコピーする。
    • ゾロアーク自身が手持ちの一番後ろにいる状況で場に出すと特性が発動しない。
  • 化ける対象が色違いポケモンの場合、化けたゾロアークも色違いになる。
    • ゾロアーク自身が色違いであるかどうかは関係ない。
  • 技・タイプ・ステータス・持ち物・特性・レベル表示・残りHP表示・状態異常表示はコピーしない。登場時の文章もなし。
  • 体重もコピーしない。けたぐりなど体重に関わる技は、ゾロアーク元来の体重(81.1kg)で計算される。
  • 攻撃されると解除される。
    • 変化技・状態異常・天候・技の反動・特性や持ち物によるダメージでは解除されない。
  • 混乱による自分への攻撃では解除されない。
  • いえき・ミイラなどで特性が変化すると解除される。ただしスキルスワップで入れ替えることはできない。
  • かたやぶりでは解除されない。
  • 相手のトレース・かわりものが発動しない。
  • イリュージョン発動中は相手のへんしんが失敗する。
  • みがわりが攻撃を受けてもイリュージョンは解除されない。
  • おきみやげを使って自主退場した場合、イリュージョンが解除されないまま瀕死になる。
    • 倒れるモーションも化けているポケモンと同じになる。
    • 使い方によっては相手にゾロアークであることが全く見抜かれないまま退場することが可能。
  • マルチでは手持ちの配置が変えられないため、任意のポケモンに変身できない。
  • 対戦の待機中にアナウンスされるポケモンのタイプ情報も、相手側にはイリュージョン先のポケモンのデータがしっかり反映されるのでバレる心配はない。
  • 前作のZ技と異なり、イリュージョンが発動している間はゾロアークがダイマックスしても解除されず、コピー先のポケモンの姿のままダイマックスできる。
    • ただしキョダイマックスの姿は模倣できず、コピー先のポケモンがキョダイマックス個体でも、ゾロアークは通常のダイマックスの姿になる。
イリュージョンの使い方
  • 基本的にエスパー弱点・無効タイプ持ち・積みからの全抜きが狙えるポケモン辺りが化ける有力候補。
    具体的には、ゲンガーと組み合わせるのがベター。
    • 毒タイプや格闘タイプに化けて、エスパーを誘い悪技で倒す。
    • エスパータイプや草タイプに化けて、鋼(特に炎4倍弱点)を誘いかえんほうしゃで倒す。
    • ゴーストタイプに化けて、弱点の格闘技や虫技を牽制する。

実装されているあらゆるポケモンに化けられるので、応用の幅はここに書き切れない程広い。
さらに言えばゾロアークを選出しなくても相手の初手を縛れるという利点まである。
ただしプレッシャーやかたやぶりなど「登場時にアナウンスが出る特性」はアナウンスが表示されないため、
これらの特性しか持たないポケモンにイリュージョンすると即座に見抜かれてしまうので注意。
一応、あえてアナウンス特性の採用が主なポケモンで別の特性を採用し、アナウンスが出ないことで相手を撹乱する戦術も考えられなくはない。
ただし、選択した特性によっては本来の汎用性を大きく削ぐ可能性があるので、慎重に考える必要がある。

またトレース持ちと対峙した際、相手はトレースが発動しないことからこちらがゾロアークであると見抜けるが、
こちらは相手がトレースなのかその他の特性なのか判別できず、見抜かれているかどうかすら判断できない。
相性も悪いので、相手が持ってたら選出時には一考すること。
ナイトバーストは準専用技故にイリュージョンがバレるが、あくのはどうでもダメージでバレることも多い。


技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ナイトバースト85(127)95命中↓40%タイプ一致技。自身とルナアーラのみの準専用技。
性能優秀だが、イリュージョンとの相性は悪い。
あくのはどう80(120)100怯み20%命中率や、イリュージョンとの相性を重視するなら。怯みも狙える。
きあいだま12070特防↓10%対悪。ノーマルや岩などにも抜群。炎やゴーストに化けて誘い出す。
かえんほうしゃ90100火傷10%草や虫、鋼に抜群。草やエスパーに化けて誘い出す。
くさむすび20~120100-水や地面に抜群。炎や電気に化けて誘い出す。
ヘドロばくだん80100毒30%対フェアリー。レコードで覚えられるのでランクで使用可能。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
じごくづき80(120)100音技封じタイプ一致技。性能安定。追加効果はおまけ程度。
はたきおとす65(97)/
97(135)
100道具排除タイプ一致技。追加効果が優秀。
威力上昇込みだとA252はたきおとす>C252ナイトバースト。
ふいうち70(105)100優先度+1タイプ一致技。読みが要るが高威力の先制技。
けたぐり20~120100-対悪。ノーマルや岩などにも抜群。炎やゴーストに化けて誘い出す。
カウンター-100優先度-5タスキとあわせて。防御が低いポケモンに化けるなら。
とんぼがえり70100自分交代対悪。攻撃しつつ撤退。流し性能が高いポケモンに化けるなら。
変化技タイプ命中備考
ちょうはつ100補助技対策。先発サポート型に。
アンコール100相手の技を縛る。イリュージョンとの相性も良好。
わるだくみ-特攻を強化。イリュージョンで積む隙を作る。
つるぎのまい-攻撃を強化。イリュージョンで積む隙を作る。
おきみやげ100起点作り、仕事後の最後の足掻きに。
トリック100こだわりアイテムとあわせて。奇襲性が高い。
みがわり-様子見に。イリュージョンと相性が良い。